にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 1918年に大流行したインフルエンザ「スペイン風邪」のウイルスを人工的に作り出し、サルに感染させると、異常な免疫反応が起きて致死性の肺炎になることを、河岡義裕・東大医科学研究所教授らが突き止めた。

 高病原性鳥インフルエンザも似た症状を人や動物で起こすことがあるが、このウイルスは実験に使うサルに感染させても症状が出にくい。スペイン風邪ウイルスがサルに起こす症状を抑える手法が確立できれば、高病原性鳥インフルエンザの治療や感染予防につながると期待されている。

 18日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 スペイン風邪が流行した当時はウイルス検出技術がなく、発症の仕組みは確かめられなかった。このため、研究チームはスペイン風邪のウイルスを、最近解明された遺伝子配列をもとに人工合成し、カニクイザルに感染させた。その結果、1日以内に衰弱して食欲がなくなり、8日目には呼吸器状態が非常に悪化。気道全体から増殖した高濃度のウイルスが検出された。

 サルの遺伝子を調べると、異常な免疫反応が起きていた。河岡教授は「スペイン風邪をさらに分析すれば、鳥インフルエンザの予防や治療につながる可能性がある」と話している。
(2007年1月18日3時1分 読売新聞)


 これ、さらっと書いてますが、要は人工的に、サルが致死性の肺炎を起こすようなウイルスを作ったということですよね。それも軍事関係でもなんでもない一般の大学で。

 もちろん、鳥インフルエンザなど、病気に対する対抗手段研究のためですが、文字どおり諸刃の剣です。
 というか、こんなに簡単に(簡単ではないんでしょうが)そうしたウイルスを合成できてしまうというのは、なんだか恐ろしいですね。例えば、この教授かその関係者を某国が拉致するか脅迫するかして、細菌・生物兵器をつくり出してしまうということは理屈の上では可能ですし、私は門外漢なのでわかりませんが、もしかしたら現在の学術レベルではそのようなウイルスの人工合成自体がさして高度なものではないのかも知れず、そうならなおさら恐い話です。
 また、実験ミスや計算違い、事故などで予想もしない代物が偶然できてしまうというリスクはないのでしょうか。

 この記事については、鳥インフル解明への糸口、という捉え方ばかりで、そうした観点での論評というのはあまり見あたらないのですが、ちょっとのんびりしすぎてませんか。
 軍事利用もさることながら、なんのかんの言ってもスペイン風邪のウイルスは天然の産物。人間が手を加えることで、とんでもない化け物が生まれてしまう危険は付きまといます。管理も含め、くれぐれも慎重に願いたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/669-b3fe63e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。