にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 なんかタイトルいまいちです。「googleをうのみにするな」とか「検索エンジンは信頼に足るか」、「だからこわいgoogleの寡占状態」などなど、いろいろ考えてみるんですが、どうもぴったりくるのがない。で、結果、こんなタイトルになりました。

 何がいいたいかというと、もはや情報収集には切っても切れない検索エンジンですが、それが、
  ・サイト上の情報をくまなく網羅しているか
  ・順位などは妥当か
  ・意図的な情報操作はなく公平か
  ・特定の検索エンジンの寡占状態に問題はないか
といった問題です。
 で、結論からいうと、googleは、情報操作を行っています。ま、知っている人は知ってる話なんですけどね。
 
 ここで断っておきますが、この記事の趣旨はgoogleを非難することではありません。あくまで、利用者の意識あるいは認識に対する注意喚起です。googleは、道義的にはともかく、たぶん違法なことはしていないでしょう。

 「情報操作」といっても、検索してヒットしたサイトの内容そのものを改竄することはもちろん出来ません。ここでいうのは、検索してもヒットしないよう、特定のサイトの情報を検索エンジンのデータベースから削除してしまうという行為です。
 そんなこと、あるのか、と驚いたとしたら、あなたは認識不足です。ひところちょっと騒ぎになった事件がありました。

 悪徳商法?マニアックスというサイトがあります。ここは、要するにタイトル通り悪徳商法に関する具体的な情報を企業の実名入りで紹介している、有名なサイトなんですが、ここで、ある企業に関する情報を掲載したところ、その企業からのgoogleへの圧力により、googleでこのサイトが引っかからなくなったというできごとがあったんですね。
 詳しくはこのページを見ていただければと思いますが、これほどの有名サイトでも、あのgoogleでヒットしなくなることがあるということです。
 この現状は、どうも今も続いているようで、googleで「悪徳商法」+「マニアックス」で検索すると、このページがトップにきます。ここには、こう書かれています。


    正しいトップページから閲覧してください。
    このページが見つかると言うことは、google八分が継続中ということです。このページは、google 対策です。


 ネットで言い放題、言ったもの勝ち、というのでは確かに問題がありますから、こういう対応が必要な場合がないとは言い切れないでしょう。

 ただ、ちょっと待てよ、と思えることをごく最近経験しました。こうした名誉棄損の対象にならないような記事、それも個人の映画評のような記事にも、このgoogleの情報操作が行われているのでは、と感じることがあったのです。
 それで、いくつかの手段を駆使して検証を試みたのですが、どうもその疑いは濃厚です。googleは特定の団体等からの圧力もしくは対価の受領により、データベースを操作している可能性があるようです(精一杯の控えめな表現 ^^;;)。

 ここは具体的に示さなければなりませんよね。今公開中の、『ハウルの動く城』の映画評です。
 詳しい経緯ははしょりますが、googleを使って、「ハウルの動く城」+「酷評する」で検索してみます(これはH17.1/2時点です)。84件ほどヒットします。
 ところで、実際に各ページを閲覧してみると、検索キーワードとはうらはらに、この映画をそんなに悪く言っているページは見当たりません。ではなぜヒットするかと言うと、「酷評する人もいるようだか…」とか「酷評する人はいったい何と比べて?」とかいった、「酷評」という言葉が否定的な使い方をされている場合、あるいは同じページ内の別の映画などに関して使われている場合なのです。

 私自身、このキーワードを直撃する(笑)記事を書いているのですが、かからないんですよねえ。
 ちょっとこれはおかしい、と思いませんか。私は思いました。

 それで、別の検索エンジンを試しました。といっても、いまや他のポータルサイトの多くもgoogleに直結している時代、googleと無縁のサイトを探すのがまずちょっと難儀。
 でも、いくつか見つけました。その一つが、フレッシュアイ。ここで同じキーワードで検索すると…。おお、私のこの記事が、2番目にヒットします。

 さらにいろいろ、調べてみました。で、私の記事に加え、実際に映画を酷評しているページを探し、キーワードを駆使して検索してみました。いずれも、google検索ではひっかからないページです。利用したのがどの検索エンジンだったかは後述します。
ヒットページキーワード
『ハウルの動く城』を酷評するハウルの動く城+酷評する
むびれびゅ by mimitaハウルの動く城+酷評する
ハウルの動く城|雨の匂いハウルの動く城+つまらなかった+雨の匂い
Hit Town Seeing|ハウルの動く城ハウルの動く城+つまらなかった+血と骨
ハウルの動く城 --chopworks-ハウルの動く城+つまらなかった+chopworks
はてなダイアリー-地球儀の螺旋ハウルの動く城+つまらなかった+地球儀

 ここでちょっと補足がいるのは、「つまらなかった」というキーワードでしょう。これと「ハウルの動く城」を組み合わせただけでは、テスト対象の検索エンジンで約1,600、googleでは4,000もヒットしてしまいます。
 そこで、まず前者のページで、いったん低評価のページを探します(先頭から見ていくだけ。いくらでも見つかります)。それから、同様にgoogleから見つけるのは大変なので、そのページからキーワードをもう一つ見つけて検索をかけるのです。キーワードを追加しても、前者のエンジンではちゃんと見つかり、後者ではヒットしないことを確認したのがこのリストです。

 補足しておくと、別の検索エンジンでヒットした低評価批評のページが、googleでヒットすることは、まったくありませんでした。もひとつ付け加えると、googleでは「ハウルがつまらなかったスレ」(もちろん2chに実在のスレ)ですらもひっかからない(苦笑)。
 正直いって、フィルターなしでも「よかった」の記事の数の方が、多いんですよね。もっとも、読み比べると、「よかった」はミーハー的なものや感覚的な感想が多いのに比べ、「つまらなかった」はずっと大人で知的かつ読みごたえのあるものが多かったのも事実ですが。

 まあ、この結果をどう解釈するか、それはそれぞれの自由です。また、googleは広告収入で成り立っているわけですから、キーワードに関連した広告を表示してお金をもらう代りに、それをヒットさせないことでお金をもらうというビジネスも理論的には成り立つわけです。やってると言ってませんよ。私が示すのは上記のような客観的事実だけです。
 でも、一つ明らかなのは、例えば「ハウルの動く城」が見るに値するかどうかをネットの批評を見て判断しようと考えている人は、googleの検索に頼ることで明らかに不利益を被っていますね。少なくともフィルターのかかった情報しか得られない状態であるのは確かです。

 私が言いたいのは、それを知ってgoogleを活用することは、それはありだと思うけれども、「googleで探せばネット上で公開されているどんな情報も公平に見つけ出せる」と勘違いして利用している人が多いとすれば、それはどうかな、と感じる、ということです。

 では、対策はあるのか。あります。

 第一は、国内の他の検索エンジンを使うこと。
 現に、上記のフレッシュアイとMSNサーチは私のページがヒットします。infoseekはgoogleとの提携なのでダメです。yahoo!、exciteも同じくgoogle提携組。
 gooは提携しているかどうか知りませんが、ダメでしょうね。そもそも私が今回の記事のようなことに気付いたのは、gooブログ検索にいっこうに私の記事が引っかからないからなんですから。
 ということで、とりあえず、両検索エンジンのリンクを。

 私がよく知らないだけかも知りませんが、すぐ思い付くもので使えるのが2つというのは、ちょっと不安を感じますよね。google寡占の怖さ、というのを少しは感じてもらえましたか。

 で、実は、もう一つ、非常に有効な手段が残されていました。それは、海外の検索エンジンです。
 いくつかの検索エンジンは、日本語の検索もちゃんと受け付けてくれます。そうでないものも多いですが。
 上記の検索例の表は、実はその中の一つ、AltaVistaによるものです。以下に、主な日本語利用サイトを紹介します。あ、ただし、ディフォルトで英語サイトやアメリカ国内のみの検索になっていることがありますので、"All languages"や"world wide"を選択してから使ってください。

 国内より海外の方が多いですね(T-T)。

 では、よりよきネット生活を!!



コメント



「ハウル」でやってみると (かおる)
2005-01-03 00:33:16

あけましておめでとうございます。「ハウルの動く城」でなく「ハウル」で調べると、Googleでもまあまあ出てきましたよ。でも、少ないですねー。
よろしく (にゃごにゃ)
2005-01-03 08:27:29

ことしもよろしくお願いします。

> 「ハウルの動く城」でなく「ハウル」で調べると、Googleでもまあまあ出てきましたよ。

そうですね。なんか変。



グーグル (おかやま)
2005-01-05 21:42:43

俺たちが埼玉県の隅っこで開いているアトリエのWebサイトがあるんですが、「とびうお」のキーワードでググるとトップにきます。
開設してしばらくはお魚のとびうおを紹介するサイトだったり、地域の特産品通販サイトだったりが勿論トップに来ていたのですが、ある日を境にいきなり俺たちのサイトがトップに躍り出てしまいました。
当然、すごい訝るわけですが、2~3日したらWeb技術に割と精通している友人から連絡があって、
「おお、お前たちのサイトな、ググったらトップにくるようにしといたから」
とかのたまうわけです。
何か、知っているかいないかというレベルの話で、知っていたら誰でもカンタンにできる方法なのだそうですが、友人はノウハウを明かしてくれませんでした。

そんな事があって以来、どうにも検索エンジンの精度というか、信用性は疑ってかかるようになってしまったわけですが、この記事を読んだら確かになんか裏にありそうだなぁと思いました。

まぁ便利な事には変わりないんでこれからも使い続けるんでしょうが、ちと気持ち悪い話ですねぇ。



とびうお (にゃごにゃ)
2005-01-06 12:20:36

> ある日を境にいきなり俺たちのサイトがトップに躍り出てしまいました。

おお、ほんとにトップに来ますね。それも25,400件中!!たしかに、十分情報操作できますね。

最近は、新聞よりYahoo!ニュースを見る、みたいな人も多いようですが、こちらもトップリストに表示する記事を意図的に操作したら、世論に影響が出るくらいまでくるかもしれませんね、そのうち。

私もなんとかいいながら、「とりあえず」検索はやっぱりgoogleです。便利ですもんね(^^;)



Unknown (デリ)
2005-02-26 20:00:14

僕のブログもGoogle八分を受けてるのかなと思い、gooのブログ検索で調べたら、ここにたどり着きました。この記事、とても参考になりました。



もうそろそろ (にゃごにゃ)
2005-02-27 09:56:40

デリさん、こんにちは。
>> 僕のブログもGoogle八分を受けてるのかなと思い、gooのブログ検索で調べたら、ここにたどり着きました。
デリさんの記事も、興味深く読ませていただきました。
TB送らせていただきます。

ハウルについては、公開もたぶん終わりに近いので、そろそろ検索除外から外されるかな、と思ってますが、まだ確認してません。
デリさんの事象は、顕著なのでわかりやすいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/105-7b0e2364

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。