にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 WOWOWで初放送された、スターウォーズのエピソード3、シスの復讐を観ました。

 それほど期待していなかったのですが、これは面白かった。スターウォーズには興味を示さない家内が、途中から観始めて、見入っていました。
 率直にいって、エピソード4への辻褄合わせというところも当然あるわけで、そうした縛りのある場合、いまいちしまりのない作品になりがちです。ところが、このシスの復讐は、むしろそれらの制約を実にうまく生かしています。
 個人的にはむしろ、エピソード1も2も、この3のための導入編とすら思えました。それくらい、見どころ満載でした。
 意外だったのは、アナキンが悪の皇帝に支配されてダース・ヴェーダーになる経過の部分。私はずっと、パルパティーン皇帝が、その圧倒的な暗黒面のフォースでアナキンを完膚なきまでに叩きのめし、力ずくで配下にしたとばっかり思い込んでいました。ああいう呼吸器のついたマスクが必要になったのも、その皇帝のせいだと思っていたのです。
 まさかオビ=ワンによる致命的な打撃が原因とは、まったく予想外でした。あれなら、皇帝はむしろ命の恩人ですね。

 それにしても、ヨーダはエピソード2でもそうでしたが、むちゃくちゃかっこいいですね。強いししぶいし。人間、外見ではないなあと、思わせてくれるのが楽しい。

 最後に、ちらっと建築中のデス・スターが見えます。それはそれでいいのですが、そうしてみると、ものすごく建設に時間がかかってますね。エピソード4でも確か未完成もしくは完成直後だったと…。

 これで1~3はハイビジョンで揃ったので、SDでもいいから4~6も録っておこうか、と思いましたが、その画質のあまりの差に愕然として、やめました。いつか4~6もハイビジョンでやってほしいなあ。

 ともあれ、週末にでももう一度鑑賞して堪能します。

スポンサーサイト

コメント

こんばんは

HVはキレイですね。

アナキンもあんだけの事したんだから、
だ○まにされて焼かれてもしょーがない・・・?
あんだけの目に遭わされても生きてるんですから
フォースの力って凄いですね。
画質のアレは別としてやっぱ4~6の方がオモシロいかな。
デススターの二番星はあっという間に出来ましたけどね。

だ○ま

>> だ○まにされて焼かれてもしょーがない・・・?
あはは、ほんとにそうですね。プチジェダイの子供達まで殺してましたしね。

>> デススターの二番星はあっという間に出来ましたけどね。
そうでしたよね(笑)。

>> 画質のアレは別としてやっぱ4~6の方がオモシロいかな。
そうですね。個人的には、5が結構好きで。あのおどろおどろしい感じが。
おんなじノリで、3はよかったですね。

TBさせて頂きますね。

私は基本的には旧作派なのですが、新作は大好きなユアン・マクレガーが出演しているので無条件で好きです。ええ、私の映画スタンスなんて結局そんなものです。(笑)
私もバッチリ録画したので、しばらくはユアン三昧の日々になりそうッスw

TBどうも

>> 私は基本的には旧作派なのですが、新作は大好きなユアン・マクレガーが出演しているので無条件で好きです。
いいですね、ユアン。
ビッグフィッシュもよかったし、アイランドでは、リンカーン・6エコーと、トム・リンカーンは、二役なのに放つオーラがまるで別人。感心しましたよ。

エピソード3では、なんかそれまで線が細い感じだったのが、一気にスゴ腕マスターになりましたね。
かっこいいなあ。小夏さんにぴったし。

あ、TBさせていただきました。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/548-7651365b

スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐 (2005年、米)

原題: STAR WARS: EPISODE III REVENGE OF THE SITH監督: ジョージ・ルーカス 出演: ユアン・マクレガー     ナタリー・ポートマン、     ヘイデン・クリステンセン      イアン・マクディアミッド     サミュエル・L・ジャクソンA long time ago in

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。