にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 もうすぐ夏も終わり、もうちっと爽やかな記事を書きたいのですが…。

 以前、楽天市場の体質にまつわる体験を記事を書きましたが、最近になってこんな記事が載ってますね。



【テクノバーン】(8/27 19:33)楽天 (4755) の子会社の楽天証券がインターネットで広く普及している百科事典「Wikipedia(ウィキペディア)」に掲載されている「楽天証券」の解説ページから自社に関わる不利益な情報を再三に渡って削除 していたことが26日、分かった。

オンライン証券関連の情報を収集している個人運営のブログ「ネット証券Blog2」の調べで判明したもの。

今回、楽天証券が削除していたのは2005年11月16日に金融庁から行政処分が下されたという記述。2006年1月9日に加筆されたこの記述が、2006年7月6日になってから楽天証券のIPアドレスから削除。この記述は7月30日になってから再び復活した が、8月8日になってから再び、楽天証券のIPアドレスから削除されていた。

ウィキペディアはオンラインで利用可能な完全無料の百科事典サービス。偏見を避けて中立的な観点で記述されるという基本方針に沿っていれば誰でも自由に項目を記述したり、変更を加えたりすることができる。元々、米国で始まったサービスで、今では日本語を含む50ヶ国の言語をサポートし世界で最も普及している百科事典サービスとなっている。

ただし、項目の執筆・編集が誰でも自由にできるために、一部の項目にはウィキペディアの基本方針にある中立性の観点から問題のある記述が行われることも度々あり、その都度、その運営方針を巡って議論が行われてきた。


 ネットで商売させてもらっている会社が、Wikipediaの記事を操作するなんて、言語道断。ネットテロと言ってもいいか もしれません。自分達の主張のためには捏造も歪曲も平気でする朝日新聞やTBSと変わりません。

 それにしても、自社IPでアクセスとは、あほか。こんな会社で株を売買するなんて、正気の沙汰ではありませんね。

 ついでに、本体の楽天市場の方にもこんな記事が。


 終わってますなあ、楽天も。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/561-3dfa3517

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。