にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【アプリケーション】

 W-ZERO3で利用できるソフトウエアについてです。

 まず、標準でインストールされているソフトについて。要するに、買ってきて何も追加インストールしていない状態です。
 これは、一言でいって、使いづらい。環境がよくないのです。
 ざっとみて、下記のことがそのままでできます。

  ●電話(あたりまえだ)
  ●カメラ(静止画・動画)
  ●エア・エッジ接続
  ●無線LAN接続
  ●ウェブ閲覧(IE)
  ●メール
  ●ワード・エクセルファイルの閲覧と編集
  ●PDF閲覧
  ●ファイルエクスプローラ
  ●PIM(予定表・連絡先・仕事・メモ)
  ●録音(メモ機能の一部)
  ●静止画・動画・音楽再生(Windows Media Player)
  ●設定ツール(着信音とかバックライトの明るさとか)
  ●ゲーム(ソリティア・Bubble Breaker)
  ●Javaアプリ(というかVM)
  ●miniSDカードアクセス
  ●PCとの接続(USB。モデムとして、またはActiveSyncでのPC同期)
  ●その他のツール(ActiveSyncとかminiSDのバックアップツールとか)

 まあ、これだけできればいいんじゃないの?と言えなくはないのですが、大きな欠点として、使い勝手が悪いのと、そしてこれだけのハードウエアリソースを備えていながら『わくわく感』がない。CDプレーヤーやエアコンもついていない業務用の自動車を買ってきたような感じです。そのままドライブに出かける気にはなりません。
 何も考えずに買ってきたまんまで使いたい人、もしくは追加のソフトを入れることのできない人にとっては、なんだか楽しくなくてダイナミックさの欠けた、居心地のあまりよくない世界になる可能性があります。もちろん、使う人の目的や嗜好はまちまちですから、それで十分楽しい、うれしいという人もいるかも知れません。しかし、もっとうんと楽しく使いやすく居心地よくする手段があり、それを知りつつ安住するならともかく、それを知らないので辛抱する、あきらめる、妥協する、というのではさみしい。

 遠回しな言い方になりましたが、言い替えれば、いろいろとカスタマイズしたりソフトを導入したりすることで、見違えるほど快適な端末になるのもこのW-ZERO3です。

 カスタマイズ(広い意味ではアプリの追加もカスタマイズですが)はひとまずおくとして、新しいソフトを追加する、ということについて、概観してみます。具体的に追加するとうれしいソフトや、その設定、Tipsなどについては稿を改めます(そうした記事を書くというお約束ではありません)。

 W-ZERO3は、Windows Mobileを搭載した、れっきとしたPDAです。これが、ケータイも含めた他の端末と決定的に異なるところです。要するに、通常の端末の大半が専用アプリとJavaアプリを追加できる程度にとどまるのに対して、さまざまなソフトがインストール可能なのです。それに携帯端末に比べると、データ領域も主メモリのサイズもうんと余裕があり、また画面サイズが広いという利点もあります。話題のキーボード以外にも、タッチパネルであることも大きな武器です。
 さらに、W-ZERO3は御存じのように大変な注目製品です。出荷数もうなぎのぼり。そのため、現在までに、そして今後、供給されるソフトの数は、他の多くの競合製品とは比較にならないでしょう。

 大きく分けて、供給されるソフトは次のような分類が可能です。
  ◎有志によるフリーソフト
  ◎個人・企業によるシェアウエア
  ◎企業によるフリーソフト
  ◎WILLCOMの肝煎によるフリーソフト・シェアウエア
 そして、対象は、W-ZERO3専用のソフトに限りません。多くのWindows Mobile 5.0以前のPocket PC(ARM版)のアプリケーションもそのまま動きます。Javaアプリも、リソースの関係で携帯端末では動かなかったものが動作したりします。
 もちろん、W-ZERO3専用のソフトも、発売後1ヶ月あまりとは思えない量のそれが、すでに公開されています。

 これらのソフトの多くは、最初に見た、「買ったままの状態」では、使いにくいと思うところを実にうまく改善してくれるツールです。これらをうまく導入し、カスタマイズすることで、まったく新しい世界が開けるとさえ言えます。
 また、それ以外にも、従来のPDAでは考えられない、W-ZERO3ならではのアプリもまた、登場してきています。
 W-ZERO3をもつ大きな魅力、楽しみの一つがここにあります。

 既に書いたように、具体的なソフトについては今回は書きません。もったいぶる気はないのですが、そうしたソフト群は、とても多くて、ここで小出しに説明する気が起こらないのです。ただ、待ち切れない方は、すでにネット上に山ほど情報が転がっていますので、そちらを探してみて下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/518-7f16fa66

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。