にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 私のブログを見て、「ああ、この人は韓国が嫌いなのか」と思う人がいるかもしれない。確かに、かの国に関して否定的なコメントが多いことは認める。が、決して韓国という国に対して、偏見や差別意識、明白な嫌悪感を抱いているわけではない。そうではなく、彼らの言動が、どう客観的に見ても嫌悪すべきものであるので、それを控えめに書いているだけだ。

 この点については、同様のスタンスの記事を書くことのあるブログ仲間たちもまったく同じで、みんなとても冷静かつ客観性を持って、かつかの国の言語道断の言動を見過ごしにはできない人達だ。
 私自身は、むしろ旅行を機会に韓国に興味を持ち、好きになった時期もある。韓国語を習い始めたりもした。しかし、そんな気持ちはその後のかの国の言動を見て、霧消した。韓流ブームの少し前のことである。

 韓国を悪く言っている、というだけで思考停止して記事を読もうとしない日本人のために、ひとつ、参考になるブログを紹介したい。これは、日刊スポーツの電子版の中にある、「世界一小さい新聞」というブログで、私のブログなどと違って、マスコミの記者の書いているものだ。

 ちょうど、韓国に関する連載というか、一連の記事が終わったところだが、その第一回『韓国疾患「火病」って何だ?』をところどころ引用してみる。


    そもそも日章旗を焼くことは、日本への侮辱行為である。
    にもかかわらずそれを続ける神経って何なのだ?


    人対人の関係に置き換えればよく理解できるだろう。
    腹立ちまぎれに、他人の私の写真を燃やしておいて、
    その後、自分の親戚一族を引き連れて、
    堂堂と私の家にやってくる人を、
    厚かましくない人、ずうずうしくない人と呼べる人はいるか。

    社会性から見て、こうした韓国人は、
    もはや社会性のまったく持ち合わせない野蛮な人間であると、
    はっきり言っておいた方がよいだろう。




    小泉首相が、G7の首脳に、
    韓国も仲間入りさせては、と提案したことがあったが、
    各国の首脳たちは即座に「ジョークかい?」と答えたそうだ。
    韓国人の韓国外での評判の悪さは、もはや常識である。




    なぜあんなに興奮するのか。
    なぜあんなに激怒して自分を、
    コントロールできないのか




    なぜなら、私たちは、知らないうちに、
    韓国人との付き合いを拒絶できない状況に置かれてしまっているからだ。
    コミュニケーションを打ち砕く彼らの態度をきちんと理解しておかないと、
    私たちの国益をそこなうことにもつながる。




    在英のときに、私の大学にも韓国人の学者や学生がいた。
    友人のイギリス人講師は彼らとは付き合いたくないと言っていた。

       「マサユキ、あいつらは、ウルサイ、ウルサイ、ウルサイんだ!
       もう一日、文句ばっか言っている! うんざりだ。
       だから、できるだけ近づかないようにしているんだ」

    これに対して私は、

       「イギリスはいいよなあ。離れているからさ~。
       なんたって日本は近いのよ。対馬へだてて、
       へたすりゃ、泳いで来るんだ」

    と答えた。



 今、ブログなどで韓国の言動に対して憤りを感じている人達は、かつての在日や朝鮮人に対する差別などという、卑しい行為とはまったく別の次元の、対等な人間・隣人としての感想を述べているに過ぎない。それをも被害者意識でひたすら圧殺しようとしているその姿勢、それを助長する一部言論人やマスコミに対して怒りを感じるものなのである。


『世界一小さな新聞』
韓国疾患「火病」って何だ?

韓国病「火病」の正体

嫌日でストレス解消か!?

韓国人ヌン自己中ニダ!

火病の国と上手に付き合う法

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/473-e5e8c415

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。