にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一言でいって、時代も変わったなあという感じ(笑)。

 正直いって、マスコミ問題にはあまりかかわりたくないですが、いい機会なので草の根としてちょこっと取り上げます。というのは、朝日新聞は右翼に攻撃されることが多いので、マスコミ・出版・ネットなどで見かける朝日批判はみんな右翼だと思っている人もあるように見受けられるからです。そうした人たちには朝日に関する真実が耳に届かない。

 今回NHKも指摘しているまず結論ありき、発言の誘導、歪曲などのほか、捏造、極端な偏向(思想などには立場があるから、偏向がないということは基本的にはあり得ません。要は程度の問題)といった朝日の姿勢というか体質は、複数の新聞を取っている人やマスコミ関係者、オピニオン誌を手に取る人、実際に朝日に取材を受けたことのある人のうちの多くは、周知の事実としてよく知っていることです。
 それを知ってて読んでいる分にはかまわないと思いますが、朝日は正しいとか権威があるとか信じている人は、現実や社会の趨勢に対して思わぬズレに直面する可能性があります。

 最初に書いたように、私はかかわりたくないので、分かりやすい記事を「世界日報社」のページからリンクしておきますね。



 それと、新聞なんてどれも大差ない、と思っている人は、このページから各紙の社説にリンクしてありますので、日々読み比べてみるのもよいでしょう。






コメント



論よりも (k)
2005-01-20 23:21:15

議論討論は美しくないので、それに発展する可能性がある「意見」や「主張」は避けますが……。
産経新聞・主張。その文章の美しさにめまいを覚えました。
波風を立てずとも、大声を上げずとも、きちんと相手に伝えることができる。
この言葉の国に産まれて良かったと思う、本当に。
ちょっと感動した。



日本語の美しさ (にゃごにゃ)
2005-01-21 09:01:12

kさん、ありがとうございます。

「波風を立てずとも、大声を上げずとも、きちんと相手に伝えることができる」というkさんの表現にも感動しました。

今、アメリカからのインターン生に日本語を教えていますが、改めて日本語のよさを再認識する日々です。大切にしたい。

なお、Wikipediaの朝日新聞の項が参考になりましたので、追加掲載しました。よろしければごらんになってください。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/131-aaef222c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。