にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 同じ兵庫県なのに、神戸からは遠く西に離れているので、滅多に行く機会のない姫路市。
 JRで大阪から新快速でちょうど1時間、片道1,450円を、意外と近いと見るか、やっぱり遠いと見るか。

 たまたま1年半ほど前から、ある事情で、この姫路に、月1、2回、出かける用事ができてきました。それで、最初は目的地にピンポイントで往復しているだけでしたが、そのうち、早く着き過ぎて時間を潰したり、また意図的に早く着いて興味のあるところにでかけたりしているうちに、予想以上に魅力的なところであることが、次第にわかって来ました。

 姫路といえば、なんといっても姫路城が国際的な観光地。実際、思っていたよりずっと多くの外国人観光客をみかけます。彼らにとっては、サムライの国ニッポンのひとつの象徴でもあり、姫路城はその美しさだけでなく、城としての大きさも世界有数。幸い、新幹線の駅もあって、京都~姫路は43分の近さ。京都にはこのようなお城はないし、余裕のある旅行者にとっては、立ち寄りたいところの一つかも知れません。

 それとは別に、いろいろと思いがけない魅力も発見。先日、市民会館から国道2号線を挟んだ、小さなスペイン料理店に入ってみて、そのクオリティの高さにびっくり。
 そもそも、清潔感があってゆったりと広い街並みは心地よいし、駅の北側に位置する姫路城周辺の公園のほかに、観光地ではなく市民向けといっていい手柄山公園が整備されていますが、こちらもなかなかおもしろいところがあります。

 姫路は、神戸や大阪といった大都市から、比較的離れているところが幸いしているように思います。その分、広い範囲からの集客を期待できるロケーションであり、観光地であることを除いても、活気のある街であることに成功しているのです。

 地元の人間でありながら、いまさらながらに気がついた姫路の魅力。
 これから、少しずつ探訪して、ブログでも報告したいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/585-a4ec4229

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。