にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 たしか、イコカ(ICOCA)やピタパ(Pitapa)などのICカード改札システムは、ずっと以前は『鞄から出さずに』通れるというウリだったように思うが、実際はそうはならず、財布や定期入れに入れたまま、改札にタッチすればOK、程度に留まっている。しかも、JRのICOCAと阪急など私鉄のPitapaの両方が財布に入っていると、エラーになるというのだから始末に悪い。

 また、阪急・能勢電の改札は、まだ一部がPitapa対応しているに留まっているので、このカードで通るときはその改札を通る必要がある。一方、Pitapa対応の改札は従来改札の上位互換なので、Pitapa以外の客はどちらでも通ることができる。
 ちょうどETCの逆で、わざわざ列の長い方に並ばないと使えない、といった状況が頻発している。
 従来の定期やスルッとKANSAIより分厚いし、スルッとKANSAIが大半の私鉄・市交通局対応なのに、Pitapaはまだ阪急・能勢電だけで不便だし、経済的だといわれる定期・一般利用自動切替えも月初め起点の上、回数券には負けるし、しばらくは乗り換える必要を感じない。

 ただし、Pitapa対応改札は、2枚投入が可能で、おかげで乗り越しのとき精算機に列を作らなくてすむようになり、こちらはとても便利。ただし、結果的にPitapa利用者はなおのこと、長い列の改札機に並ばなくてはならないようになっている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/269-54990cfe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。