にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 よく書いているのだが、わが家では滅多に地上波を見ない。たまに見るのはBSデジタルかDVD、録画物もBSデジタルをDVHSにデジタル録画したものである。
 それに加えて、モニターはハイビジョン画質の液晶である。なんというか、高画質なデジタルがあたりまえになっている。別に自慢のつもりではまったくなく、それが現実である。

 その現実を再認識することが起きた。
 音声定額コースを発表したWILLCOMを取材した、PHSの逆襲というニュースを見たときだ。それが生であることはわかっているが、そのノイジーでアナログの絵をみたとき、どうしてもアナログのビデオデッキで録画した番組を見ているような感覚が抜けない。妻もまったく同じ感想を抱いていた。

 実際には、SVHSやED-βで録画しても今見ている画質よりずっと落ちることは、頭で理解できる。しかし、舌がグルメになれると基準がシフトしてしまうように、画質も意識しないうちにすっかり高画質シフトしてしまったようだ。地上波については、地上波デジタルが視聴できるようになるまではこの状態が続くのだろう。

 だからなんやねん、といわれても困るが、そんな体験をした、というメモだということで。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/239-76031419

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。