にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日書いたように、四国には本当に感動したのですが、反面、期待外れだったのが瀬戸大橋。岡山と香川をつなぐ、3ルートあるうちのまんなかのやつです。


 なんというか、もっと雄大と言うか、すごいというか、なんかそんなのを期待していたんですが、単なる大くて長い橋、という感じでした。以前社員旅行で松山に行ったとき、電車で通ったんですが、上の車道に塞がれていて視界がよくなくて、いつか車で走りたい、と思っていて、夢にまで見たことがあります。ですけど、少なくとも走る分にはインパクトが少なくて、むしろ阪神高速の湾岸線などの斜張橋なんかのほうが、走っててすごいなあ、と思います。

 その点、明石海峡大橋はさすがというか、今のところ「世界一」とつくだけのことはあるように思いました。あと、あそこはあれだけ神戸方面の街並みがよく見えるのだから、夜景はすばらしいんでしょうね。

 瀬戸大橋は、むしろ山の上から遠景で見渡す方がずっと雄大なのかも知れません。富士山も登る分にはべつに雄大でもなんでもないですもんね。
 もちろん、橋である以上、安全快適に渡ることが出来ればそれでいいといえばいいんですけどね。

 それから、明石海峡大橋の淡路島側、「ハイウェイオアシス」はすごかったです。景色がいいのと広いのと、あとレストランもよかった。あそこは広大なサービスエリアが、3ヵ所別々にあって往来できるようになっているので、待ち合わせのときはくれぐれも「淡路サービスエリアの駐車場で」などとアバウトな約束をしないことが大切です。「ハイウェイオアシスのレストラン、ポンテメールの正面入口付近」くらいまで絞らないと、ランデブーはおぼつきません。ご注意を。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/469-0417c708

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。