にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 パンくずリストって知ってますか。知らない人はこちら(Wikipedia)

 要は、あるウェブサイトで自分がどこにいるかをリンクで示すもので、上記Wikipediaの例をそのまま引っ張ってくると、下記のようなものです。



 で、由来は童話「ヘンゼルとグレーテル」が、森で迷子にならないようにパンくずを少しずつちぎって落としながら、道標を残していった、という話です。

 しかし、不思議なのは、私の記憶では、このパンくずは役に立たなかったはずです。
 自分たちを迷子にさせようとするたくらみに気づき、最初は小石をたくさん準備していて、それを落としながら進んでいったので戻ることが出来た。ところが、2回目は、その準備をするいとまもなく、急に連れ出され、それでしかたなくパンくずを落としていった。
 問題はその後で、石と違って、パンくずは鳥などに食べられてしまい、結局戻ろうとしても残っておらず、迷子になってしまった、そういう展開だったと思います。とすると、パンくずリストの本来の機能からいえば、この命名は合致していないことになります。

 英語でも、breadcrumbs listというようですので、やはり同じ要領で名前がついています。

 まあ、石ころリスト、ではいまいちだと思ったのかもしれませんが、この名前を付けた人、そしてそれをひろめた人って、もしかしてヘンゼルとグレーテルのストーリーを間違えて記憶していたのではないのでしょうか。どうもそんな気がしてなりません。

 プロのウェブデザイナーで、パンくずリストとは切っても切れない仲のkさんに、含蓄を見せてほしいところです(とプレッシャーをかけてみたりする)。

 あ、冗談です、いそがしいのに仕事棚上げして調べたりしないでくださいね(^o^)。
スポンサーサイト

コメント

というわけで来てみました(笑。
確かに私も「パンくずだったら意味ないじゃん」と思いつつ、食べに来る鳥たちが居ない電脳空間ならではの表現ということで無理矢理納得してます。

でもって、パンくずメニューのブロック要素に、idを振るわけですが、私の慣習では
<div id="hansel">
だったりします。
最初みんな意味がわからなかったようですが、ある日内輪で流行はじめ、関係者のうちかなりの数がこのidを利用し始めた!(笑。
誰だ気付いたヤツ。(ちなみに私は一度も説明したことがない)

というわけで、パンくずを見かけて、タグを見て、もしidが"hansel"だったら、私の関係者だと思ってほぼ間違いありません(笑。

あ、そうそう、8年くらい前は、「yahooメニュー」とか言う人がけっこういました。とはいえ、yahooが元祖だったのかどうかまでは未確認。

関係者

なるほど。電脳空間に鳥なし、ということでとりなしたわけですね。

>> <div id="hansel">

おお、kさんが出どころとは!・・・って、これは単なる知ったかぶりです。
そういえばヘンゼルはパン屋さん。

まあ童話なんて、引用するときはあえて間違える、みたいなところもあるのかも。
天地真理の「水色の恋」も、『♪さよならの言葉さえ 言えなかったの白雪姫みたいな心しかない私♪』って、おいおい、明らかにシンデレラ姫だろうが、という歌詞でしたしね。
(天地真理って誰?なんていいっこなしで)

古い歌好きなんで、天知真理も知ってます(笑。

天地

>> 天知真理も知ってます
それだと天知茂ですって(笑)

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/758-b54c84a8

【各種資料と情報源】の情報を最新ブログで検索してみると…

各種資料と情報源 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。