にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あんまりに品性の欠ける事件だから、とりあげることすら汚らわしい感じがしますが、金がないわけでもないのに理屈をつけて給食費を滞納する親。こういう、「美しさ」からもっとも遠い連中に、どう対処すればいいのか、ニューヨークのパブリックスクールでの対応が参考になります。



 ニューヨークの公共学校の一つ、マンハッタンスクールでは、子供を8:25までに登校させなかった 親には、校長室から遅刻票を取らせ、講堂で20分間拘束する、という新しいルールを導入した。校長のスーザン・ラッパポートは、「両親には子供に朝食を摂らせ、服を着せ、時間までに学校に送り届ける義務がある」としている。
 ある遅刻した親は、拘束されることで仕事に遅れてしまう、と苦情を述べたが、他の親たちには、そうして恥をかかせることで、次から遅れなくなる、と支持している。
2006.10/2(NEW YORK) AP


 これくらいの姿勢で対応せな、頭の芯まで腐った甘ったれ親には対応できませんね。はやくまともな社会にもどってほしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/591-a93ef91f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。