にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ずっと楽しみに録り貯めてきた、NHK-BSのアニメ、「精霊の守り人」の録画に失敗してしまいました!!!(T-T)
 6/2(土)放送の分です。

 操作ミスとかいった単純ミスではなく、わが家の初代BSデジタルチューナーが、ついに逝かれてしまったのでした。前夜、嫌な予感がしていたのが見事的中してしまった。

 実はこのチューナー、昨年の夏、たびたびハングする現象が出て、そろそろやばいな、と思ってはいたのです。
 そして、液晶テレビを買ったのを機会に、実質引退してもらうことにしていました。

 ところが、液晶テレビとD-VHSデッキのi-Link接続の相性が悪く、いつの間にか通信できなくなって、録画に失敗する現象が多発。おそらくD-VHSのインタフェースは200MBps、液晶テレビの側は400MBpsで、この速度の不一致がこうしたトラブルの原因だと思われます。
 テレビのデータでは、対応機種にそのD-VHSデッキもリストアップされていたので、テレビ側の故障の原因も考えられましたが、テレビをリセットしてしばらくは、なんの異常もなく通信できてしまいます。調子が良ければ、一週間くらい問題なく動作して地上波デジタルやBSデジタルの予約録画も正常に動くこともあります。
 しかし、それが、遅かれ早かれいつの間にか通信できなくなるのです。

 で、不調のBSデジタルチューナーの再登場。
 実は、通気の悪い場所に設置していたので、熱の影響が考えられました。そこで、ラックから取り出して、通気のよいテレビ台の上にデンと置く設置に変えました。ちょうど季節も秋から冬、その後は問題なく、ずっと動いていたのです。
 その後、夏になるともしかしてやばいかな、ということは薄々感じていましたが、まあそのときはそのとき、とのんきにかまえていました。それが、よりによって一番大切といってよい番組の録画のときにこけてしまうとは・・・。

 何度かリセットしてみましたが、だいたい一昼夜の間にはほぼ確実に固まることが確認できました。
 これはもう、諦めるしかない。

 泣く泣く、テレビのアナログ出力をDVDレコーダにつなぎ直して運用しているこのごろです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/753-c9189685

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。