FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 新潟県中越沖地震の被災者のみなさんには、心よりお見舞い申し上げます。一日も早く、正常で安全な生活が取り戻せますように。

 ところで、私には、今回の震災は、日本国民に対する警告のような気がしました。なぜなら、12年前、今年と同じ亥の年に起こった阪神大震災は、ときの古今比較不能な無能政党とその党首である無能首相、村山富市による、絶句しかない無為無策に晒され、数百人以上(石原都知事の言葉を借りれば2000人)の同胞の無念の死という結果を招いた一大悲劇となったからです。
 いまさらながら、口にするのもばからしいですが、あれだけの震災が朝六時前に発生したのに、平然と朝食会で雑談し、同席した人が逆に心配していたほどでした。
 独裁国家ならともかく、近代の民主国家で、その責任をまともに追求されていないなどというのは、あり得ないできごとです。
 ちなみに、安部首相は、10時すぎ発生の震災でしたが、同日中に現地入りしましたね。

 それはともかく、震災の比ではない、安全保障や外交上の危機的状況が続いている中、それらに比較すればまさにさいなことを大騒ぎし、その勢いで社会党の流れを汲む民主党が政権を取ったりしたら、その災厄は阪神大震災の二の舞ではすまないのです。

 あの地震が阪神間で起こったことについては、あの地域が土井たか子を選出するほど、左翼革新ボケしていたという因果と無縁ではないと思います。亡くなった人の多くは、そうした時代遅れのあほらしい思想とは無縁で、純粋な被害者でしょうが、相対的に見て阪神間が国内でもそうした勢力の支持傾向が強い地域であったことは事実であり、社会党の政権を実現する流れに一役買っていたことは紛れもない事実です。

 その結果、罪のない多くの人がその地域に住んでいたという理由だけで被災したこと、そして殺人者といって差し支えない村山富市が今ものうのうと生き長らえていることは、なんともこの世の矛盾を感じます。が、いずれさばきは下るでしょう。オウム事件と併せ、「なんでわしのときばかりこんなことがおこるんじゃ」などと、リーダーとしての心構えはこれっぽっちもないのに、しゃあしゃあと首相になったその罪は甚大です。

 それはともかく、現在の厳しい世界情勢も読めずに、しかも実のところ、かなりよくやっている現政権を正しく評価せずに風評やめさきの感情だけで民主党を勝たせるようなことがあるとすれば、それは日本人の民意がその程度であるというまでのこと。最近は、ずいぶん日本も政治や国際感覚がまともになってきた、というのも、単なる幻想だったということでしょう。日本は取り返しのつかないことになるでしょうが、私もそのときは阪神大震災で逝かざるを得なかった方たちの心境で、甘んじて受けることにします。なんといっても日本人ですからね。

スポンサーサイト

コメント

民主党の勝利が確実視されているというニュースを聞くたびに「ほんまかいな」と思ってしまう私…なんせネットで見る限り、いいことを一つも聞かないのに、批判だけはいくらでも見つかるからです。
それでも、ネットで情報収集する人とテレビで情報収集する人では、後者のほうが圧倒的多数なのも事実で、今から不安でもあります。

警告について。なるほど…いろいろ考えさせられます。
しかし、自然に学び、自然と共生してきた日本人ですから、きっといつかその警告に気づき、元の「当たり前の日本人」に戻れる日が来ると信じます。

はっつぁん

「ほんまかいな」はまったく同感です。
でも、テレビのインタビューに答えているおっさんおばはんを見るにつけ、見下すつもりはないですが、国際情勢のコの字も考えず、ひたすら自分の財布の小銭だけが大切な人がやまほどいるんだな、と思わざるを得ない部分もあります。

>> 元の「当たり前の日本人」に戻れる日が来ると信じます。

新字体信じたいですねー。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/764-48e5bc06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。