にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一昨日、会社帰りに電車に乗ろうとしたら、目の前で出てしまいました。「そんな。まだ定刻前やんか。」と時刻表を確認すると、まだ1分あります。「ひどいフライングだ」
 そう思って別のホームに向かいつつ、ふと駅の時計を見ると、あれ、進んでいる。いえいえ、私の時計が遅れていたのです。


 月に1秒も狂わない時計なので、驚いて、電池切れ?と思いました。しかし、この時計は、電池が残り少なくなると、秒針が2秒ずつステップするはずです。と思ってよく見ると、ちゃんと2秒ずつ刻んでいます。そして、ときどき前に進めず足踏み。なんのことはない、ずっと気がつかなかっただけでやっぱり電池切れだったのです。

 早速昨日、仕事の後交換しようと考えたのですが、交換してくれそうな店で思い当たる店は、阪急三番街地下のジョーシン時計売り場か、ヨドバシ梅田。それにしても、家電やAV、パソコンなら価格の見当がつくのですが、電池交換はよくわかりません。そもそもどのくらい時間がかかるのかも不明。

 同僚の玉ちゃんに聞いても知らないというし(あたりまえだ)、電話して聞けばいいといわれても、めんどくさいし、即答してくれずに何分もかかって調べられたりしたら電話代がもったいない。
 んで、とりあえず、地元資本を応援するつもりでジョーシンに行ってみると、2520円とのこと。値段はともかく、メーカーに送るので十日かかる、という所要期間にがっくり。どうも、100メートルなんて防水仕様がネックになるらしい。とり あえずお断りして、ヨドバシへ。

 ヨドバシはさすがというか、ちゃんと時計の「電池交換・修理」のコーナーがあり、銀行にあるような整理番号発券機まであって、いくつもあるベンチに何人かが座って待っています。
 電池交換について聞いてみると、メーカーに送るか、店頭で交換するかのオプションがあるとのこと。前者の条件はたぶんジョーシンと大差ないでしょうが、店頭交換だと、料金1000円で時間は15分。
 別に海底や湖底100メートルに潜る用事はないし、ふつうに防水ができていればかまわないので、迷わず店頭交換にしま した。結果、お気に入りの時計が、すぐに使えるようになって、満足。時間もサービスの重要なファクターです。

 しかし、ジョーシンもこんなではいつまでたってもヨドバシに勝てないよ。改めてそう思いました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/568-9e78a829

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。