にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 SURVIVE STYLE5+を観た余勢を駆って、「下妻物語」を観ました。
 正直、映画紹介やスチールを観ても、どうにも食指が動かなかったのですが、「茶の味」、「SURVIVE STYLE5+」と続いたヒットに『もう一発!』という飢餓感が高まっていたのに加え、あまりにしつこくWOWOWで放映するものだから、んじゃあまあ、観てやっか、というノリだったのです。


 しかし、予想に反してこれまた当たり!、録画してあとで観ようと思っていたのに、妻といっしょにそのまま一気観してしまいました。イメージしてたのと全然違うデキ、わはは、おもしろすぎる!

 さしあたって多くは語りませんが、土屋アンナがここまですごいとは、仰天モノです。だいたい、ヤンキーを演ずるにしたって、女だてらにつばをペッと吐く様が、あんなに決まる女優がいるでしょうか。いや、本物のヤンキーだって、無理でしょう。

 ただし、尼崎の人は観ない方がいいかも(笑)。あんなのを真に受ける関東人も多いようなので、困ったものですが(笑)。

 それにしても、ここにきてこれらの日本映画のノリのよさと完成度の高さは何なんでしょうね。
 以前も「119」のような佳作はありましたが、こう立て続けに出てくると、いったい映画界で何が起こっているんだろう、とマジで興味が湧いて来ます。

 私の個人的評価としては、『茶の味』>『SURVIVE STYLE5+』>『下妻物語』ですが、3本ともクオリティが高く、かなりハイレベルな争いです。
 この3本を「テイスティーな日本映画デラックス3本立て」にしつらえたいのですが、私なら、「下妻物語」「茶の味」「SURVIVE STYLE5+」の順に上映すると思います。もっとも評価の高い「茶の味」がしんがりでないのは、いくらできが上だといっても、SURVIVE STYLE5+のあとにもってくるとすれば、相当強烈なテイストを持ったものでないと、弱々しく感じてしまうであろうと予測されるからです。寝てしまうかも(笑)。

 そういう企画はないのかなあ。うちではいつかほんとにまとめて上映会をしたいと思ってます。



コメント



下妻って (kaier)
2005-11-15 01:35:35

たしか下妻物語って、ゴスロリブームの原因とか言われてるやつでしたっけ。
日本人のゴスってちょっと微妙とか思いつつ、少し興味があります。

ところで近々にゃごにゃさんとこに突撃したいのですが、ガキ抜きがいいのです、どうしたらいいでしょうか(笑。



ゴスロリブーム? (にゃごにゃ)
2005-11-15 08:59:16

ってなに?ロココ・ロリコン服のこと?

>> ところで近々にゃごにゃさんとこに突撃したいのですが、ガキ抜きがいいのです、どうしたらいいでしょうか(笑。

1.奥様の好みに合うかどうかの下見と称して奥様に頼み、単身で来る(できればいっしょに来てほしいが…)。
2.近くの実家に放置して来る。
3.黙って一人で抜け出す(あとの責任は持ちません)。
4.いっしょに連れて来て洗面所に閉じ込める。

1本だけなら、往復時間合わせても3時間。さあ、どうする!?



下妻 (らく)
2005-11-15 18:23:52

下妻物語。私もかなり笑いました
「目からなに出した!」とか爆笑です。

ゴスロリは
ゴシックロリータですね



爆 (にゃごにゃ)
2005-11-15 18:49:55

>> 「目からなに出した!」とか爆笑です。
イチゴは、階段に座ってて社長が下りて来たら睨みつけて、桃子が倒れたら今度は血相変えて駆けつけるところがむちゃくちゃ笑えましたね。

>> ゴスロリは
>> ゴシックロリータですね
あ、なるほど。ゴシロリじゃないんですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/407-8d043caa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。