FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

 自民が堀江氏を公認するという話が出たときは、とんでもないことだと思った。いくら自民党をぶっこわすといったって、そんなぶっこわし方は、存在意義に関わることである。また、多くの国民はそのことを知っている。その意味では、無所属出馬という最終結論は、非常にできすぎという気がする。裏で何があったのか、興味深い。
 しかし、そのことについてはここでは深追いしない。それよりも、若者たちの堀江氏支持の姿勢、これがどういう現象なのかについて、少し考えてみた。そもそも彼らを始めとした、一部(しかし、かなり)の人達に人気があることが、亀井氏を追い落としたい自民党の、かくもばかげた行動の最大の理由であることは確かなのだから。
 もちろん、よく遊んでくれた隣のやさしいお兄ちゃんに氏が似ているからなんとなく好きだとか、昔飼っていた犬の顔に生き写しだから愛着を感じるとか、そういう個人的な理由による好意は除外して考える。
 なお、この記事は堀江氏に対する非難や中傷が目的ではない。むしろそう取られる向きの内容は、必要最小限になるように配慮した。あくまで、対象は堀江氏の言動を肯定的に考える若者たちである。

 同僚の玉ちゃんによると、採用活動で学生と話してみると、ほとんどが堀江氏支持だという。若者に人気がある、というのは、マスコミの虚像ではなく事実であるようだ。

 彼らが支持する理由として、異質なものでも抵抗せずに受け入れることができる若者の特質という点があるのは確かだろう。その意味では、若者たちのホリエモン人気は、若者の美点の現れといえなくもない。しかし、残念ながら、肯定的に捉えられる面はこの一点だけだ。

 まず、未熟な人は、今あるものを破壊すれば、ましな新しいものがくるという幻想を安易に持つ。ちゃんとした目標があっての場合はもちろん別だが、なんとなくいまの仕事が嫌で転職をし、失敗するのも同じ発想に基づくことが多い。
 世の中には、破壊すべきモノ、破壊できればいいと思われるモノはたくさんあるが、半面、守るべきモノ、壊してはならないモノもいろいろ存在する。その区別もなく、単に破壊をするのは、「味噌も糞もいっしょ」にすぎない。
 加えて、新しいものに対する興味本意の思いもこれを後押ししているだろう。

 若者はまた、結果に目がいき、表面的な結果が全てになりやすい。思想や価値観、またその結果がもたらす影響などにはなかなか思い至らない。そして、彼らは性急だ。地道な努力より、ぱっと結果が得られる方がすぐれていると感覚的に思ってしまう。「結果」と「性急」あるいは「お手軽」ということを考えれば、堀江氏のこれまでの成功はある種の理想形とも感じられるだろう。

 また、表舞台に立ちたい、目立ちたい、という気持ちも強いのが若者。実際の社会は、縁の下の力持ちや、利害を越えて人のために働く人、奉仕者、そういう人達の尽力で支えられている。いいとこどりとまで言わなくても、自分の義務だけ果たしていれば社会は回ると思っている若者は多いが、実はそうではない。むしろ、大半の人は100の利益に対して、120とか150とかの仕事をしている。利益どころか持ち出しで社会に奉仕している人だってたくさんいる。それで初めて社会は成立している。そのことが理解できないし、見えないから、堀江氏的成功に魅力を感じる。コンビニに代表される、便利になりすぎた社会ゆえに、見えにくくなっている部分とも言える。

 それから、堀江氏の実に無責任なもの言いについて、それがまっとうな社会人にあるまじき無責任さであるということが見抜けない。これは実社会で経験をつんだ人にはすぐわかることなのに、それがわからないということで、ここははっきり言い切るが、要は無知である。

 それから、マスコミなどが作った、「古い価値観に対する挑戦者」というイメージを鵜呑みにしている点。要するにヒーローだと勘違いしている。
 また、彼に否定的な人々は、すべて保守的な価値観にしがみつく守旧勢力であったり、やっかみをもって堀江氏を中傷している、というステレオタイプを持っている。実際は、その否定的な人々の多くが、「賢者」と呼ぶべき人達で、またわかりやすく問題点を指摘しているにも関わらず、このステレオタイプにより耳に入ってこない。
 さらに、質(たち)の悪い一部の言論人は、堀江氏の発言を、自分の都合のいいように牽強付会して、彼を時代の寵児のようにもてはやす。こうした意見の方はすんなり受け入れられるからさらにやっかいである。

 社会活動にそのひとの人格や品性をからめることは、必ずしも正しいとは言えないが、まったく無視していいというものではないし、また程度の問題ということもある。堀江氏が傲慢であることはいうまでもないことだが、彼には人に対する「敬意」というものがまったくない。場所をわきまえないラフな格好もその一つだが、「自分も自己中心だから、電車で化粧をする人を見ても気にならない」「人の心はお金で買える」などの考え方、そしてそれを口にするという行動は、明確にそれを示している。
 「あなたの心はお金で買えます。そして私はお金をたくさん持っています。」と言っている相手が、自分に人として敬意を払っている人物だと思える人があれば、その人の心も相当破綻しているはずだ。確かにお金で買える心を持っている人なのだろう。
 そもそも、彼の言動は浅薄で一貫性がなく、ころころ変わる。ところが、こうした自制のない行動がまた、多くの若者にはかっこよく映る。

 結局のところ、若者の欠点、弱点、無知、視野の狭さや経験の不足など、マイナス要因が見事に堀江氏の人物像およびその社会環境とかみあってしまい、このような空虚な人気を生成しているとしか思えない。現代ほど価値観の混迷した時代はないから、こうした現象は別に若者に限らずいつでも起こり得るものだが、果たしてそのことにどれだけの若者が気づいているか、また、いつ気づくのか、それはこれからの社会情勢(選挙だけのことを言っているのではない)をどう動かして行くかに大きな影響を与えるのは事実なのである。
 堀江氏の評価が大きく変わるのにそれほど時間はかからないというのが私の見方だ。ただ、彼の人気が続く間に社会に垂れ流されるであろう不純物や害毒は、それを信奉する人が多いほどに確実に社会を毒していく。その人気がどれだけ続くかということ自体が、現代日本の健全度のバロメーターであるだろう。

 また、若者たちにも、せめてもう少し堅実でかつ賢明であってほしい。投票に行かない若者が多いことは、実は健全な社会維持のためにいいことだった、などと後からいわれるようではやはり困るのである。




コメント



なんか (おかやま)
2005-08-24 21:26:34

ホリエモンがどうだこうだという以前に、俺は亀井静香とホリエモンの二択で投票しなきゃならん広島六区の有権者の皆様が可哀想でなりませぬ……。

え? 民主? 今までは何とか割り切って入れてきたけど、今回ばかりはあそこに政権取らせたらアウトだと思っております。



災難 (にゃごにゃ)
2005-08-24 21:48:16

ふえ~、おかやまさん、この記事読んだの?マジで?全部?
読破率0.3%くらいと見てますが…。
>> ホリエモンがどうだこうだという以前に、俺は亀井静香と
>> ホリエモンの二択で投票しなきゃならん広島六区の有権者の
>> 皆様が可哀想でなりませぬ……。
あはは、言えてますね。って、地元の方にはご愁傷様。
>> え? 民主?
なんでこれほどの好機に受け皿にすらなれない政党になっちまったんでしょね。
一番可哀想なのは、明確な意志表示をするための選択肢が用意されて
いない私達国民では!?これでいいのかあ!!
やっぱりネクストになんとかしてもらわないと(最後はそこかい)。



酔っぱらい来ました! (JJ)
2005-08-24 22:23:28

にゃごにゃさん、こんばんは
私も読破して、やっとここまでたどり着きました。

玉ちゃんが聞いたときは、面接の時だったので、
勢いで返事をしただけです。
若者だってそんなに無知ではありません。
JJは「ホリエモン落選!」の方に、
ブログ停止一週間を賭けてもいいです。
(ただサボリたいだけ?)

だいたいあのホリエモンを見ていて、
カリスマ性を感じますか?
IQはいいかもしれませんが、
それ以外に何の魅力がありますか?



自民党って… (にゃごにゃ)
2005-08-24 22:48:59

JJさん、こんばんは。今宵の酔い加減はいかがですか?
>> 私も読破して、やっとここまでたどり着きました。
ひええ、ありがとうございますゥ。
>> 若者だってそんなに無知ではありません。
だとすれば、人気を信じて推した自民党って一体…(^^;;)。
>> だいたいあのホリエモンを見ていて、
>> カリスマ性を感じますか?
>> IQはいいかもしれませんが、
>> それ以外に何の魅力がありますか?
わ、私に聞かれても困るのですが(笑)、
今回は個人攻撃ではないということでご勘弁を。
始めると止まらなくなるのが恐かったりして(汗)。

ホリエモンが勝ったうえにJJさんのブログが一週間も
止まるのだけは困ります。でもその心配も無用ですね。



彼氏はホリエモン (R)
2005-08-24 23:22:23

髪の毛切ってホリエモンになってしまった彼氏を見て笑っております、こんばんわ。

私もホリエモンは苦手です。
賢いのはわかるのですが、発言に一貫性がないのは良くないと思います。
もし友達なら友達やめたくなります。

今回の件も私はライブドアの宣伝だと思ってます。
むしろ、落選したいのでは?と思ってます。
この衆議院選の騒ぎに乗ってTVに報道してもらい、ライブドアにアクセスしてもらうことが彼が望んでいることではないのかと。
野球がダメなら放送局、放送局がダメならサッカー、サッカーがだめなら馬主、馬主がだめなら国会議員。
忘れられるのが怖いだけだと思うのは私だけでしょうか・・・
ライブドアの社名も前の会社から受け継いだとか、ライブドアのサイトがyah○oのぱくりっぽいとか、何でも挑戦したがるとか、オリジナリティがないだけな気がします。

ホリエモンのこと何も知らないですが、ニュースを見ててそう思いました。
聞き流してください。
でも、あたしも最後まで読みましたw



オリジナリティ (にゃごにゃ)
2005-08-25 12:27:00

…は、確かにないですよね。なんかおいしそうなところにてきとーに首突っ込んでる感じで。
まあまあましなのがスカイプ関連くらいかな。
大学生のRさんが支持派でなくてよかったです(笑)。
>> むしろ、落選したいのでは?と思ってます。
そんな感じですよね。自民党公認なら選挙資金をたくさん
くれ、と言ったといいますし、自分の仕事と考えている
様子はないですね。
>> もし友達なら友達やめたくなります。
Rさんみたいな友達がいて、一言してくれれば、少しは自制してくれるかも。というか、Rさんが
言うように、そういう人はそもそも友人関係が成立しないのかもしれないですね。
そう考えると、やや哀れな気も。
>> でも、あたしも最後まで読みましたw
おお、読破率0.3%で3人も読んでくれたと言うことは、
アクセス数1000!?
なわけないですが。



(*^-^)ウフフ (raku)
2005-08-25 12:33:35

にゃごにゃさん お邪魔します
σ(・・*)アタシも読破しましたよ(*^-^)
つか、σ(・・*)アタシのブログも長いので
(にゃごにゃさんの充実した中身とσ(・・*)アタシのは大違いですが^^;)
長いのは慣れています(笑)

σ(・・*)アタシも堀江さん落選に一票♪
↑のRさんの「ライブドアの宣伝」に同感
加えて、σ(・・*)アタシ的には広島六区の有権者の方々にはお気の毒ですが
目には目を、おばかさんにはおばかさんを。。。という意味で
ああいうのも有りなんだと理解し呆れています。

そして何よりも、亀井さん(-_-#)ムカッ 逝ってよし!!!
そもそも選挙運動で「地元のために働きます」っていうのが
「地元が良けりゃ他はどーなってもいい」と聞こえてくるので
国会議員候補には堂々と言ってほしくない
(小声なら許せますが)
と、ずーっと前から思っています。
「国のために・国民のために働く」を前面に出してほしいです。
小泉政権か岡田政権か・・・と自分で言ってしまったO代表は笑っちゃうくらい蚊帳の外。。。
小沢さん、あいつも何とかしてくれ~と言いたいところ。
(・o・*)アッ!!また長くなりそうでごめんなさい。



逝ってよし!!同感(^o^)/ (にゃごにゃ)
2005-08-25 12:56:39

わ~い、rakuさん、こんにちは。
>> σ(・・*)アタシも読破しましたよ(*^-^)
まじで、最後まで読んでくれた人達に認定証を送りたい気分です。
>> そして何よりも、亀井さん(-_-#)ムカッ 逝ってよし!!!
そうなんです。彼の言動って、むかしっから、「何様のつもりやねん」と言いたくなるのばっかりで。
その意味ではホリエモンと瓜ふたつかも(笑)。
思えば、スチュワーデスの規制緩和問題の頃から、改革反対の象徴的存在でしたね。
>> 国会議員候補には堂々と言ってほしくない
>> (小声なら許せますが)
そうそう、きれいごとだけですまない世の中にせよ、その節度とか感性が大切なのです。

さすがrakuさん、政治ネタのりのり~、ですね。



おじゃまします (amanja)
2005-08-25 20:41:21

要約すると「亀の甲より年の功」ということなのでしょうか。個人攻撃ではないということは若者全体に対してそういう見解をされているということなのですよね。
亀井さんについても同じ論調で文章が作れそうな気もしないでもないですが、気のせいですね。

報道は誇張されているので私は判断材料にしないようにしているのですが、堀江さんの生の言葉はブログで読めますからおっしゃっていることはもっともなのかもしれません。私は、堀江さんのブログ読んで無いので。

本題。一連の騒動で私が感じたのは、堀江さんの言動は一貫していないけども考えは終始一貫していたかなって。要するに堀江さんはお金儲けがしたいんじゃないかな。その前提で解釈していくとどの言動も行動も理にかなっていると思うし、ほとんどの人の場合はそういう(行動を一貫させるよりは主義を一貫させる)生き方をしているのではないでしょうか。



酔っぱらい再び来ました! (JJ)
2005-08-26 09:30:12

盛り上がってきたところで、
恐縮なのですが・・・

亀井さんって、
なんで「赤べこ」のように、
いつも首振っているんですか?
彼の話よりもそっちの方が気になっちゃいます。
「私に聞かれても・・・」と逃げちゃダメですよ。



ご名答を
ようこそ (にゃごにゃ)
2005-08-26 12:06:47

 amanjaさん、はじめまして。書き込みをありがとうございました。
>> 要約すると「亀の甲より年の功」ということなのでしょうか。
 そうともいいきれないですね。若くても賢明で思慮深い人もいるし、馬齢を重ねるという言葉が
ぴたりと当てはまるような、成熟と無縁の生き方をしている年嵩の人も、地位を問わずたくさんいます。
 ここでは、「若者でない人たちが賢明」とは言っていません。

>> 個人攻撃ではないということは若者全体に対してそういう見解をされているということなのですよね。
 記事の主旨はそうですね。もっともこれは、あえて若者に対して挑発的なスタンスで書いてます。だから
amanjaさんのようなコメントというか、レスポンスもうれしいです。
 若者全体、というのは広い意味ではそうですが、ここは端的にいえばやはり、「よく考えもしないで
堀江氏を感覚的に支持する若者」という意味です。すべての若者、ということでは、本当はないです。が、
上記のように、あえてそうとれるような書き方をしてみました。
 私の意図など簡単に見透かされたJJさんなんかは、ちゃんとたしなめてくれていますが(笑)。

>> 亀井さんについても同じ論調で文章が作れそうな気もしないでもないですが、気のせいですね。
 できるかもしれないですが、ここでそれをすることの意義はちょっとよくわかりません。

>> 本題。一連の騒動で私が感じたのは、堀江さんの言動は一貫していないけども考えは
>> 終始一貫していたかなって。要するに堀江さんはお金儲けがしたいんじゃないかな。
>> その前提で解釈していくとどの言動も行動も理にかなっていると思うし、ほとんどの
>> 人の場合はそういう(行動を一貫させるよりは主義を一貫させる)生き方をしている
>> のではないでしょうか。
 そういう面はあると思いますが、それだけとも思えないというのが私の感想です。
 拝金主義者は古今東西世にあふれていますが、それでも彼らは、拝金主義であるがゆえの、
お金や金儲けに対する敬意や畏れがあったと思います。堀江氏には、それが感じられない
ところが、私には実に異様です。
 それと、お金儲けがしたい、ということで主義が一貫していると仮定して、では言動が
理にかなっているかというと、私にはそうは見えないですね。まあ何をもって「理に
かなっている」と考えるかの違いはあるでしょうけれども。

 またのぞきにきてくださいね(^^)/



赤べこ (にゃごにゃ)
2005-08-26 12:15:06

JJさん、

>> 亀井さんって、
>> なんで「赤べこ」のように、
>> いつも首振っているんですか?
そうなんですか!?うちはテレビ見ないもんで、実はそういうのも
見たことないんです。

>> 彼の話よりもそっちの方が気になっちゃいます。
話の内容が薄いせいもありそうですね(笑)。

>> 「私に聞かれても・・・」と逃げちゃダメですよ。
>> ご名答を
わあっ、いつになく厳しい。
基本的に相槌は、相手の話を聞いてますよ、とか、わかります、とか、なるほど、と
いう意思表示ですが、政治家はどちらかというと、ヨッシャヨッシャという意味不明な
反応をする方が多いですよね。言葉にせよ態度にせよ。
日本語の「どうも」が便利な言葉と言われるように、宇奈月、じゃない、うなづき(赤べこ)は
政治家の便利語なのじゃないでしょうか。
そのくせがもう身に浸みてしまっているのでは…というのでは
ダメですか!?



すごい盛り上がりだ…。 (kaier)
2005-08-26 23:30:51

ホリエモンのソックリサンを親友(http://blog.livedoor.jp/japmasa/)に持つ私ですが、好き/嫌いとか、正しいとか間違いとかよりも、彼に感じる一番の感情は「違和感」ですね。

私も自分の歩いている道が正しいかどうかなど到底自信など持てませんが、少なくとも彼のように「目に見えるものだけしか信じない」生き方の人間とは、ねじれの位置にある道を歩んでいます。
だからホリエモンが人気だとかいう記事や彼の言動を見るにつけ、ただ単純に「理解できなくて」プチパニック状態になります。
それは嫌悪感とか危機感よりも、どこか疎外感に似ています。

「資本主義」の原則と「民主主義」の原則から、今彼がもてはやされているのは致し方が無いのかもしれないけれど、似合わないアウトローを気取ってでも、私はその流れに乗らずに自分の信じている道を行くことにします。
日本の明日はどっちだ。



こ、これは… (にゃごにゃ)
2005-08-27 20:02:48

>> ホリエモンのソックリサン
似、似過ぎ~っ(@o@;)って、これほんとにホリエモンじゃないの!?

それはともかく、そうですね、にゃごにゃのブログとしては珍しいコメント数です。それだけみなさん、一言あり、ということでしょうか。

>> ただ単純に「理解できなくて」プチパニック状態になります。問題です。理解できる人と理解できない人とどちらがしあわせでしょう(笑)。

>> 私はその流れに乗らずに自分の信じている道を行くことにします。
こういう時代には、実はそれが1番大切かも知れないですね。

スポンサーサイト