にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 あなたがあるプロ野球チームの大ファンだとして、そのチームが宿敵との対戦を控えていたとします。
 もし、あなたが、家族や同僚に、「敵何するものぞ、三タテ間違いなし」と公言したとすると、まず間違いなく、三連戦の結果は悲惨なものとなるでしょう。

 ことほどさように、勝利の女神は、傲慢がお嫌いです。もし、上記の言動をとっても、そうした反動が現れないようなら、あなたはすでに勝利の女神の目にもかけられない存在になっているので、安心して暴言を吐くことができます。

 ファンですらこうですから、当事者の言動にはとても峻厳なのです。
 たとえば、投手陣の奮起で成績を伸ばし、かなりの確率で優勝が見えていた1992年の阪神。ロードに出かける前、中村監督は、「大きなおみやげを持って帰りたい」と口にしてしまいます。私はこれはやばい、と思いました。
 結果は、いきなりの七連敗、一応、最後まで(正確には最後の2試合前まで)ヤクルトと優勝を争いはしましたが、3位という不本意な成績でシーズンを終え、ファンはその後、実に11年、待たされることになります。

 その点、星野仙一監督はさすがというか、けっして大言壮語はしませんでした。むしろ、臆病といっていいくらいでした。勝負師はこれくらいでちょうどいいのです。勝利の女神が見ているのですから。
 そういう意味では、現在の岡田監督は、失言が多すぎる。去年前半、後半、そして今年の初頭と、だんだんトーンダウンしてきてはいますが、まだまだうかつです。人生を勝負の世界において来たわりには、ものごとがみえてないな、と思います。


 さて、その厳しい勝利の女神の正真正銘の厳しさを、久々に目にしました。中日です。
 セパ交流戦折り返しの最後の最後で当たった楽天。「どちらが12球団で一番弱いか」などといわれた三連戦でしたが、よもや中日が三タテを食らうとは、さすがにまともに予想した人はいなかったと思います。この結果、楽天5勝12敗(7つの負け越し)、中日4勝14敗(10の負け越し)となり、断トツで中日が最下位に沈むことになったのです。

 それにしても激しい転落。交流戦前は11の貯金をもち、二位の阪神とは5ゲーム差。それが、現在では貯金1の三位、首位の阪神とは2.5ゲーム差をつけられ、ひと月足らずで対阪神7.5ゲームも転げ落ちたことになります。これは15試合分です。
 しかし、私は、勝利の女神がおられる以上、これは当然の結果と見ています。その理由は、そう、思い出すのも腹立たしいあのウッズの暴行事件です。

 5月5日子供の日、多くのちびっこファンも集めたヤクルト-中日戦で、タイロン・ウッズは内角攻めに腹を立てて、観衆の面前で藤井投手の顔面を殴打します。藤井投手はむちうち等で全治十日と診断されました。
 落合監督はしかし、「こういうこともある」「投手の態度も悪い」とウッズ擁護の発言、顰蹙を買います。球団からの罰はないまま、セ・リーグは出場停止10試合に制裁金50万。ウッズに反省の色はなく、「私は金持ち。50万ははした金」と言い放っています。
 公共の場所(本来グランドもそうですが)でやれば明らかな傷害事件。なのにあまりに甘い対応。きれいごとだけではすまない世の中とはいえ、プロスポーツの存在意義から言えば、考えられない顛末でした。

 このことを勝利の女神が見逃すはずはありません。しかし、今年の中日は非常に強くて隙がないし、実際に暴行事件の試合も勝っています。なんのかんのいっても力が勝敗を決する世界なので、そんなにすぐにはどうこうならないだろう、そう私は半ばあきらめていました。
 しかし、しかし、現実は違っていたのです。掲示板を見て、擁護する姿勢は多くの中日ファンにも存在することを知り、いっそう失望した私でしたが、勝利の女神はそうしたファンともども、け落とすことにされたようです。あれよあれよと言う間のていたらく。

 それにしても、あの山本昌も、朝倉も、川上までも、ことごとく打ち砕かれていく。リーグ戦での姿とのあまりの違いに仰天します。そこには、力学以外の何かが働いているとしか見えません。


 さて、中日の貯金もわずか1。そしてちょうど、交流戦も折り返し。そろそろ温情をかけるのか、それともまだまだ甘いと天罰が続くのか。「再浮上するには一番いい負け方」などと落合監督が言っているようでは、後者の目の方が、大きいかも。



コメント



勝負とは違うけれど (kaier)
2005-05-27 17:56:40

仕事でいい結果が出たときに、それを「自分の実力」だと考えたとたんに必ず仕事でトラブルが発生する、という法則があります。
本当に沢山の人たちに助けがないと動かない仕事ですので、やはりいい結果が出たときにはまず「ありがとう」という感謝の気持ちを持つべきなのでしょう。

人間謙虚でないといけませんねぇ。サムライ映画とか見ていても、権力を振りかざしている奴より、謙虚な奴の方がずっとカッコイイですしね(笑。



グサッ (にゃごにゃ)
2005-05-27 21:44:07

>> 仕事でいい結果が出たときに、それを「自分の実力」だと考えたとたんに必ず仕事でトラブルが発生する、という法則があります。

う、にゃごにゃのことかな。月刊誌で書いた…。

>> 権力を振りかざしている奴より、謙虚な奴の方がずっとカッコイイですしね。

ほんまに、権力や権威をかさにきるのには、ほんとに嫌悪感をいだきます。まあ、世の中因果応報ですが…。



う~ん (おかやま)
2005-06-03 16:05:45

久々に読みましたが、シビれるコラムですねぇ。
文章の運び、テンポ、言うまでもなく内容にいたるまでまるで隙無し。

交流戦前の中日のようなコラムですわ(笑



お、畏れ多いことです(汗) (にゃごにゃ)
2005-06-03 17:14:53

おかやまさん、おひさしぶりです。
超多忙のジョブ、ほんとにお疲れ様でした。

いやあ、よく考えたら、ブログ再開すると、またプロ中のプロのおかやまさんに読まれることになるんでした。冷汗です。

ともあれ、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/283-1245afd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。