にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 昨年のアメリカ出張の際に購入した電子手帳は、軽量コンパクトで、かつけっこう頑丈なので、いつも鞄の中に入れてあるのだが、先日、使おうと思って探してみたら見つからない。
 仕事の鞄と、普段の外出のときセカンドバッグで、ときどき入れ替えるので、どこかに転がっているのではないかと思って家の中を探してみるが、ない。実家に行ったときに見せた覚えがあるので、置き忘れていないか電話してみたが、やはりないとのこと。

 それで、よくよく考えてみると、心当たりがある。今月の初め頃、某所でのセミナーで、足元に置いてあった鞄をこかしてしまった。そのとき、デジカメか何かが鞄から床に転がったので、拾って戻したのだが、このとき、いっしょに電子手帳も転げ出してしまったのかもしれない。
 しかし、一応足元の周りは見たつもりだったし、そこそこのサイズのもので見落としたとも考えにくいし、と否定してみる。とはいえ、探しても見つからない事実は変わらない。

 既にセミナーから2週間近く経過しているし、仮りに落としたのが事実だとしても、ちょっときついな、と思いつつ、だめもとで会場に電話してみたところ、ある、とのこと。特徴やメーカーを確認のために聞かれたが、間違いない。なんとも間抜けなことに、鞄の中から落としていたのだ。

 それにしても、こうしたものがちゃんと出てくるところはさすがに日本、まだまだ捨てたものではない。こうした国民性は、失いたくないとつくづく思う。

 ま、それはともかく、そもそも私の鞄の中には、似たようなサイズ・形状の黒い小物が多過ぎるのだ。
 デジカメ、名刺入れ、小型双眼鏡(これ、重宝することが多い)、W-ZERO3、パーツ入れ、手帳、あと財布とか、パソコンのアダプタ、W-ZERO3のアダプタも入っていることがある。



 この写真では、今回落とした電子手帳と、アダプタ類は含まれていない。これだから、一つや二つ姿を消しても、なかなか気づかないというようなことになる。
 今回、電子手帳が出てきたのは幸運だったし、届けてくれた人には感謝しなければならない。反面、金銭的損失だけで済むものだからまだよかったが、財布はもちろん、カード類の入った名刺入れ、デジカメ、W-ZERO3などだと、落とすと大変だ。
 同じ失敗を繰り返す前に、ちょっと整理の仕方を考える必要がありそうである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/148-fddf9182

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。