にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者だと判明して、日本人拉致問題は大きく動き始めましたが、北朝鮮はともかく、韓国がこれに対してどう動くか、非常にみものです。

 日本でも時々は伝わって来ましたが、この記事(韓国政府は確認求めても門前払い)によると、韓国政府の拉致被害者に対する対応の冷たさは半端ではないようです。いい加減、および腰だった日本政府と比較しても、ちょっと信じられないような状況のようです。
 まあさすがに、朝日新聞のように、決定的事実が突き付けられるまで徹底して拉致事件などなかったと主張してきたような狂った報道はなかったでしょうが。

 これは一つには、韓国国民の無関心というか、自己中心があるように思います。拉致問題云々より、北朝鮮との関係改善によって、なにか都合のいいことが起こらないか、という、根拠のない楽観ムードが支配的のようです。拉致被害者がどれだけ困っていても、自分達には関係ない、少数派だ、見捨てよう、切捨てよう、という感じですね。少なくとも、国も国民も、北朝鮮というテロ国家と隣り合う国として、まともな神経でないことだけは確かです。
 このあたり、北朝鮮はいいように利用していますね。

 同様に、韓国在住の脱北者に対する国民の無関心と冷たさは恐ろしいほどです。だれも耳を傾けないだけならともかく、北朝鮮を悪くいうと関係改善に悪影響がある、と市民団体が激しい圧力をかけます。訪韓した北朝鮮の代表に対する抗議行動も、なんと警官隊により封殺され、歓迎の団体だけが声を張り上げる異様な光景となるのです。かの国に言論の自由などないということがはっきりわかります。

 韓国政府がまともな行動を取って拉致問題が進展すればこれに越したことはないし、それを願って止みません。もう、拉致被害者たちも、その家族たち、支援者たちも、この苦しみから解放されなければなりません。一刻も早く。
 ですが、今の韓国にそれができるのか。被害当事国でありながら、消極的な行動を取ったり、あるいは逆に妨害するような行為を行えば、日本政府はこれ幸いと全世界に向けて非難声明を出せばいいんです。まだまだ世界中の国が韓国をどれだけ異様な国だと思っているか、政府も国民も認識できていないようですから、いいチャンスです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/420-c32899d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。