にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨日は、終日客先の西神中央だったので、近くに住んでいる同僚と二人、車で猪名川町から通勤した。
 だいたい、地道ででも1時間20分くらいでいく(電車だと2時間20分くらいかかる)ので、それでもいいのだが、土地勘をつけるため、毎回、できるだけ違うルートを使うようにしていて、高速を使うこともある。
 前は、阪神高速北神戸線を利用したことがあるが、昨日の往路は、三田の六甲北有料道路から、山陽自動車道の神戸北に入り、三木東で出るルートをとった。時間はさすがに高速利用だけあって、1時間5分くらいだった。

 ところで、通行料は事前に調べてあり、六甲北有料道路が100円、山陽自動車道の上記区間が450円である(いずれも軽自動車)。
 ところが、山陽自動車道の方は、料金所を出るときに、『250円、利用しました』と音声ガイドが出た。えっ、何で?と同僚と顔を見合わせた。無論、安いのだから文句を言う筋合ではない。というか、阪神高速の北神戸線が500円のところ、合わせて350円なら、こちらの方が安いことになる。

 それで、調べてみると、今年の1月から、ETCに通勤割引というのができていることがわかった。これは、


  • ETCで走行
  • 0600~0900または1700~1800の間に入口または出口(いずれも料金所)を通過
  • 総走行距離100km以内

という条件を満たせば、なんと5割引きになるという制度である。
 東京・大阪近郊の大都市近郊区間は割引対象外だということだが、このあたりまでくるとどうやら対象外の外らしい(笑)。

 それにしても、なんとまあ、太っ腹な。
 何度か同乗してETCの便利さ、気分よさを体験し、興味津津の同僚O君は、ますますETCがほしくなったようだ。『ETCをつけると必要ないのに利用する』、と奥さまは反対らしいが、こうした割引制度を盾に、なんとか突破したい考えのようだ。

 こなれてきた端末価格や、そろそろ打ち切りになりそうなキャンペーン割引などで、なんとなくいいタイミングだと去年10月につけたETCだが、なんかつけてよかったなあ、ということが多くて、これまでのところとても満足、少なくともつけて損した、という気分になったことは一度もないのである。
(提供:日本道路公団…うそ)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/295-79c8ca31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。