にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Astatula, フロリダ(3/2)】--レーク群の夫婦が水道料金の請求書を開いたところ、それは6,000ドル近くの金額であった。
Astatulaにあるマイクとリンダホーガン夫妻の家の前を通れば、マイクが外で働いているところを見られる可能性は高い。先月のある日も彼はそうしていたところ、彼の家の芝の縁が、びしょびしょになっていることに気づいた。
「そして、水が霧のように舞い上がっていたんだ。それがすべての始まりだった。」マイクはそう説明する。

マイクの家の下の水道管は水漏れしていたので、水道工事の業者を呼んで修理した。彼は三週間後に通知書を手にするまでは、それで終わったと思っていた。水道局の請求書は5,869.55ドルとなっていた。ホーガン夫妻によると、普段の月は100ドル以下だという。

念のため水道メーターを確認したマイクは自分の目を疑った。
「こんなに上がっているのを見たことがありません」と彼は言う。

仕事と家事の合間を塗って、妻のリンダは水道局に何度か電話した。夫婦は、それだけの水がメーターを通った以上、責任はそちらにあり、支払い期限は3月14日だと言われた。

しかし、ホーガン家には、水曜日の午後、グッドニュースが伝えられた。水道局がチャンネル9(テレビ局)に伝えたところでは、彼らの水道メーターには誤作動があったという。水道局はメーターを修理し、請求額は、5,800ドルに修正された。


 いやあ、よかったですねえ、メーターの不備が分かって。69.55ドルも少なくなりました。69.55ドル!!69.55ドル…(T_T)。



コメント



Unknown (R)
2005-03-03 15:31:48

彼氏の家の電気代が高いのもメーターの誤作動だと思いたいです。。。(; ;)



超 (にゃごにゃ)
2005-03-03 15:36:37

2万円超はすごいですよねえ(^^;;)
京都議定書の関係で、一定使用量を超えると、極端に電気代が高くなるような法律ができたりして…。
どーする!?(って、おどかしてどうする!?)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/202-86ddefe8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。