FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。



 にゃごにゃのふうふは、休みの日はいろいろと所用で忙しいこともあり、あまり趣味らしい趣味はありません。たまに映画に行ったり、やや遠出のドライブに出かけたり、という程度。

 ただし、唯一趣味と呼べそうなものがあります。ビデオプロジェクターによる映画観賞です。それも、若いときからAVマニアだったおっとのこだわりもあり、ふうふとも高音質・高画質派なので、音響が5.1chであることはもちろん、映像も、デジタルWOWOWやBS-hiを中心にしたハイビジョン主体(地デジは未導入。しょせんテレビの画像がきれいになっただけの代物だし)で、DVDも観ますが、画質的にはまったく物足りないので、最近はよほど好きなものでないとDVDで観る気はおきなくなっています。

 プロジェクターは、4年前に買った、液晶のシネザ。当時としてはかなり画期的な製品で、投影タイプのホームシアターブームに関し、先駆けとなったと言えます。もちろん、一部のマニアの間では、それ以前から高価な三管式プロジェクターによる方法も行われていましたが、固定の設置スペースと数百万円の予算が必要でした。

 さて、このシネザ、十分満足していたのですが、最近、性能が上がり値段も下がって来た新しいプロジェクターにもいくぶん関心が出てきました。慣れるとシネザでも、体感的には劇場で観ているのと大差なくなりますが、それでもよくみると液晶のドットは、特に字幕や明るい部分では浮いて見えます。
 それと、液晶パネルは800x600なので、ハイビジョンのワイド表示のときは、800x450となってしまいます。最近のホームシアターの入門モデルは、たいてい1280x720の液晶パネルを使っています。シネザ購入当時は60万くらいださないとこの解像度は得られなかったものです。画素数はワイド時で2.56倍にもなりますから、このスペックはとても魅力的です。
 数少ない趣味の一つだし、いずれは、という思いはつねづねありました。もっとも、いっそハイビジョンフルスペック(1920×1080)まで待つか、ということも考えてはいたのですが…。

 さて、具体的には、PanasonicのTH-AE900に興味を引かれました。このシリーズは、シネザ購入の頃に初代機のTH-AE100がすでに存在していましたが、当時はNTSCのみで、ハイビジョンやVGA超のパソコンには未対応でした。
 それが、その後ハイビジョンワイドパネルを搭載するようになり、着実に進化を遂げて来たのです。

 早速、ネットで調べてみると、最安値は16万弱。軍行橋のミドリで画質を見ると、やはり非常にきめ細かくて、美しいのがわかりました。ドットも目立ちません。価格は、20万くらい。
 20万では価格交渉するのもしんどいし、まあまだ時機尚早だな、と思いましたが、妻は予想以上に引きつけられた様子でしたし、私も内心、この数年での進化に驚いていました。

 多少未練がましくプロジェクターコーナーをうろついていたのですが、ふと見ると、TH-AE900を投影しているスクリーンの下に、前のモデルのTH-AE700の展示品が、94,800円という値札をつけています。このモデル、1年前に出たもので、実は最新のTH-AE900と比べ、それほど遜色があるわけではない製品です。実際、液晶パネルが新しくなったりしていますが、マイナーチェンジ程度というのが市場の評価で、ネットでも最安値でまだ13万5千円程度をつけていて、新モデルが出て生産終了になったにしては値崩れしていません。通常の家電店では、20万前後で売られています(1/6時点で、ネット平均価格:181,248円、最安値:132,300円)。

 とはいえ、展示品は展示品、プロジェクターの最大の消耗品であるランプユニットが酷使にすっかりくたびれているはずです。それを考えれば、ちょっと手を出す気がしません。だいたいランプユニットは高額ですが、この製品についても26,250円というのが定価です。
 ただ、『展示品』ではなく『現品限り』と書いてあったので、もしや展示品ではないのでは、とダメ元で確認してみると、やはり展示品。ただし、意外や意外、新品の交換用ランプユニットをタダでつけてくれるというのです(後で見たら交換フィルターもついていました)。おお、そうなると、安い、と思わず唸ると、店員さんも、もうむちゃくちゃお買い得です、とすかさず返して来ました。
 なんで『交換ランプつき』と表示しないのか不思議ですが(笑)、妻と相談してほぼ即決で買うことにしました。

 画質については期待以上、もうほんとに映画館に比べてほとんど遜色なし、と本気で言えるレベル、とだけ、ここでは書いておきますが、それ以上にラッキーなことが後でわかりました。
 実は、このランプユニットの寿命は3000時間で、店員さんは、「まあ内蔵しているものは、おまけ程度で、寿命はないと思って下さい」といっていたのですが、実際にメニューで調べてみると、まだ1000時間しか使っていなかったのです。ということは、残り2000時間。それに、まるまる新品のランプが1個。これって、新品買うより得じゃないですか。初期不良の心配もないのだし。
 そう言えば、もともと4台も5台も一斉に展示して表示させるようなプロジェクターコーナーはなかったような気がします。比較的最近、2~3ヵ月前から展示し始めたところだったのかもしれません。

 ということで、年末年始は、例年以上に充実したホームシアターライフとなりました。ああ~、ひさしぶりに満たされた狩りをした気分。

 ちなみに、まだまだ現役のシネザは、うちにくるたびに「いいな、いいな、プロジェクター。いつかほしい、絶対ほしい」とつねづねおっしゃっていた、某Kさんに無料で進呈しました。これだけ正直にいつもほしがられていたら、他に回すことなんかできませんからね(笑)。




コメント



某Kことkaierです(笑。 (kaier)
2006-01-06 22:36:10

仕事始めからどたばたの某Kことカイエです。

いやぁ、マジで嬉しいです(嬉。
まだ接続していないのですが、すでにスクリーン投影場所は確保、プロジェクタを置く場所も確保、最初に見るのは「ULTRAMAN」に決定済み、そして明日の土曜日の夜に鑑賞会の予定でございます。

うへへへへ、夢にまで見た(わりとマジに)プロジェクタで映画鑑賞♪

惜しむらくは、カイエの家のオーディオは非常にショボショボでして、一応でっかいスピーカーなどもあるのですが、リビングに置くことが出来ないでいることです。
とかいいつつ、もしかすると鑑賞時のみさっくり接続!となりかねない勢いで、夫婦共々映画づいてます(笑。
心より感謝。ありがとうございました♪

ところで、にゃごにゃさんとこでなんどか見せてもらって、頂いたプロジェクタの画質にはけっこう驚いていたのですが、素人目にパッと見てパッとわかるくらいの差のあるものなんでしょうか>新しいプロジェクタ
もちろん、カイエ宅の環境では今のスペックでも勿体ないんじゃないかという話なのですが、そうまで聞くとどんな者なのか経験したくなってきますね(笑。
近日、無理矢理押し変えてもいすか?(笑。

ところで、父がプロジェクタの譲渡を目にしたときの表情は忘れられません。
あんなにうらやましそうな顔が出来るもんなんですね人間って(笑。
「なんで俺んとこじゃないんだよ!」とか言い出しそうで怖かった………でっかいテレビ持ってるからかわいそうとは思わないけど、ちょびっと罪悪感(笑。

さぁて、これから何を見ようかな♪



初観賞 (にゃごにゃ)
2006-01-08 11:29:45

>> 最初に見るのは「ULTRAMAN」に決定済み、
>> そして明日の土曜日の夜に鑑賞会の予定でございます。
初観賞の御感想はいかがでしたか。

>> 素人目にパッと見てパッとわかるくらいの差のあるものなんでしょうか>新しいプロジェクタ
画質のどの程度敏感かにもよりますが、少なくとも画素の格子は、80インチ以上なら一目瞭然で違います。逆に、60インチ以下なら、あまり変わらないかもしれないですね。
実際に2台並べて投影してみましたが、明るさも思ったほど違いません。
その意味では、やはりシネザは大したものだと思いました。
ま、どちらにしても観に来てくださいませ。

それにしても、ご尊父、そんなに羨ましそうでしたか?気づきませんでした(笑)。37インチの亀山液晶があって、スクリーンの設置場所もないのに、そうなんですか?

ともあれ、楽しんでください(^^)。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/494-5c7e79d3