にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ようやく最近、日本でも取り上げられることが多くなってきたフィッシング詐欺だが、欧米では前世紀からある手法らしい。

 で、今回は【PC・ネット】のカテゴリの記事ではなく【英語】なのだが、このフィッシング、fishingだと思っている方が多いと思うが、実はphishingと書く、というのが主旨。ただし、え!?と思って英和辞典を引いても載ってはいない。
 発音はfishingとまったく同じである。
 なお、そもそもフィッシング詐欺とはなんや?という方は、こちらを見てほしい。

 語源がfishingからきていることは間違いなく、詐欺の手口からいってもfishing詐欺だと思っても当然だ。
 では、なぜphishingと書くのか。これについては、"sophisticated"(洗練された)手段によるからだ、という説が日本ではある程度支配的なようだが、英語版WikiPediaでは、"password harvesting fishing"(パスワード取り込みフィッシング)から来たという説を掲載している(harvestは穀物などの収穫)。もっとも、WikiPedia自身、これはこじつけだろうとしているが。

 この件については、インターンのドナルド君が面白い説を話してくれた。
 phreak(phone phreak)という単語があり、これはまあまあ新しくて、ましな辞書ならちゃんと載っている語であるが、アメリカで一時期問題になった、機械を使った長距離電話のタダコール手段のことだそうだ。そして、その語源は、freak。そうした連想もあり、phishingとなったのでは、とのこと。
 案外その線かも知れない、と思ってWikiPediaにちゃんと目を通してみると、こちらもその説を取っていたとわかった。

 ま、fとphの発音が同じであり、phishingと書けば、fishingとまぎらわしくなく、かつfishing fraud(fraudは詐欺)などと回りくどく書かなくても意味が通じるから、という背景が普及した理由のひとつであることは確かだろう。

 せっかくだから、時事英語のひとつとして、英語の好きな人は覚えておくといいだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/78-d23fad60

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。