にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 こちらの記事に書いたように、一応IC免許とレガシー免許の選択権のあったにゃごにゃでしたが、結局年内は忙しいこともあり、年明けの1月5日に更新センターにいって、IC免許を取ってきました。

 ほんとは、年末年始休みで溜った更新対象者、新しいシステム対応で戸惑うセンター職員などを鑑みて、混むに決まっているこの時期にいくのはスタイルではないのですが、仕事が始まるとまたそれはそれで大変なので、思いきっていくことにしました。

 で、案の定、非常に混み合ってはいましたが、何年かに一度しか行かないので、それが特別に混んでいるのかどうかはよくわかりません。とりあえず、建物の中に入れないというような状況でありませんでした。
 ただ、予期できないできごともありました。
 まず、適性検査、早い話が視力検査ですが、私は大型免許を持っているので、視力の基準が普通免許より厳しく、さらに深視力の検査も必要です。ところが、深視力検査が行われないまま、はい、合格、と言われました。あれれ、法律が変わったのかな、と、特に確認もせずに次の書類チェック窓口の長蛇の列に並び、やっと順番が来たと思ったら、案の定と言うべきか、検査が間違っている、との指摘。
 といっても、明らかにあちらのミスなので、かなり申し訳なさそうに、「一番前に割り込んでもらっていいですので」ということで、いったん視力検査にもどって、こちらでも申し訳なさそうな検査官に再検査してもらい、再度、書類チェックの窓口へ。
 こうしたミスもやはりひどい混み具合に職員が焦ったせいなのでしょうか。

 ややこしかったのが、その次の、暗証番号発行窓口。まず、書類チェックの窓口5に続いて、この窓口は5-2という、いかにも急場しのぎの番号。しかも、単にレジをひとまわり小さくした装置が5~6台おいてあるだけで、窓口でもなんでもないのです。写真撮影その他で込み合っていたせいもあり、特にどんくさくもない私も、しばらく場所がわからずうろうろしてしまいました。
 それと、ここでの暗証番号発行にはおおいに問題あり。要は、写真撮影のときに、免許証に登録されるべきふたつの4桁暗証番号を入力したバーコードの紙片を発行するだけの機械なのですが、まず、衆人環視の中、自分の入力した番号は、全部装置の液晶ディスプレイに表示され、まる見え。間違えないように確認できるようになっているのでしょうが、これは個室か何かにしないと・・・。
 さらに、その結果発行されるカードには、バーコードだけでなく番号そのものがばっちり印刷されています。これも、忘れないように保管用(このカードはもらえるので持ち帰ることができる)ということでしょうが、こちらの方も写真撮影の場所でリーダーのレーザー光にかざすとき、まわりからまる見え。それに、免許といっしょに補完しないように、との注意はあるものの、これだと免許といっしょに財布のカード入れにはさむ人が多いと思うなあ。
 暗証番号発行機の前では、キレてしまって、「なんや、ぜんぜんわからへんやないか」とわめいているおっさんもいました。職員が慌ててかけつけていたのが悲しい。

 それとちょっと残念だったのが、これもルールが変わったらしく、従来はパネルを見るだけでよかった優良講習も、ビデオなどで30分の講義が義務付けられていて、開始までの待ち時間を合わせると45分ほどかかりました。

 ま、それでも昼前に終わったので、所要時間は1時間20分くらい。こんなもんかな、とも思うし、一般講習なら2時間以上かかるな、と要領の悪さも感じました。

 できてきた免許は、だいたいクレジットカードと同じですが、名前をパンチしたりしていない分、感覚的にはクレジットカードより薄く感じます。ICクレジットカードのようにチップの金属端子が見えるような構造ではなく、埋め込みですが、それでも光を反射させてよくみると、まんなかあたりが微妙にひずんで、ICの入っていることがわかります。
 たぶん水には前の免許より強いでしょうね。財布に入れた状態では、ぱっと見、前のものと区別はつきません。前の記事に書いたように本籍地欄が空白なので、ここはあれっ、と思うかもしれませんが。

 ひとつ気になるのは、このIC、IC定期券などと干渉しないのかな、ということ。関西でいえば、民間のピタパとJRのICOCA、いまは相互乗り入れで互いに使えるようになっていますが、利用開始当初の互換性がない時期、両方が財布に入っていると、エラーになって自動改札を通れなかったのです。というか、いまでも両方が入っているカード入れをかざすと、エラーになるのではないでしょうか。同様の理由で、財布に免許が入っているからエラーになる、なんてことにはならないんかな。
 にゃごにゃはアンチIC定期派なので実験できないんですが、一度免許だけかざしてみて、自動改札が反応するかどうか試してみようかと思っています。だれかピタパまたはICOCAで試した人があったら、ぜひ教えてください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/670-98f8e052

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。