にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 これだけはおそろしくて耐えられない、というものがたいていの人にはあると思います。よく聞くのが蛇。写真をみるのも怖いという人がけっこういますよね。
 私も好きではないですが、子供の頃、大きなシマヘビを首に巻いて遊んでいたくらいだから、そんなにおそろしくてたまらないということはないです。相手がハブやコブラなら別ですが。
 こういう子供は、(たぶん)それほど珍しくなくて、同僚の玉ちゃんも、子供の頃、蛇をムチにして、近所の子供と対決していたそうです。私はどちらかというと蛇にはおもいやりがありましたから、そんな残酷な仕打はしたことはありませんが。

 とはいえ、中学のとき、朝礼が終わってみんなが中庭を歩いて教室に向かっているとき、ものすごく立派なシマヘビがでてきて、生徒たちがパニックになったことがありました。すぐ私が出ていってつかまえて、あんまり立派なので職員室にいる理科の先生のところにいって、「標本にしましょう」といったことがあります。そうすると、先生たちが今度はパニックになって、「すぐ逃してやりなさい」といわれ、ちょっとがっかりした記憶があります。
 やっぱり私は、少しだけへんなやつです。

 で、昨夜、たまたまBSデジタルで「ドグマ」という破戒映画(笑)をやっていました。これは前にもみたんですが、あらためてみてみると、堕天使の二人はベン・アフレックとマット・デイモンなんですね。おもしろいけどB級、という印象でしたが、なかなかの大物を使ってたんですねえ。
 それで、その中で、糞の悪魔が出てくるんです。それはまあそれで耐え難い存在ですが、私はそいつが、水洗便所の便器が溢れて出てくるのを見て、ゾッとしました。
 そう、私にとっては水洗便所が溢れて逆流するというシチュエーションは、考えるのも恐ろしい場面なのです。ふだん別にそんなこと意識しているわけではないですが、昨日の映画を見て、そのことは認識せざるを得ませんでした。ううう~~、おそろしい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/264-64f35eab

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。