にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ソウル新聞が、ばかげた政治一コマ漫画を載せて、内外の非難を浴びていることはご存知の方も多いと思います。



 いわく、「一度に33人…これでわれわれの銃器技術の優秀性がもう一度証明された・・・」とブッシュ大統領が乱射シーンを前に得意気に述べている、というものです。英語では、"The life of 33 people killed at a time...Our Excellence of firearm technology was shown again"だそうです。

 で、そもそもこんなものを描く神経も、それを掲載する神経も異常で、韓国内でも非難が殺到したというのも当然でしょう。こんなばかげたことは、虐殺犯が韓国人であったということよりはるかに韓国への軽蔑を招くことであるだろうに、そんなこともわからない人間がマスコミにいることが改めて証明されただけのこと、それ以上何もコメントする必要は感じません。

 ただ、この件については、韓国の新聞各紙もこぞって報道しているようですが、むしろその批判記事に、かの国のマスコミの、救いがたい心根が現れています。

 ほぼ客観的に事実だけを報道している中央日報の記事はいいとして、問題は朝鮮日報です。

 この件を批判するついでに、まず、
 『特に日本のサイトでこの漫評と英語の解説が広まっており、ネットユーザーらは不安に思っている。』と、わざわざ日本を名指しにして、敵意を剥き出しにしています。ただ、このことはまあいいでしょう。つねづね、反日であることないことで日本を攻撃していることに対する、ある意味当然の反応として、あるいは鈍感な日本人に対する注意喚起の意味で、こうしたできごとをとりあげるサイトは少なくないでしょうから、憶測記事であったとしてもそれほど事実には反していないかもしれません。

 問題は、その後。『ネットユーザー「onesuc」は「漫評がすでに米国のニュースサイトに広まっており、米国にいる日本人学生らは今、この絵を周囲の人に回すのに忙しい。一方、韓国人学生らは外出もままならない状態だ」と語った。』
 これを読んで、おもわず、「おまえらといっしょにするな!」と言いたくなった日本人は多いでしょう。

 日本人の国民性からして、わざわざアメリカにいる留学生たちが、そのような行動をとることはまずあり得ません。というより、これはとりもなおさず、逆の立場なら間違いなく彼らはそうするだろう、という事実の裏返しにしか過ぎません。日本で地震や災害があるたびに、国を挙げて快哉を叫ぶ国民性を持つのが彼らだからです。

 こうして、何かにつけて国民に日本のマイナスイメージを擦り込み、かつそれに敏感に反応して燃え上がる韓国という国については、単に愚かだとか気の毒だとか考えているだけでは、危険です。いずれ、日本を危機に陥れるような事態が、本当に起こるかもしれません。

 このことに限らず、このブログで紹介されているような事実は、冷静に心に留めておく必要があります。

 私は、感情論で韓国をどうこういう気はありません。尊敬できない国民性の国は他にもあります。個人的には、韓国の文化について好きなところもあります。
 しかし、日本人は、かかる火の粉を払うことすら品のないことだと思ってしまうところがありますが、そろそろ、奇妙な加害者意識から脱して、いかにかの国が理不尽な日本批判を繰り返しているか、他の国々に伝えていくくらいはしなければならない時期にきているのではないかと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/734-ada08afa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。