にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 米国産牛肉の輸入再開について、あちこちで盛んに取り上げられていますね。食べなければ生きていけない以上、食の安全に関する問題に関心を寄せるのは当然といえば当然ですが、そうした関心は悪いことではないと思います。

 受け入れるかどうかについては、見事に、と表現していいくらい、まっぷたつに意見が割れています。私個人としては、もともと肉はあまり食べないようにしているので、わざわざリスキーな肉を選ぶ必要はないと思ってます。ヒステリックに拒絶する気もないですが。歓迎派の人は、それはそれでいいですが、もし将来ヤコブ病なんかにかかっても、国が悪いとか売ったやつが悪いとか、人のせいにはしないようにしましょうね。他に選択の余地がないわけではないのですから。
 いちばんいいのは、日本人の体質に合わない(例えば肉食するには日本人は腸が長すぎる)肉を今みたいに大量に食う習慣を改めることだと、私自身は思っています。肉が好きな人には辛いかも知れませんが、それに代るよい食べ物もたくさんありますよ。

 さて、それに関連する記事で、輸入再開そのものよりもはるかに仰天するような事実を今朝、知りました。松屋は、牛めしに中国産牛肉を使っているんですね。これはほんと、心底たまげました。
 『松屋の牛めしは安全な牛肉を使用しているのですか?』の質問に、平然と『松屋では中国産の安全でおいしい牛肉を使用しています。ご安心してお召し上がりください。』と書いてますよね。すごい神経です。
 これ、知ってる人には常識なんですか。私の生活圏には幸い、松屋はないので食べたこともないですが。

 牛は大量の穀物や牧草などを食べて大きくなりますから、もしそれらに危険な物質が含まれていれば、それを強力に圧縮して肉に蓄積している可能性が大ですよね。そして、それが中国産となると…。

 松屋はもっとおもしろいことを言ってます。キムチの寄生虫騒ぎのとき、「このたび、韓国の製造業者が製造したキムチについて16社の商品から寄生虫卵が検出されたとの報道がありましたが、弊社では韓国産のキムチは使用しておりません。弊社では中国産及び国産のキムチ製品を使用しております。中国産キムチは当社の指定工場で当社の直接指導による厳重な品質管理体制のもとで製造されています。また、国産キムチは当社の自社工場で製造されています。」(平成17年11月10日発表)だそうです。
 ちょっと待ってよ、そもそも中国産キムチで大量に寄生虫が発見されて、それが飛び火して調べてみたら韓国産のキムチの一部にも寄生虫が見つかった、という話だったでしょうに。

 まあ、ここまでしゃあしゃあと言われると、素直な人(笑)は安心して食べられるのかも知れませんが、しかしこういう企業があると、外食産業全体にひどいダメージですね。
 水道の水に微量の有害な物質が含まれていることがわかったから、代りに近くのどぶ川でくんで来た、「安全でおいしい水」を使用しています、といってるようなもんではないですか?

 しかも松屋は、米国産牛肉の入手が可能になったら、これも使うと言っています。吉野家みたいに首尾一貫、「米国産牛肉・命」で、耐えがたきを耐えて輸入再開を待っていた、というのなら同情の余地はありますが、松屋には基本的には消費者の立場からの視点というのはなさそうです。

 こうも食品安全の話題がひきもきらないと、もうたまりませんよね。
 日本ほど豊富な種類の食べ物が食べられる国というのはないのではないかと思いますが、間口を拡げるばかりでなく、ローカルな食品を旬のときにおいしくいただく、という形で、食の範囲を厳選していってもいい時期に来ているのではないかと思います。
 そうすれば、もっと病気も減るはずです。



コメント



きっつぅ (社会の底辺)
2005-12-13 13:59:12

松屋には行ったことがないです。
吉野家も一月からプリオン丼が販売されるそうで。
だいたい、内蔵や脊椎に滞留するものが脂肪に含まれないわけないですよね。
キムチは元々好きじゃないのでよいのですがね。
アメリカからの食物で有名な話しとしては、アメリカから入ってくる果物には日本では有毒性から禁止されている薬品が洗剤で洗っても落ちないほど塗られているそうで。



根拠 (にゃごにゃ)
2005-12-13 15:49:02

>> だいたい、内蔵や脊椎に滞留するものが脂肪に含まれないわけないですよね。
個人的にはそう思うんですけどねえ。
仮にそうでないとしても、アメリカでは危険部位の除去はかなりいい加減にやっている、とも言われてますね。

学術的には安全とか何とかいう意見もありますが、その学術的、というのも今の時点での判明事項にすぎないわけで…。ケータイの電磁波と同じで。
根拠にならないことを根拠にしているようにしか思えないんですよね。

>> アメリカからの食物で有名な話しとしては、アメリカから入ってくる果物には日本では有毒性から禁止されている薬品が洗剤で洗っても落ちないほど塗られているそうで。

最近のはどうか知りませんが、サンキストレモンが苦いのもそのせいだそうですね。
皮ごとかじるなんて、輸入果物に関しては自殺行為かも。



買ってはいけない (R)
2005-12-13 17:43:32

食物は大事ですね。
にゃごにゃさんのおかげで色々考える機会が持てました。

話は変わりますが、薬学を勉強している友達が、『とうもろこしはなるべく食べちゃいけない』と言ってました。
生食・缶詰問わずだそうです。
発癌性物質が多量に含まれているそうです。

食べてはいけない製品について書いてある本(名前忘れてしまいました)を立ち読みしていたら、何を食べたら良いのかわからなくなってきました。
容量の少ない私の頭では覚えきれません(笑)
魚も安心していられないよいです。



松屋 (おかやま)
2005-12-13 20:21:37

しょっちゅう行きますorz
もし俺が死んだら、にゃごにゃさんには大々的な反中食材キャンペーンをお願いします……がく。



何を食べれば (にゃごにゃ)
2005-12-13 21:58:46

Rさん

とうもろこし、だめなんですか!?好きなのに…。
でもそんなに食べてないか。

魚は、悪いものを凝縮してしまうらしいですね。

かすみでも食って生きますか…。



サバイバル (にゃごにゃ)
2005-12-13 22:00:29

おかやまさん

なんか、すごい。中国食品もアメリカ牛肉もものともせずに生きていく生命力。宇宙に出てもジャミラになって生き延びそうですね。

30年後に生き残っているのは、おかやまさんでしょう。

スポンサーサイト

コメント

じゃ外食出来ないね

こんな事を言うと申し訳ないですが…そんな事を言ったら外食は無理だよねw
どこの差し金か知らないけど松屋だけ叩きすぎだよ!
やってることはどこの外食産業も同じ! またまた食った屋台ラーメンだってもしかしたら…って話だよw
人の不安をあおるのわよくない!
松屋がいかに危険なのかをもっと詳しく 書くべきだ!
本当に危険なのだと 信号を出しているなら行動すべき!
工場見学もやりなさいな!
あまりにも信憑性に欠けますよ!

ちゃんと記事読みました?

長い間放置状態になっていて申し訳ありませんでした。

ところで、
>> どこの差し金か知らないけど松屋だけ叩きすぎだよ!
なんて言われてますが、事実をねじ曲げたりでっちあげたりしているわけではなく、松屋が言ってることを引用してるだけですよ。
『松屋では中国産の安全でおいしい牛肉を使用しています。ご安心してお召し上がりください。』
というコメントに、のけぞらない人には、何を言っても通じないと思いますが。

別に私だけが中国毒食に警鐘を鳴らしているわけではありません。
ま、この記事でも読んで考え直して見てください。

【毒食大陸中国】検疫官が衝撃発言「中国産は絶対食べない」 検査回避ルートも存在

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130612/frn1306121134001-n1.htm(2013年6月の記事)

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/443-c7696872

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。