FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

 急性虫垂炎(盲腸)で緊急手術・緊急入院したインターン生、ジョーダン君(仮名)は、20日の金曜日午後、無事退院しました。12日の手術から、8泊9日の入院となりました。
 ご心配いただいた方々、ありがとうございました。

 幸い合併症もなく、手術跡はまだ痛むようですが、だいぶ元気になって来ました。入院の間、なんのトラブルもなく、看護婦さんに襲われることも(たぶん)なく、順調に回復しました。しばらくは自宅静養で、おそらく今週の後半から研修再開になると思います。
 ちなみに、このインターンシップの仲介機関であるJETROでは、毎年百人前後のインターン生を企業に紹介していますが、入院というケースは、これまでで初めてだそうです。

 今思うと、手術が即日でよかったと思います。もし翌日なら、13日の金曜日。欧米人の彼は、ちょっといやな思いをしたかも知れません。

 治療費の総額は、約55万円。会社が立て替えて振り込みます。彼の加入している留学生の傷害保険で支払われるはずですが、保険はあくまで後払いなのです。保険の支払いには領収書が必要です。

 会社では、彼の入っていた実プロジェクトがかなり彼の働きに頼っていたので、この長期離脱は痛かったようです。とはいえ、この業界、火のついたプロジェクトでスタッフがダウン、入院、なんて事態は、ある程度「よくある」ことで、ましてや彼は正規のメンバではないので、致命的なわけではありません。

 私も、1月中は在宅許可を得て集中的に技術の調査・学習作業をしていたのですが、この思わぬハプニングでスケジュールはがたがた。でもこれもインターンシップのスーパバイザとしての仕事のうち、泣き言を言っても始まらないので、残りの期間、死ぬ気でやるのみです。ともあれ、彼が元気になってくれたのがなによりです。
 それに、彼がホームシックになったり、精神的に落ち込んだりしていないのは本当に幸いでした。
 残り4ヵ月もがんばってください。



コメント




ヾヾ(*^▽^*)〃〃おはよございます (raku)
2006-01-24 12:59:22

退院ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆オメデトォ♪
ここで書いてもしょうがないのですが(^^ゞ
彼にとっては、異国の地でいろいろ大変だったことでしょう
にゃごにゃパパのお世話に心から(´▽`) ホッとしたことでしょう。
留学生の保険というのがあって良かったですね。
今はそういう保険も商品がいろいろあるんですかね
今度ネットで調べてみようと思います。
それと・・・突然ですが留学のことで
ちょっとお願いが・・・(^^ゞ
つかお聞きしたいことが。。。
メールさせていただいてよろしいですか?



異国の地 (にゃごにゃ)
2006-01-25 08:11:11

rakuさん、おはよございます(^O^)/

二十歳前後の若さで、一人異国の地で手術を受けて入院する気持ちは、おそらく理解できないなあ、と自分で思います。
少しでも安心できれば、と思い、できることをしました。

保険は、必須ということで関係機関(送り出し側の大学などの組織)でしつこいくらい加入の念押しをするようです。
欧米はいいんですが、最近始まった中国のインターンなんかはちゃんとやられているのか、ちょっと気になります。

>> メールさせていただいてよろしいですか?
私でわかることであれば、ご遠慮なく。私自身は留学の経験がないし、あまりお役に立てないかも知れませんが。
いつでもどうぞ(^^)/

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/508-594141e5