にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 インターン生のジョーダン君の今朝の英語スピーチ、地球物理学の話でした。

 時事英語で鳥インフルエンザのニュースを聞いた時もそうでしたが、そこそこ英語ができても、専門用語や学術用語が羅列されると、けっこうちんぷんかんぷんで聞き取れなくなることがあります。しかし、考えようによっては、そうしたトピックはボキャブラリ拡大の絶好のチャンスです。私もその鳥インフルエンザのニュースを聞き取れるまでがんばったところ、以後、他の鳥インフルエンザがらみのニュースも、どれも普通のニュースと同じように苦労せずに聞き取れるようになりました。

 ところで、そのジョーダン君のスピーチで、Northern Lightsというのが出てきました。北の?ライト?
 文脈から言って、Northernは北極のことと思われますが、ではそのLightsとは何か。

 英和を引くと、ちゃんとnorthern lightsという語が載っていて、北極光とあります。でも、「北極光」ってなに?みなさんはわかりますか?

 私はわからないので、国語辞典を引いてみました。ところが、載ってない。ありゃりゃ。gooのオンライン辞書はあまりクオリティが高くないので、手元の電子辞書の「広辞苑」で引いてみますが、ここにも載ってません。
 しょうがないからネットで検索してみたところ、やっとわかりました。なんのことはない、オーロラでした。

 不思議なことに、私の日本語入力に使っているLinuxのCannaの辞書には、ちゃんと標準で北極光という単語が登録されています。また、私のマシンのVmwareにインストールされているAtokでは、登録されていません。妙にオタクなCanna?

 英語スピーチの主旨は、地球の地磁気の磁極が北米からシベリア方向に移動し始めていて、このままのスピードで移動すると、50年後にはアラスカでオーロラが見られなくなる、ということでした。
 木曜日に科学者が発表したそうです。
 なんかわれわれの生活に影響あるんでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/442-84d50e7d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。