にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 何かと話題に上ることの多い京都の景観論争。これって、ほんとに何十年も前からですね。

 はっきりいって、特に京都に思い入れのない身としては、それほどしゃかりきになってやるほどの景観が、そもそも京都の街にあるのか、というのは常々感じています。まあ、街がどうのこうのよりも、お寺の境内の中から、まわりに高いビルやらゴルフ場のネットやらが見えては困る、という趣旨のようだし、それはそれで理解できます。札幌の時計台なんて、恥ずかしくて外国人に観光地としてわざわざ見せたりはできませんもんね。

 ただ、京都は景観論争なんてことで大騒ぎするくらいなら、あの醜い電柱と電線をなんとかせい、と、いつも心底思います。そうでなくても狭い狭い路地に、邪魔な電柱が立って、さらに太い電線が見苦しく錯綜して、せっかくの(一部の)風情ある街並みも台無しです。
 私が外国の観光客なら、あんなきたならしいものをそのままにして、国際観光都市だの千年都だのいってるのを聞くと、日本人の感性にあきれるでしょう。

 電柱のある全ての都市が醜いわけではありません。それは、海外旅行してみて感じることがあるでしょう。
 日本の電柱があまりに醜いのにはいくつか理由があって、まず、そもそも上記のように、大半の場所で、電柱を立てるにはスペースが狭すぎること。本来、日本のような都市こそ、積極的に地中化をすべきであり、実際にそれしか手段のない水道、下水、ガスなどは地中化しているわけだから、電線のそれを怠っているのは、いかにもけちくさい理由としか思えません。

 それから、あのコンクリート剥き出しの柱本体と、美観になんの配慮もない碍子や取り付け金具。あれって、テレビやデッキやスピーカーに、カバーを付けずに内部剥き出しで室内に設置しているようなもの。そうなると、インテリアもへったくれもないでしょう。あるいは、ボンネットを付けずに内部剥き出しで走る車とか。
 まあ、比較的内部構造がすっきりしたタイプの製品には、一部スケルトンで中が見えるように作ってあるものもありますが、これとて透明もしくは半透明なケースまで外してしまうと、うっとおしいこと間違いありません。
 まれに、形状や色などに配慮した、電柱や高圧線鉄塔をみかけることがありますが、せめてあのようにすると、ずいぶんと違います。

 また、露骨に傾いた電柱がとても多い。もちろん、初めからではないでしょうが、回りの建物や隣接する電柱と比較して、おそろしく傾いた電柱があちこちにあります。

 さらに、ケーブルテレビやら電話やら光ファイバやら、なんでもありの配線。しかも、配線になんのルールもないかのような、むちゃくちゃなスパゲティ状態。電柱だけでもきたないのに、そうした太くて見苦しいケーブルが、もつれた釣糸のような有様で空への視界を遮ります。

 そして、電柱に据え付けてある、でかくて醜悪な変圧器の類。これも、日本が狭いという理由でしょうが、本来地上に設置すればもう少し見られるものを、土地使用料・申請手続きなどの経費や手間などを嫌うこともあるのでしょう、無理矢理に電柱の上にとりつけて、ますます不安定で邪魔で不格好なシルエットをつくり出します。
 海外の多くの国では、このようなトランスは、かなり小型のものは別にして、だいたいは地上に設置しているため、電柱は概ねシンプルなシルエットの単なるポールで、電線などのケーブルもごちゃごちゃとクロスすることなくすっきりとしたラインを描いているので、日本のようにうるさくないのです。

 大半の日本人は、どうやら「言われてみればたしかにそうではあるな」くらいの違和感しか覚えていないようで、その点は、日本人の美的感覚は鋭いはずではないのか、と非常にいらだちをおぼえます。どのくらいいらだちをおぼえるかというと、「景観論争」なんて言葉が出るだけでアホかーっ、と叫びたくなるくらいなのです(笑)。

 ともあれ、特に戦後、街の薄汚さを意に介さない日本人がすっかり定着してしまった現状。人の少ない場所ほど景色が美しい、というようでは、日本は文化的とは到底いえません。
 いらいらにゃんにゃん、いらにゃんにゃん。

スポンサーサイト

コメント

最後のパタリロネタ(しかも初期)で台無し(笑。

とはいえ、地中化は私も常々口に出している話題でして、しかも光ケーブルやらケーブルテレビ網などの比較的新しいフォーマットの線まで、共有電柱に間借りしてたりして、もーどーしよーもありません。
引き返せないところまで来てしまった感もあるのですが、いつだかのまちづくり基金とかでなんとかしようと思った政治家はいなかったんですかね?。

いらいらにゃんにゃん、いらにゃんにゃん。

台無し

kさん

いやいや、ビジターの中にパタネタとわかるひとはいないと思ってましたが、いましたね、ひとり(笑)。

>> 光ケーブルやらケーブルテレビ網などの比較的新しいフォーマットの線まで、共有電柱に間借りしてたりして、もーどーしよーもありません。

ほんにねー、無法地帯としか表現がしようのないような…。

三田のワシントン村、兵庫村や、茨木の彩都なんかのように最初から電線地中化で作られた街は、ほんとにすっきりしてきれいですよね。

>> 引き返せないところまで来てしまった感もある
実感ありますねー。orz。

同意!!

仰るとおりです。同じ感性の人が少ないのが寂しいし不思議に思えます。掲示板に貼り付けさせて頂きました。

世界遺産にも指定されている『清水寺』の参道に立ちはだかる『醜い電柱』。・・・・この写真をBLOGに貼り付けました。(その後、傾いた醜い電柱に更新。)

外人観光客が多い京都でさえ、この有様では救いようが無い。京都府はかなりの拘束力を持つ独自の景観条例を定めようとしているが、『醜い電柱』が対象になっていないのは不思議である。

醜い電柱も『傾く』と、なおさら目障りになる。!!↓↓
http://blogs.yahoo.co.jp/fcddh598

写真(上)(中)
シャレたビルも『傾いた醜い電柱』が立ち塞がり台無しになっている。

写真(下)
駅前の一番目立つ空間を占拠する『傾いた醜い電柱』

できれば『傾いた醜い電柱』は引っこ抜きたい。
当面困難であれば、せめて傾斜を無くして欲しいものだ。

いつから

fcddh598さん

コメントありがとうございます。

説得力のある写真の数々ですね。
まったく、いつから日本人の感性はこうなってしまったんでしょう。
貧すれば鈍する、とはいいますが、心が貧しい!?

なんとか変えていきたいものですね。

まったくその通りです。私が考える日本3悪は、醜さの権化の電柱と、貧乏臭いトタン屋根、センスのかけらもない極彩色看板です。こやつらがどれだけ日本の景観を損なっているのでしょうか?醜さ極まりない街並みは先進国のそれではありません。こんなに景観に無関心でいながら、地元を大切にしろ、とか
誇りを持てとかできるわけないです。バカ役人は猛省すべし!

発展途上国

>> 醜さ極まりない街並みは先進国のそれではありません。

いくつかある、日本は先進国とは言えない、という条件の一つが、この景観であることは、個人的には間違いないと思ってます。
同じ立てるにしても、やりようがあるはずですよね。

とにかく、あれを放置して恥ずかしいと思わないことが、恥ずかしいです。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/708-6dae5bb9

新景観規制条例(京都)高さ制限と屋上看板やネオン禁止

「新景観規制条例(京都)高さ制限と屋上看板やネオン禁止」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =20...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。