にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東京に日帰り出張、予定通り行ってきました。
 そして、おかやまさん推奨の、ヨドバシAkibaの光麺(こうめん)にも。

 まずヨドバシアキバの印象ですが、写真で見ていた通り、ヨドバシ梅田にそっくり。
 ただ、ヨドバシ梅田の巨大な軍艦のような重量感とか威圧感はなくて、ふつーの大きな百貨店、みたいな感じ。で、敷地面積を調べてみたら、アキバの方が5900平方メートルくらいというのはわかったんですが、ヨドバシ梅田がわかりません。しかたないので、同じ縮尺で地図を引っ張ってきて並べてみました。
 なるほど、梅田の店舗が大きいはずです。高さも、アキバは9階ですが、梅田は12階まであります。
 ただ、驚いたのは地下のフロア数。地下6階まであるんですね。これにはびっくり。
 これなら、少し手を加えれば、核シェルターにでもなりそうです。
 そのかわり、ここ数年よくある大雨で、地下に水が流れ込んで来たら、と思うと恐ろしい。でも良く考えてみたら、水攻めになって恐ろしいのは地下1階でも地下6階でもいっしょです。潜水具でももっていれば、地下6階だと水圧でやられてしまう、という心配も必要でしょうが。

 さて、正直、せっかく東京まで来たのだから、どんなにおいしくてもふつうのラーメンを食べるくらいなら二郎、という目論見もあるのですが、今回は光麺で正解でした。なぜなら、私の出張に、「東京の友達に会うからいっしょにいく」と家内が急にひっついてきたからです。彼女といっしょでは、二郎はムリ。

 平日で食事時も過ぎていましたが、2人、サラリーマンが待っていました。向かいの店ががらがらなのに比べると、やはり人気です。幸い、5分ほどで席が空き、しかも運良くテーブル席に座れました。
 で、おかやまさんのような素晴らしいレポートははなからできっこないので、単にとてもおいしかった、とだけ書いておきます。ただ、麺はおかやまさんが書いているほど物足りなくは感じず、よかったです。そりゃあまあ、二郎の麺と比べれば、というのはありますが。
 ちなみに、私はラーメン、家内はしょうゆラーメンでしたが、彼女も認めていたように、ラーメンの方がおいしかったです。それに、あえて「あっさり」とされるしょうゆラーメンにせずとも、ただのラーメンは少しも辛くもくどくもありません。

 なんせ仕事の出張なので、秋葉原の電気街はもとより、ヨドバシの店内すらろくに見ることはできませんでしたが、一つだけインパクトがあったのは、W-ZERO3のモックがあったこと。おお、やっぱりあるんだ。でも、スライドさせてキーボードを出せる構造にはなっていないので、なんか中途半端。開くことのできない折り畳みの電話端末のモックみたいなもんじゃないんですか、これって。
 質感も、実物よりは安っぽい。まあ最初の頃の紙箱のモックとも呼べない見本よりはましですが。

 ということで、雨の東京でのラーメンデートでした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/219-f8619f34

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。