FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ETCの導入に伴い、さまざまな実験的割引を導入して魅力を増している一般の高速道路と比べると、阪神高速や首都高速などの都市高速は、ETCを値上げの手段としか考えておらず、むしろその利用を敬遠したくなる動きばかりだ。

 例えば、もともと、700円の値打ちがあるなあ、と感じさせる、阪神高速池田線の北端、池田木部から、西名阪自動車道との接続点、松原IC(距離38.1km)。ここは、今の原案なら、間違いなく1,200円という高額運賃となる。
 もともと、ETCによる、一律料金から距離料金へのシフトにメリットがあるとすれば、これまで一律料金を払うにはあまりにばかばかしい区間で、かつ料金所の新設も困難なところについて、安い値段を設定し、それにより利用者を増やして渋滞の解消や利用者増による収入増を図るというのが、当然の筋だと思える。
 例えば、名神高速と接続する豊中ICと大阪空港。この区間、たった4.6kmで700円である。これを100円か200円くらいにして、通行しやすくする、というのはいい方法だ。ところが、値上げはしたい、値下げはしたくない阪神高速は、距離料金の下限を400円としている。しかも、それは2.9km以内の話であって、上記の4.6kmだと、500円である。なんとありがたみの薄い距離料金であるか。

 それに、ご存知の方も多いと思うが、非ETC車には、どの区間でも最高料金の1200円を科す、というのだから、これはもう暴論といって差し支えない。
 そもそも、現在行っているETC優遇策だって、ほんとにみみっちい。『払戻金は、30円です』なんてメッセージを車載器から聞くと、2,200円の区間を走って1,100円で済む一般高速の通勤時間帯割引と比べて、なんとせこいんだ、とかえって苛立ちすら覚えてしまう。
 とにかく、話が自分たちの利益は損なわず、少しでも多く儲けようというところから出発しているから、どうひねってもまともな案になるわけがない。だったら今のまんまにしとけよ。渋滞解消と料金所の人件費削減以外の効果なんて、狙う資格ないだろう。

 今度、久しぶりに朝から伊勢にいくが、兵庫県南東部の猪名川町から、伊勢方面に高速を使っていく場合を見るとわかりやすい。
 さきほどの池田木部から松原まで700円。そのまま西名阪に乗れば、プラス600円で、名阪国道に接続する天理までで1,300円。いっぽう、中国自動車道の豊中から朝6時以前に乗って、近畿自動車道経由だと、松原までで400円。すでに大きな差だが、そこから天理までも、通行時間が6時を過ぎていても早朝時間帯割引が提供されるから300円。計700円で、阪神高速の一律料金でその先まで行けてしまうことになる。阪神高速はおおかた倍額である。
 上記のように、今の案のまま距離料金を導入すれば、これがさらに1,800円対700円にまで拡がる。

 さあ、それでも阪神高速を使いますか、という話になる。
 このような理由から、私は極力、阪神高速は使いたくないのである。
 

スポンサーサイト

コメント

今まさに、そのアタリ関係のお仕事をやってるので、耳が痛いのですが、いやいや別に私なんの権限もないんで、私はなんにも悪くないですよ?(笑。

高速道路に限らず、道路交通に関しては、いろんなところで黒すぎるような気がします。
税金使ってやるにしても、たとえば電線を全部地中にしてくれるとかなら、よろこんで我慢しますが、道はどんどん汚くなるばかりですし、たばこの値上げ(近々一箱1000円になるかもとか)とも無関係ではないでしょうし、でもそもそもどこに文句言えばいいんでしょうか(笑。

阪高ナビ

>> 今まさに、そのアタリ関係のお仕事をやってるので、耳が痛いのですが、

も、もしや、あの阪高ナビはkさんの作品!?

>> 税金使ってやるにしても、たとえば電線を全部地中にしてくれるとかなら、よろこんで我慢しますが、

同感!!v-15

>> でもそもそもどこに文句言えばいいんでしょうか

輪廻を繰り返す自分のカルマ(笑)。

うわぁ(笑。
とりあえずあきらめます!(えー

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/799-2f9c5f1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。