にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私はAVマニアというほどのもんでは決してない(お金がないので)のですが、レーザディスク、ドルビーサラウンド、SVHS、衛星放送、ED-β、ワイドテレビ、hi-8、DVD、ドルビーデジタル、BSデジタル、DVHS、ハイビジョンプロジェクターなど、新しいメディアに対しては、特に高画質・高音質化にかかわるものはたいてい先頭グループで食いついて来ました。しかし、例外的に地上波デジタルには食指が動きませんでした。アナログ地上波をみないこと、同じハイビジョンでもBSデジタルに比較して画質が劣ること、などもありますが、一番の理由は地上波デジタル放送の電波がわが家まで来ていないこと。これでは手の出しようがありません。

 それが、マンションに入っているケーブルテレビ(うちは有料視聴は加入していない)の配信電波に、しばらく前から地上波デジタルが含まれるようになっていると知り、ちょっと気になっていました。本来ならまだサービスエリア外なのに、地上波デジタルが見られるのですから。そして、今回デジタルチューナー内蔵の液晶テレビを購入したことでそれが見られるようになりました。
 早速アンテナを接続してみると、確かに地上波デジタルを受信できます。

 ここでちょっとコツですが、チューナーの設定を地域で行うだけだと、地上波デジタル信号を全部拾わないことがあります。兵庫県南東部のうちの例でいうと、キー局のほか、ローカル局のサンテレビが選局されますが、アナログでは受信できていたテレビ大阪が入りません。地域の区割りから、配信されていないのかな、と最初思いましたが、チャンネル設定の地域選択に加えて、「追加」という処理をメニューから行うと、地域別のラインナップには加わっていないけれどもちゃんとケーブルで配信されているテレビ大阪が、追加されて受信されるようになりました。
 これはケーブルでなくアンテナを立てた場合も同様だと思いますので、知っていると得するかも知れません。

 さて、実際に見始めてみると、やはりいろいろと、先入観として持っていたイメージと違うことがあります。

 まず、地上波デジタルのハイビジョン放送は、思ったより画質がいいということ。BSデジタルには当然かないませんが、それでも本放送開始前の数年前、展示会などで行われていたデモに比べると、ずいぶん改善していると思います。ハイビジョン製作のNHK特集などは、画質故に思わず見入ってしまいます。
 それから、民放においてはまだまだハイビジョン番組は少数派だというのもよくわかります。大半は標準画質のコンテンツです。
 一方で、ローカル局であるサンテレビ製作の野球中継が、見事な品質のハイビジョン番組で、驚かされたりします。キー局である日テレで作成した、ハイビジョンの巨人戦中継より画像がきれいなのです。
 逆に、アナログ放送でも上下に帯のあるレターボックスのワイド放送なので、間違いなくハイビジョン製作であるはずの教育テレビのスーパーピアノレッスンが、地上波デジタルでもハイビジョンでなく標準画質のワイド放送であるなどという、予想外の事実も知りました。著作権の問題でしょうか。

 それはともかく、こうしてハイビジョンの画像を見ていると、地上波を見る気にならない理由は、単にコンテンツのクオリティだけではなく、ハイビジョンに慣れた目から見て、アナログ放送が耐え難い低画質であるということが一つの大きな理由であったことに気づきます。これは正直、自分のことながら、かなり意外な発見でした。
 いずれにしてもビデオプロジェクターで大写ししても、耐えるだけの画質と迫力のコンテンツが増えることは大歓迎です。
 特に上記のサンテレビでのハイビジョン中継はありがたい。これまでは、阪神戦がたま~にBS-hiやBS-iでハイビジョン放送されるときだけ、プロジェクターで投影してその迫力ある映像と球場の雰囲気を楽しむことができたのですが、今後はそうした機会が劇的に増えるわけです。


 そして、それとは別に、デジタルチューナーが入ってみて仰天したことが一つありました。
 これについては記事を改めます。

スポンサーサイト

コメント

サンテレビの甲子園中継

いやあ、甲子園の中継は無駄に綺麗ですよねw

地上デジタルは綺麗はいいんですが、著作権がらみでガチガチですからね。
ハイビジョン録画してなくてもCPRM対応の馬鹿だかいDVD-Rが必要だったりでゲンナリしています。
PCに落とすのもいいんですが、手間がかかります。
つか、CPRMのDVD-Rが売って無いんですよね。
DVD+Rばっか。はぁ。

おお、底辺さんも、かなりAV通なんですね。

>> いやあ、甲子園の中継は無駄に綺麗ですよねw
いえいえ、楽しませてもらってますよ(^^)

ほんと、デジタルの著作権保護規格の繁雑さはなんとかしてほしいです。
いま録り貯めてるDVHSのハイビジョンコンテンツも、ブルーレイとか
ハイビジョンのディスクメディアには移せませんから、DVHSが亡びたら
(すでに新品で入手できる機械はほとんどない)それまでです。

業務用とか買えば移せるのかなあ。はぁ。

地上デジタル波

こんばんは。
にゃごにゃさんは、先端を行くタイプだったのですね~
我が家は、昨年15年?頑張っていたテレビが壊れて
仕方なく液晶テレビ32インチに代えました。
その時は、アンテナまで代えずに。
12月にアンテナ変えて・・・(別料金にビックリショック!!

でも、もう地上波見られません。
さらに、32インチ最初は、ビックリするほど大画面が
今では普通に。。。
人間の慣れに、“怖いわ、怖いわ、怖いわ”苦笑い

でも、ダビング等、前にも増して複雑になっちゃいました(付いていけないよ~~ん

慣れ

>> にゃごにゃさんは、先端を行くタイプだったのですね~
そんなことはないんですが、本家HPのBSデジタルの記事には、AVジャーナリストの人が「必見!」というコメントつきでリンクを張ってくれていたりします。
あとコピーガードに関する記事も書いているので、わりとあちこちからリンクが張られているようです。

>> 我が家は、昨年15年?頑張っていたテレビが壊れて
>> 仕方なく液晶テレビ32インチに代えました。
今回、リビングにもともとあった液晶テレビに押し出される形でリタイアした
19インチのブラウン管テレビは、22年間働いて、まだ元気でしたよ。

>> 12月にアンテナ変えて・・・(別料金にビックリショック!!
え!?別料金?何がですか?BS?

>> でも、もう地上波見られません。
>> さらに、32インチ最初は、ビックリするほど大画面が
>> 今では普通に。。。
>> 人間の慣れに、“怖いわ、怖いわ、怖いわ”苦笑い
ほんとですよね~。日本の家庭にきて、AVの凄さに驚く外国人はとても多いです。

>> でも、ダビング等、前にも増して複雑になっちゃいました(付いていけないよ~~ん
底辺さんみたいに、さらっとCPRMなんて言葉を吐ける人は一握りですもんね。
一番手っ取り早いのはコピーガードキャンセラーでアナログダビング、とか。ああ、いかんいかん。

一日に何度も済みません

デジタル化もアナログ並行だったら私も大賛成だったんですけどねえ。カネがない人は数年後にはテレビを観られなくなるというこの強制的な移行方法が許せない。
画面が綺麗だということを除けば、視聴者にはデメリットの方が多いと感じています。
以下はトラバできなかった(多分ドブログ側のエラー)とHPでのデジタル化に対する文句の拙作記事です。

http://homepage2.nifty.com/TOMZONE-S/KOMONKS/Komonk_new.htm
http://www.doblog.com/weblog/myblog/35495/2373487#2373487

私の周りの20代の若者は「もうテレビ放送は要らんですよ。映像関係もネットとパソコンで充分」なんて人もけっこういるんですよ。いろんな意味でテレビっ子の私はなんか哀しい。

アナログ

よろづ屋TOMさん

本家HPまで公開してくださってありがとうございます。
ブログの方は、すでに拝見していました。

>> デジタル化もアナログ並行だったら私も大賛成だったんですけどねえ。
ほんと、デジタル化による弊害は多過ぎる。私はVHSテープ一本4800円の時代から重たいビデオカメラを担ぎ回っていたクチですが、当時夢のまた夢だった、劣化のないダビングの時代が現実になるか、と思ったところが、とんでもない時代に突入しています。

私も、こうしたデジタル時代の混乱については本家HPで記事を書き、けっこうメジャーな方からリンクを張ってもらったりしています。ブログで公開する勇気はないので、TOMさんのメールアドレスが分かったらまたURLを連絡させていただきたいと思います。

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/529-618290c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。