にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 にゃごにゃは医者いらずなので、健康診断も5年に一回くらいしか受けません。たまには受けるのは、生命保険とかの関係で、健康診断を受けていないと契約できなかったりするような場合があるからです。

 で、去年受けたので、今年はもちろんパスするつもりですが、ほとんどの社員は、会社負担ということもあり、ちゃんと受けています。なので、なんとなく断るのは抵抗感のあるムード。

 そこで、ただ受けません、というのは芸がないと思い、次のようなメールを出しました。

続きを読む>>

スポンサーサイト

 すっかり桜が満開の関東と違い、関西の春はとても寒く、いつ桜が見頃になるのか、予想もつきません。
 昨夜は三田のレストランで食事をしましたが、店を出ると雪がうっすら積もり、駐車場の車の屋根は真っ白。さらに、今朝は猪名川町では雪が舞い、積雪こそないものの、車は白くなっていました。明日の猪名川町の最低気温の予測、マイナス4度。

 三田も猪名川町も、兵庫県南東部です。

バトン

 それほど多くない私の巡回ブログの中でも、社会の底辺さんは例外的に記事の更新が頻繁で、あやうく御指名のバトンを見落とすところでした。
 こういうまともというかまじめというか、オーソドックスなバトンはお受けすることにしています。

続きを読む>>

 昨日、『「誰でも恋愛できる」という幻想を捨てる』という日経BPのサイト掲載の記事を紹介しましたが、それから1日も経たないうちに、記事が削除されてしまいました。それだけ非難が殺到したということでしょうか。それはそれで、世の中の健全さを現していて悪いことではないのですが。

続きを読む>>

 日経BPのウェブにこんな記事が載っています。


続きを読む>>

 中国が崩壊するといった趣旨の本があるらしく、私はそれらの内容をちゃんと読んだことはないのですが、そうした著作の有無とは無関係に、よほどの僥倖がないかぎり、中国は実際に崩壊すると思います。今年あたりは、その明確な兆候が顕われ始める可能性があるのでは、と踏んでいます。

続きを読む>>

 是非は別にして、死刑を容認する、しないについて、一つの考え方として宗教の観点から紹介します。

 いろいろな宗教・宗派がある中で、伝統的な宗教では、死刑を容認するものが少なくありません。一つには、旧約聖書に見られるような、同害刑法の原則があります。いわゆる、目には目を、歯には歯をもって償う、というあれです。ただし、これは被害者側の復讐ではなく、加害者側の償いであることに注意すべきです。

続きを読む>>

 土曜日、WOWOWの三作一挙放映、を録画して観ました。もちろんいつものようにハイビジョン、5.1chをビデオプロジェクターで。ただし、用事で外出していたのと、録画はDVHSなので、録れたのは1作目のみ。

 もともと、にゃごにゃ的には推薦作品に外れのない小夏さんの、それもイチオシだったので、『観ない手はない』、の一作ですが、いやあ、さすがに素晴らしかった。鳥といっしょで暗くなると自動的に眠る妻は、映画では居眠りの常習犯ですが、その彼女がぎんぎんに目を光らせて、あまりの緊張感に胃が痛いといいながら最後まで一気に観るくらいだから、そのおもしろさはわかろうかというもの。

続きを読む>>

 WBCといっても、ボクシングのWorld Boxing Councilのことではなくて、野球のWorld Baseball Classicのことです。って、なにわけわからない念押ししてるんでしょうね。

 ここにきて、思わぬ展開になってきたWBCですが、まったく世の中、何が起こるかわからない、というのは昨日も書きましたし、ある程度興味を持ってこれまで見てきた人達もまったく同感だと思います。
 それ以外にも、いろいろ記事やらブログやらニュースやらで報じられているので、別にわざわざここで私が書くことなどないのですが、それでもやはり「特筆すべき」できごとでもあるので、何年か後に「そんなことがあったなあ」と振り返ることができるよう、2~3回に分けて雑感を書いてみたいと思います。

続きを読む>>

 そう、WBCで、あのアメリカが、きっちり2失点でメキシコに負けました。まさかあ!?ですね。

 9回、1アウトから2人のピッチャーで連続フォアボールには冷や汗ものでしたが、最後はゲッツーで幕。

 あ、Yahoo!とかスポーツ新聞サイトでみているひとはまだ結果を知らないかも。WBCのHP(英語版)では、1球ごとのリアルタイム中継なので、もう終わってます。

 アメリカがこの惨状では、WBCは今年で終わり?
 とにかく日本は敗者復活!がんばってほしいものです。

 『「オゾン層が破壊されると太陽光が強く照らすようになり地球が温暖化する」。地球温暖化の仕組みをそのように誤ってとらえている人が、二酸化炭素(CO2)が原因と正しく理解している人よりも多いことが、国立環境研究所の青柳みどり主任研究員らの調査でわかった。』【読売新聞より】

 正解者は1割にも達しなかったそうで。うーん、にゃごにゃ的にはかなり驚いています。

続きを読む>>

 早いもので、W-ZERO3を手にしてから2ヵ月余り。契約は、これまでも触れて来たように、マルチパック(音声端末とは別のネット用回線をもつ2回線持ち)のネット25契約。WILLCOMは毎月15日〆なので、概ね今月の分も利用時間が確定したわけですが、以下のようになっています。

続きを読む>>

 この冬は、鳥インフルエンザのアウトブレイク予兆もあり、大量にマスクを購入していたおかげで、あまり風邪に悩まずにすみました。ただし、一度だけ、風邪気味なのに無理をしてちょっとこじらせたことはありました。これはしかたなかったとあきらめてます。

続きを読む>>

 このブログのリンク先で一つだけ、ブログでないものがあります。「週刊こどもニュース」。
 説明のところに書いてあるように、さまざまなニュースについて、大人でも役に立つようにわかりやすく解説してくれる、というのがミソです。
 正直なところ、このブログを訪れてくれる常連さんの大半には、「わかりきったこと」と言われるとは思いますが、最近の社会人のレベルを見ると、言葉は聞いたことがあるがなんのことかよくわからん、という人は結構多いような気がします。

 最近の例では、量的緩和の解除。先週の土曜日に放送した内容の記事を試しに読んでみて、「まったくあたりまえのことだ」と一点の曇もなく思えるかどうか。
 多少、理解が怪しかった人でも、こうしたニュースが流れた時点で調べてみるといった行動を取れる人はいいとして、なんかわかったようなわからんような、のままの人は意外と多いかも。

 さらに、イラクでの派閥間の紛争。
 なんとか派のモスクが破壊されたとかなんとかいってるけど、なんだっけ、という人は、おそらく量的緩和の問題よりもっと多いでしょう。量的緩和の解除はまだ、私達の生活に直接影響を与えますが、ふつうイラク情勢はひとごとだと思っている人がたぶん大多数だからです。

 で、シーア派とはなにか、スンニ派とは?、サダムフセインはどちらだったか、なにが問題か、などについて、あまり自信のない人は、3/4のこちらの記事を読んでみることをお勧めします。

 まあ、これらに限らず、過去のアーカイブについてタイトルだけでも見てみて、十分理解していないかも、と思えるタイトルをクリックしてみるだけでも、社会人としての常識度をアップさせることができるかも知れません。

 あ、案外、就職活動の学生さんにためになるかも…。

 W-ZERO3が単体発売されましたね。要するにWILLCOMの端末としてではなくて、PDAとしての販売です。45,000円。安いと思います。それと、DD(SIMモジュールを挿してUSB接続してパソコンをエアエッジにつなぐアダプタ)も6,800円で単体発売。
 それで再認識しましたが、私はネット25の契約でW-ZERO3を買ったということは、SIMモジュールも買ったということなんですね。あたりまえなんですが、DDを買えばそのモジュールを利用してパソコンで手軽にエアエッジを使えるというわけです。

 さて、今回は、一部過去のレビューと重複しますが、音声端末とは別の回線としてW-ZERO3を契約したことについての比較評価をしてみたいと思います。

続きを読む>>



…だそうです。
 わたしではありません。神戸空港から札幌に出張してきた同僚のおみやげです。

 まんまのネーミングですね。

 3月9日午後11時頃、自宅リビングにて。





「大学生の息子が、『お腹痛い』と言ったら、母親が頭をバシッと叩きました。なぜでしょう?」
「???・・・わかんない」
「ヒント。『ジンジャエール』」

 ここはちょっと説明が必要です。
 このジンジャエール、というのは、三谷幸喜の演劇『12人の優しい日本人』で出てくるキーワード。おっとここからは、ネタばれになるので、これから観ようという人はここまで。

続きを読む>>

 昨日のWOWOWでやっていたのを録画してみました。2004年アメリカ/イギリスで、127分とやや長め。でも、ものすごくおもしろいというほどのことはないものの、ダレたり退屈したりするところもなくて、楽しめました。
 に、しても、ふ~ん、ピーター・セラーズって、そういう人だったんだ、という感じですね。いろいろ脚色はあり、事実に反するところもあるにせよ、現に死亡時には4人目の奥さんとの離婚手続き中だったわけで、騒がしい人生だったことは確かでしょう。

続きを読む>>

 昨夜、自宅のLibretto(L5)でFedora Core 3(Linux)を起動し、いつものようにメーラとFirefoxを立ち上げた。
 ところが、Firefoxがエラーを検出し、エラーリポート送信のウィンドウがポップアップする。何度やっても同じ。dmesgでカーネルログを見ると、なんとHDDへのハードアクセスエラーが出ている。

続きを読む>>

 東京出張でのW-ZERO3のレビューのつづきです。

続きを読む>>

 昨日、WOWOWでやっているのを観ました。ここのところ忙しかったので、ハイビジョンプロジェクターで何か観るのは久しぶり。その迫力のせいもあってか、途中までおもしろがって観ていた妻が、変質者みたいな客が出てきたところで、怖い、といってリタイアしました。ああいう怖さのシーンはあそこだけだったんですけどね。

続きを読む>>

 さて、東京出張でのW-ZERO3のレビューをお約束通りしてみます。

続きを読む>>

 東京に日帰り出張、予定通り行ってきました。
 そして、おかやまさん推奨の、ヨドバシAkibaの光麺(こうめん)にも。

 まずヨドバシアキバの印象ですが、写真で見ていた通り、ヨドバシ梅田にそっくり。
 ただ、ヨドバシ梅田の巨大な軍艦のような重量感とか威圧感はなくて、ふつーの大きな百貨店、みたいな感じ。で、敷地面積を調べてみたら、アキバの方が5900平方メートルくらいというのはわかったんですが、ヨドバシ梅田がわかりません。しかたないので、同じ縮尺で地図を引っ張ってきて並べてみました。
 なるほど、梅田の店舗が大きいはずです。高さも、アキバは9階ですが、梅田は12階まであります。
 ただ、驚いたのは地下のフロア数。地下6階まであるんですね。これにはびっくり。
 これなら、少し手を加えれば、核シェルターにでもなりそうです。
 そのかわり、ここ数年よくある大雨で、地下に水が流れ込んで来たら、と思うと恐ろしい。でも良く考えてみたら、水攻めになって恐ろしいのは地下1階でも地下6階でもいっしょです。潜水具でももっていれば、地下6階だと水圧でやられてしまう、という心配も必要でしょうが。

 さて、正直、せっかく東京まで来たのだから、どんなにおいしくてもふつうのラーメンを食べるくらいなら二郎、という目論見もあるのですが、今回は光麺で正解でした。なぜなら、私の出張に、「東京の友達に会うからいっしょにいく」と家内が急にひっついてきたからです。彼女といっしょでは、二郎はムリ。

 平日で食事時も過ぎていましたが、2人、サラリーマンが待っていました。向かいの店ががらがらなのに比べると、やはり人気です。幸い、5分ほどで席が空き、しかも運良くテーブル席に座れました。
 で、おかやまさんのような素晴らしいレポートははなからできっこないので、単にとてもおいしかった、とだけ書いておきます。ただ、麺はおかやまさんが書いているほど物足りなくは感じず、よかったです。そりゃあまあ、二郎の麺と比べれば、というのはありますが。
 ちなみに、私はラーメン、家内はしょうゆラーメンでしたが、彼女も認めていたように、ラーメンの方がおいしかったです。それに、あえて「あっさり」とされるしょうゆラーメンにせずとも、ただのラーメンは少しも辛くもくどくもありません。

 なんせ仕事の出張なので、秋葉原の電気街はもとより、ヨドバシの店内すらろくに見ることはできませんでしたが、一つだけインパクトがあったのは、W-ZERO3のモックがあったこと。おお、やっぱりあるんだ。でも、スライドさせてキーボードを出せる構造にはなっていないので、なんか中途半端。開くことのできない折り畳みの電話端末のモックみたいなもんじゃないんですか、これって。
 質感も、実物よりは安っぽい。まあ最初の頃の紙箱のモックとも呼べない見本よりはましですが。

 ということで、雨の東京でのラーメンデートでした。

 今日は東京に出張です。いつもは、ノートPCを持参しますが、今回はW-ZERO3を代わりに持っていきます。

 ノートの方は、音声端末を接続すれば一応、ネットはできますが、接続料が高く、操作性も悪いのでめったに使いません。用途は、長い車中での仕事用がメインです。
 一方、W-ZERO3は、仕事の作業用としてはとてもノートPCには及びませんが、手軽にネットができます。エアエッジはもちろん、今回のように東京が出張先だと、ホットスポットも多いので、無線LANによる利用も現実的です。
 キーボードがあるので、ある程度の文書作成作業も、できなくはありません。

 この出張では、下記のようないくつかのテーマを用意しています。

 ●いつも携帯しているノートPCなしで、不自由しないか。
 ●どのくらいW-ZERO3のエアエッジが新幹線車内で使えるか。
 ●バッテリーの持ちはどうか。
 ●ホットスポットで快適に利用できるか。
 ●ちず丸for WILLCOMでホットスポットの利用が便利になるか。
 ●wzero3monは、新幹線の移動速度で基地局情報をつかまえられるか。
 ●出張でどのくらい、またどんな活用機会があるか。

 できれば、ホットスポットでのSkype Outも試してみたいのですが、こちらはちょっと無理かも知れません。
 これらは、また改めてリポートする予定です。

 少なくともすでに明らかになっているのは、W-ZERO3ひとつあるおかげで、乗り換えの下調べがずいぶんと楽だということです。この出張では何ヵ所か訪問先がありますが、時間の関係で、移動先や移動順序は入れ替わったりします。
 これまでだと、出張前に考えられるルートの組合せで経路検索しておき、所要時間や乗り換え路線について何枚もプリントアウトして準備しておく必要がありました。しかし、W-ZERO3があれば、その場で調べればいいので、事前にざっと行き先の地図と時間だけ見ておけばいいことになります。
 これはずいぶんと楽で、かつ間際の変更や予想外のイベントの発生への対応について、ずいぶんと安心感があります。
 出張のための準備時間も節約できることになります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。