にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大卒新人4人に対して、ITのレクチャをしていて、ちょっと驚くことがありました。GPSが、アメリカの軍事衛星であるということを、誰も知らなかったのです。

 インターネットもARPANETと呼ばれる、アメリカの軍事用ネットワークの構築を目的に出発したものですが、これは現在、軍の手を離れ、中央集権的な構造ではありませんが、複数の非軍事組織の機関で管理されています。その意味では、軍発祥というのは歴史上の事実に過ぎず、別に知らなくてもどうということはありません。しかし、GPSは、必ずしもそうとは言い切れません。

 1990年代後半にGPS関連の開発に携わっていた人は知っていると思いますが、一時期、GPSはいついつまでは発信するが、それ以降は保証しない、と米政府が言っていたのです。ちょっと正確な年度は忘れたのですが2000年前後だったと思います。当時、せっかくGPS製品を開発しても、役に立たなくなるかもしれない、と思いつつ仕事をしていた人もたくさんいるはずです。

 結局、その後も運用は継続されています。のみならず、2000年頃までは民間で利用できる公開電波は政策・戦略的な意味で、わざと誤差を与えられ、精度が100m誤差くらいありましたが、現在ではそれは解除され、本来の精度の10m程度まで上がっています。
 そうした背景で、いまでも地域によっては誤差を大きく与えているということもあるようです。また、誤差解除以前は、アメリカの関与する紛争、例えば湾岸戦争の軍事行動などがあると、その精度が飛躍的に高まる、という現象が見られたようです。実際には、この公開電波の他に、一説では精度16cmと言われる、暗号化された軍用信号も送られているのですが、米軍といえども、すべてのGPS機材がこの軍用信号に対応したものではなかったと見られます。

 そういう状況なので、EUや、ロシア、中国などが、独自のGPS構築をめざしていますし、実は日本でもその動きがあります。まあ専守防衛の日本では、基本的に3、4の衛星で十分まかなえますしね。ただし、今のところは建前は民生用ということのようですが。

 問題なのは、そうしたGPSの素性をなんにも知らないで、便利だといって利用することには落とし穴があるということです。
 携帯やカーナビくらいなら電波が止まっても道に迷うくらいですみますが、ヨットなどでのクルーズや、登山などで、GPSに頼ることを前提にルーズな計画を立てると、突如GPSの電波が受けられなくなったり、誤差が異常に大きくなって、遭難してしまう、ということも現実に起こりうるのです。

 新人たちは、GPSが軍用だと聞いて逆に驚いていましたが、便利なものであるほどに、その素性や考えられるリスクというのは理解しておく必要があるし、そうしたセンスを持たずに便利なものにどんどん頼りきっていくということは、実に危険なことだと知っておかなければなりません。
 ちょっと考えさせられました。

スポンサーサイト

コメント

今の新卒者さんは知りませんか。
今の文明が多くの戦争が礎になっていると言うのはいかんとも。
日本はそのてん非常に情けないですがね。
一部の声のでかい団体に押さえ付けられ、兵器開発もままならず、その気になれば日本独自のイージスシステムの構築なんかすぐに出来るでしょうに、外洋に出られないような自衛艦が雁首並べています。

ここ数日のニュースで報じられていますが、

地対空レーザー迎撃兵器や、
無人艇、無人潜水艇
なんかの開発にやっとこ動き出したようです。

軍拡には反対ですが、せめて中露連合が攻めて来たときに国土を護りきり、相手の拠点に一撃を与え、戦闘力を奪う程度の防衛力は欲しいものです。

潜在力

>> その気になれば日本独自のイージスシステムの構築なんかすぐに出来るでしょうに
独自開発のミサイルの性能なんか、アメリカ製の比ではないですからね。
本気で開発すれば、パトリオットなんて、ほんとに役に立つかどうかわからないものに大金つぎこまなくてもいいはずなんですが・・・。

戦闘機、原潜なども間違いなく世界一の性能のものを作る潜在力を持っています。現時点ではあくまで「潜在力」ですが。

>> 中露連合が攻めて来たときに国土を護りきり、相手の拠点に一撃を与え、戦闘力を奪う程度の防衛力は欲しいものです。
ほんとですよね。
日本は、核なしでそれが可能な数少ない国だと思います。これも潜在力ですが。

まずは国民の意識改革から、というのが実は一番難儀だったりします。

でも、
>> 地対空レーザー迎撃兵器や、
>> 無人艇、無人潜水艇
>> なんかの開発にやっとこ動き出したようです。
最近の動きには多少の期待も持っています。

へぇ、オタクである私にしてみたら、基礎科目みたいなもんだけどなぁ…。>もともと軍用

たとえばインターネットも軍事目的で発展してきたし、今はだれでも便利に利用している素材(ペット、軽量アルミ、FRP等々…)ももともと軍事素材で、一般に持ち出したのが日本でそれがジャパンバッシングにつながったとか、そういうのももしかして常識じゃなくなりつつありますか。

>>日本の軍事力
核を除くあらゆる部分で最強の国目指して。

FRP

FRPというものを初めて意識したのは、そういえば掩体壕を掘ったときでしたねー。

kさんは軍事もオタクだったんですか?

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/742-d0e0ec05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。