にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 夫婦で車に乗る場合、いつも奥さんが運転する、という家庭もあるでしょう。うちの実家の両親の場合もそうです。
 一方、にゃごにゃのうちでは、原則として夫である私がハンドルを握ります。妻は、その方が楽だし、また、私が横に乗っていると運転するのに緊張するというので、そうしてほしがりますし、何より私にとって、妻に運転を任せるより自分で運転した方が神経が楽で、長生きできます。

 例外は、私が飲んでいるとき。この場合は不承不承、妻が運転することになります。

 妻も免許は十年選手で、しかも普段から結構な距離を走っています。今の車は購入4年半足らずで、すでに75,000キロも走っていますが、おそらく妻の走行距離はこのうちの半分よりかなり多いでしょう。西宮や神戸方面に所用で出かけることが週に何度もあるからです。

 これだけ走っていれば、運転も熟練して、安心して任せられそうなものだし、実は私も数年前まではそう思っていました。ところが、これがそうでないことが、たまに同乗して運転を任せると明らかになって来たのです。
 一言でいうと、慣れることで運転が上達する、というより、だんだんと運転が『崩れて』くるのです。

 具体的には、例えば、しばらく私が修正をかけないで、妻の自己流で走っていると、車間距離がどんどん近くなって来ています。あぶないぞ、と注意すると、何ヶ月かはちゃんと取っているのですが、それがまたどんどん狭くなり、前の車が予期しない動きをすれば、即追突、という速度と距離で平気で走るのです。

 また、右左折で方向指示器を横着して出さない、夜間にライトの点灯を忘れたまま走る、走行禁止の斜線地帯を何も考えずに近道して走り抜ける、駐車するときのサイドブレーキを効いていないと思えるくらいゆるゆるにしか引かない、ほとんどタンクが空なのに気づかずに燃料補給せずに走り続ける、など、枚挙にいとまがありません。といって、車の操作自体が下手なわけではないのです。
 こうした悪い癖が、ほっとくとどんどん身についていくので、たまにチェックして指摘しなければ危なくてしかたありません。

 誤解、というか非難を恐れずにいうと、傾向として女性は、危険を理論でなく経験で計ってしまうところがあるようです。
 端的な例が上記の車間距離で、男性なら、このくらいの速度でこの距離なら、なんらかの理由で前の車が急ブレーキを踏むと危険だ、ということを頭で判断しています。ところが女性の場合、理屈ではそのときにとても止まれないとわかることでも、「過去にずっとこの距離でも事故にならなかった」という「事実」だけで、それで十分安全だ、と無意識に判断しているように見えます。
 私も道路状況によっては危険なくらい車間を詰める場合がありますが、そのときには、危険距離であり続ける限り、万一に備えて緊張し、最大限、心構えして反射速度を高めるようにします。しかし、妻の運転を見ていると、それくらい危険な距離を通常の状態として、危機感なく取って走っているのです。

 例えて言えば、ロシアン・ルーレットをする場合、自爆するリスクは引き金を引くたびに同じだけ、1/5か1/6あるわけですが、女性の場合は無事にすんだ回数が増えるにつれ、それを根拠に引き金を引く行為のリスクが下がっていくと思ってしまうようなものです。根拠が根拠になっていないわけです。

 交通事故死者の数は確実に減っていますが、事故件数とケガは増加の一途です。年令別の事故比率はよく目にしますが、男女別はあまり聞いたことがありません。たぶん警察にはあるのでしょうが。
 しかし、運転慣れして、男勝りにぶっとばしていく主婦と思しき女性たちを見ると、女性ドライバーの増加とこの数字に関連性がないとは考えにくく感じられます。

 ともあれ、自分の心臓にダメージを与えつつ、たまには妻の運転をチェックしなければならないと、私自身に言い聞かせています。その意味では、奥さまが免許なし、あるいはペーパードライバーのおたくでは、不便ではあっても、ご主人の心配の種はうんと少なくてすんでいるかも知れません。
 逆に、心当たりのある男性は、ときどき奥さまにハンドルを握って乗せてもらってみることをお勧めします。



書いてしまった…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル



コメント



なるほど (かおる)
2005-01-28 22:16:03

激しく納得してしまいました。
ちなみに私は無免許ですが、自転車で暴走行為を行うらしいので(母&弟談)、事故を起こさぬよう、免許は取らないように言われました。
(・ω・)



絶対 (k)
2005-01-28 23:02:08

妻には死んでもハンドルは握らせません。免許はあるのですが、事故歴があって、非常に恐ろしい経験をしたためです。
そのためか、女性の車の運転にどうしても偏見があります。
それがいいのかどうかはわかりませんが、「後ろから見ても、運転者の性別が一目でわかる」という特技(?)もありまして、裏付けされていくにつれ、疑惑から確信へと変わっていきます……。

#にゃごにゃさんのロシアンルーレットの例に非常に共感します。



世界の平和のために (にゃごにゃ)
2005-01-29 17:28:55

かおるさん
> 事故を起こさぬよう、免許は取らないように言われました。

いいこころがけですね。世界平和のためにがんばりましょう。



いのちがけの超能力 (にゃごにゃ)
2005-01-29 17:32:49

kさん

共感いただいて恐縮です。

> 「後ろから見ても、運転者の性別が一目でわかる」という特技(?)もありまして

すごいですね。いのちがけて身に着けた超能力?

ベテランドライバーは、数秒の車の動きでその車のドライバーがとろいかうまいかわかるようになりますけど、性別まではふつうわからないですよ。
とても貴重かつ有益な才能ですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/146-d99eac71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。