にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 前にもFedora Core上のJava 1.5でJUDEを使うと印刷がエラーになるという記事を書いたような気がするが、Java 1.6でJUDE 3を使おうとすると、また印刷エラーが出るようになった。症状は前とは異なり、印刷実行まではいけるが、直後に「プリンタエラーが発生しました。」というポップアップが出て、印刷に失敗する。

 印刷先をプリンタではなくファイルにしても同じ。

 で、どうやら日本語環境の問題らしい。早い話がLinux版SUN Javaのバグ。

 一番簡単なのは、言語の環境変数を英語にすること。
 現在、ja_JP.utf8となっているのを、Cとする。

 具体的には、csh環境の私のマシンでは、setenv LC_ALL Cとして、コマンドラインから起動してやれば、ちゃんと印刷できるようになる。ただし、メニューその他は英語になる。
 あと、ファイルパス(ディレクトリ名)やファイル名に日本語が使われていると、オープンに失敗することがある。

 まあ、通常は日本語環境で使用して、印刷したいときだけは上記の要領で英語モードで起動してやる、というのが現実的かもしれない。ファイル名は英語だけのパスのシンボリックリンクでも張っておくとか。

 bashやshでは、環境変数はLANGなどかもしれない。
 export LANG=Cとするか、LANG=C judeと起動すればよいはず。

 保証はしないけれど、たしかJUDEはマルチ起動もできたと思うので、印刷用の英語モードJUDEを別に起動しておくという方法でもいいかもしれない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/689-de42c2a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。