にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/23追記: 以下の記事には勘違いがあります。WX321JもWX320Kも、W-OAM対応ですが、W-SIM対応ではありませんでした。ご注意下さい。
 とりあえず、マルチプランのW-ZERO3を解約してもうすぐ一ヶ月。

 回線が2つから1つに戻るとともに、ネット接続もネット25から、音声定額のオプションのデータ定額へ切り替え。パケット上限なしのリアルインターネットプラス(+2,100円)にしなかったのは、安い(+1,050円)のと速い(4x)ため。

 私同様に、1年の縛りが解けてマルチプランを解約する人が大挙発生しないかと心配しましたが、これは杞憂で、むしろWILLCOM純増数がまた伸びました。ま、もともとマルチプランという選択をとった人が多くなかったのかも。

 で、W-ZERO3から通常端末(WX310J)でのネットに切り替えてみて驚いたことがふたつ。

 まず、そのブラウジングの使いにくさ。W-ZERO3でも、当然ながら通常のパソコンよりは画面も小さく速度も遅く(無線LAN接続の場合をのぞく)、使いにくいと思っていましたが、音声端末のフルブラウザによるウェブアクセスはその十倍は使いにくいですね。特に乗り換え検索などの際に必要なテキスト入力。正直、ここまでとは思いませんでした。
 変な話、端末の画面と入力方法なら、やはりケータイ専用のサイトの方がうんと使い易いというのがよくわかりました。ただし、今度買う予定の端末(WX321J)は、センサ入力部を使って、ポインティング操作が出来るそうなので、その点は期待しておきます。

 そして、パケットの使用量の多さ。
 データ定額は月あたりの上限が10万パケット(約12.2MB)なんですが、フルブラウザを使ったせいもあるのでしょう、試しにちょこちょこっと使っただけの初日で、6千パケット。えええ~っ、たったあれだけでぇ!?
 かなりへこみかけましたが、画像の表示をオフにしたところ、劇的に量が減り、また必要なときしかつかわないようにしたところ、結局、ほぼ一ヶ月経過した今日までで、利用パケットは11,590。なあーんだ、まだまだ余裕やんか。ま、ほとんど使ってないこともありますが。

 で、明後日の15日、いくつかのW-OAM対応の新端末が発売開始ですが、私の今の端末は機種変更が昨年の4/20。ということは、あとちょうど一週間で、10ヶ月縛りが解消します。このタイミングで機種変更して、W-OAMをゲットすれば、それは同時に、W-ZERO3の復活も意味するのです。
 結局のところ、W-OAMの音声端末に、W-ZERO3のSIMなし、そして音声定額のデータ定額オプションというのが、私ていどのネット利用者には最適解であるということになりそうです。

 機種変更したら、新しい音声端末(上記のようにWX321Jの予定)の使い心地と、W-ZERO3 + W-OAM + データ定額の使い心地をまた御報告したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

nineとW-ZERO3(esじゃなく)のダブル持ちが、今私の脳内では最強なのですが、抜き差しは面倒だしなぁって感じです。やはりマルチプランに戻すのが吉かなぁ。

実用新案

>> 抜き差しは面倒だしなぁって感じ
そういうご意見もおありかと、このたび、フタを外さずSIMの抜き差しが出来て、しかもリセットスイッチも外から押せる実用新案W-ZERO3用裏蓋を開発し、発売することになりました。

という話、どっかにないかな。売れるかも。

>> nineとW-ZERO3(esじゃなく)のダブル持ちが、今私の脳内では最強
それは有力な候補の一つですね。
にゃごにゃはハンズフリー利用に執着しているので、nineはちょっと不向き。
とてもいい端末ですけどね。

>> やはりマルチプランに戻すのが吉かなぁ。
そうなると、W-OAMの調達が問題ですね。せっかくだから新SIMにしたいし。SIMだけ買うのもなんか惜しいし。
そういや、SIMタイプの機種変って、新しいSIMついてくるのかな。今後はSIMつき機種変とSIMなし機種変ができるかも(?)。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/680-f6f0efd1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。