にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 英語の中には、難しいに違いない、と思われる単語が、あっけないほど簡単である場合がたまにあります。
 今日はそんなものを一つ紹介して、みなさまのボキャブラリ強化に寄与したいと思います。

 「sugar」。しゅがあ。この単語を聞いて思い浮かぶのは、ほとんどの場合、砂糖でしょう。しかし、この語にはもう一 つ、化学でいうところの「糖」という意味があります。

 まあこれだけで十分ぼきゃぶら向上に貢献だと思いますが、ここはもうひと押し。
 健康診断や生活習慣病では無視できない、血糖。これは英語で「blood sugar」。なんと簡単でわかりやすいのでしょう 。
 そして、血糖値は「the blood sugar level」。おおお、苦もなく三つの難しい単語を覚えましたねー。

 なお、sugarは間違えてsugerとスペらないように。幸か不幸かsugerという単語は存在しないので、ほぼ間違いなくsugarのことなんだろうなー、と思ってもらえますが、ちょっと恥ずかしい。ちなみに、米GOOGLEでsugerをぐぐってみると、ヒット数なんと347万!といっても、これ、Sugerという名前(姓)の人がいるせいらしい。もしかしたら 、英語以外の言語ならsugerという単語もあるかもしれません。
 一方、日本版GOOGLEで検索してみると、こちらはその多くがsugarのスペルミスだと一目瞭然。『もしかして:sugar』な んて、検索エンジンにまでツッコミを入れられます。ま、いいんですけどね。
 

スポンサーサイト

コメント

ヾヾ(*^▽^*)〃〃おはよ~~ございます(笑)

w(。・o・。)w オォ-
日常に関する単語増量
ありがと m(*^-^*)mございました

>血糖値は「the blood sugar level」
なるほどφ(..)メモメモ
意味のない短縮形の好きな日本人ですから
今後は「ブラレベ」なんて言いそうですね(笑)

昨日検査したらね、ブラレベ上がっちゃったぁ( ̄∇ ̄;アハハ・・・みたいなw

ブラレベ、と言われると、CカップがDになったのかな、と思ってしまいます。

あ、すいません、品位落としちゃって。

ぼきゃぶら第二弾もありますよー。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/606-8fed6276

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。