にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 牛丼店から牛丼が姿を消して、どのくらいになるだろうか。各チェーン店とも対策として工夫を凝らしたメニューを開発しているようだが、吉野家が大幅な収益ダウンに陥っているように、なかなか苦しいようである。

 私は、肉そのものをそれほど食べない方なので、あまり牛丼は食べないが、それでもたまに立ち寄ることがある。安いということのほか、早くてそこそこうまく、腹持ちがいいので急ぎのときには重宝するのである。
 数ある牛丼店の中でも、一番のお気に入りは「なか卯」である。ここと吉野家以外は、生活圏に店そのものがほとんどないのでほとんど知らないが、少なくとも吉野家と比較したとき、なか卯の方がすぐれている点がいくつかある。
 まず、牛丼そのものについては、大差ないと思う。どちらかというと、吉野家の方がやや好きか、という感じ。でも大した違いはない。
 違うのが、つけもの。吉野家のつけものは90円だが、なか卯は60円である。それに、吉野家のものは塩辛く、あまり口に合わないが、なか卯のつけものは辛すぎないのでサラダ感覚で食べることができる。
 それから、無料で食べられる生姜。味自体も吉野家のものはまずくて、なか卯のものの方がうんとうまいが、おまけに吉野家の生姜入れのつまみバサミは、非常に小さくてとりにくい。もちろん、たくさんとりにくいようにそうなっているのだろう。どのみちそんなにたくさんほしい味ではないが。その点、なか卯のものは、おおきめで一度にたっぷりとることができるものが備えられている。その味は、甘めのだしとよくあって、食欲をそそってくれる。
 かくして、私はなか卯の方のファンなのである。

 ところで、牛丼が出せなくなってから、メインの商品として各店が準備したのが、御存じのように豚丼である。
 私は他店のものは知らないが、なか卯の豚丼は食べている。しかし、その味は当初、ひどかった。
 値段が最初400円と、牛丼に比べてずいぶん高かったのはしかたない。だが、肉は厚すぎて堅めだし、だしはほぼ牛丼のままと思われたが、肉の厚いせいもあり、豚特有の匂いがまったく消せていない。雑食の豚の肉は臭いので、生姜焼などにするのである。
 正直、これはだめだな、と思った。とてもこの味で、牛丼のような売上げを期待することは無理だ、そう思った。

 しかし、その後数ヵ月して、再度頼んでみた。このときは330円まで値段が下がっていた。企業努力は大したものである。
 ところが、値段以上にインパクトがあったのは、その味である。初期の頃とは比較にならないくらいおいしくなっていたのだ。
 肉は牛丼の感覚に近い程度まで薄くスライスされ、豚臭さはほとんどない。そして、豚特有のマイルドなおいしさが、生かされているのである。正直いって、私個人としては牛丼よりうまいと思う。
 実際、肉が嫌いで、牛丼なんかみたくもない、という家内が、この豚丼なら食べられるというのである。

 牛丼待望論は相変わらず強いが、豚丼がおいしければ、栄養や健康面では牛よりすぐれている豚の方が、むしろいいくらいだ。関西には関東のような牛肉に対する憧れはない。これは、共同購入などで関西の消費者は、牛肉が非常に高価な時代から、関東の人たちよりはるかに安く牛肉を食べていたという歴史的背景があるかも知れないし、それ以外の要因もあるのかもしれない。しかし、牛肉信仰がないぶん、豚丼が正当に評価され、受け入れられる素地はあるように思う。

 そろそろアメリカ産牛肉の輸入再開がおこなわれそうな情勢であるが、私は個人的には、全頭検査がスジだと考えている。検査不要という根拠が、科学的に見てあまりにでたらめだからである。潜伏期間を過ぎた頃、アメリカで大量に発病する人たちが出る可能性も、決して低くないと思っている。
 したがって、アメリカ産牛肉による牛丼が復活しても、今の状況のままなら私は食べないでおこうと思っている。

 その意味でも、せっかく完成度の上がってきた豚丼なのであるから、ぜひ牛丼再開後もメニューとして続けてほしい。将来ふたたび今回のような事態が発生したときの保険になるし、うちの家内のように豚丼なら食べるという人だっているのだし、牛丼派だってたまに豚丼を食べて気分転換したいときもあるかも知れない。そうなると豚丼があることで結果的に牛丼の売上げが伸びる可能性があるのだ。

 多少値段が上がっても我慢するので、今回の試練を、災い転じて福となす機会として、おいしい豚丼をぜひ残してもらいたいものである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/27-3673bdc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。