にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 母に頼まれて、NHK-BSで放送された冬ソナ完全版を録画。昨夜の分でようやく終わり。
 なんと24時間ですよ。D-VHSのLS3モードを使ったから2時間テープ2本に収まったけど(Gコード予約の場合。正味の放送時間はもう少し短い)。これから、こいつをHDDレコーダーにコピーして、1話ごとに分割してからインデックスつけ、DVDに焼かなきゃなりません。ということで現在1本めのテープをダビング中。
 年末恒例の『駅』を観るためには、途中でいったん中断しなければなりません。

 いつもならBSの番組はBSデジタルチューナーで予約するところ。それなら万一番組編成に変更があっても、自動的にシフトして録画してくれるので。
 しかし、これだとコピー・ワンスのプロテクトが入っているから、あとでHDDにダビングできなくなってしまう。それに、BSデジタルの電子番組表は一週間分しかないけど、この冬ソナは12/20~30と11日がかり。そうすると、予約と、コピーガードという観点から、手もとにある雑誌BS-fanの番組表から、Gコードという旧い方法で、内蔵のアナログBSという一世代前のメディア経由で予約する方がずっと便利なんだよね。実際、ぜんぜん問題なく1度で予約完了し、あとは途中、テープを一回入れ換えただけ。

 それにしても、デジタルだ高画質だ、HDDレコーダだDVDだといいつつ、ほんとに便利になってんの?と考えざるを得ませんね。冬ソナが放映されるこの機会にとデジタルチューナー(もしくは内蔵のビデオかテレビ)とHDD内蔵型のDVDレコーダーを買った人があったとして、いざそれをDVDにして残そうと思ってもそれができないんだから。
 デジタル時代の混沌はいつまでつづくことやら…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

Name
Title
E-mail
URL
Comment
Password
※入力しないと編集・削除ができません
 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

http://questkpax.blog51.fc2.com/tb.php/102-e98a642c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。