にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 当事者にとっては当り前すぎるのでなんにも感じていないが、ソフトウエア業界には、一般の人が聞くと勘違いしそうな表現がけっこうある。
 『初めてのC』(ほんとうにある本の名前)とか、『ソープ入門』とか。
 ギョーカイ用語ではないが、IT方面の言葉として、最近「スキン」なんてのもよく使われる。
 スワッピング、それにペンディングも一字違いでちょっとあぶない。
 一字違いと言えばオラクルマスターなんて、それなりにきわどい。

 学生の皆さん、こんな楽しい世界に参加してみませんか。

スポンサーサイト

 同僚の玉ちゃんに、「ブログやめる言うて、まだやってんの?」といわれて凹んでますが、気を取り直してバックログを。{/namida/}

 『男子トイレにベビー台(おしめを替えたりするやつ)がない』というらくさんの記事で、前に見ましたよ、というコメントをつけたのですが、その後、前に見たところではないのですが、いくつか見かけました。

 具体的に見かけたのは、兵庫県三木市にある、道の駅みき。ここのトイレはウォシュレットまでついている立派なものですが、男子トイレには、なんと三種類も幼児ケア用の設備がついていました。

1.男子トイレのおむつ台2.男子障害者トイレのおむつ台
3.大用の幼児シート(標示)4.大用の幼児シート


 これならお父さんも安心して赤ん坊や幼児のケアができますね。

 こことは別に、神戸市の垂水区役所でも男子トイレにおむつ台がありました。
 また、大きなスーパーでは、ベビーベッドやおむつ台が、女子トイレの中ではなく男子トイレとの間の通路においてあって、お父さんでも利用できるようになっているところもありました。

 こうした設備は今後も充実させていってほしいものですね。



コメント



おお! (らく)
2005-04-14 18:52:06

本当にある~~~~!!

実際にあるのを見るの初めてです~~!
って、当たり前だけど

私のブログでも紹介しちゃっていいですか?



けっこうありますよ (にゃごにゃ)
2005-04-14 18:55:04

>> 私のブログでも紹介しちゃっていいですか?
どうぞどうぞ、写真も持ってってもらっていいですよ。

地域差でしょうか、関西ではわりと前から、ときどき見かけてました。
男性にとってもありがたいことなんですよね。



では (らく)
2005-04-14 19:11:16

では、早速


関東はあまり見かけないかも…
あ、でも、私が男性トイレに入らないから見かけないのかも…どっちだ?



それそれ (にゃごにゃ)
2005-04-14 19:12:59

>> あ、でも、私が男性トイレに入らないから見かけないのかも…
そうそう、それを書こうと思ってたんですが、忘れてました。その可能性も大ですね。

 ULTRAMAN THE MOVIEでは、主人公の真木も、厚い友情で彼を助ける倉島も航空自衛隊だったし、F15はかっこいいし、空自サイコーっ、正義の味方!て感じでした。
 これに対して、陸上自衛隊は、ビーストは取り逃すわ、真木は拉致して銃を突き付けるわ、民間人を威嚇するわ、ビーストに殺されるわ、挙げ句の果てにようやく立ち上がろうとするウルトラマンの行く手を阻むわと、散々の悪役でした。やっぱ、空自だね。

 いや、ちょっと待ってもらいたい。映画では、二枚目は大根役者、敵役の悪役は千両役者という鉄則があるではないか。よくよく考えてもらいたい。
 平成ガメラの脚本を書いた伊藤和典が証言していたが、空自は、戦闘機が墜落するというプロットは許さなかったそうな。空自がダメなら在日米軍で(おいおい^^;;)と提案してもダメだった。要するに、エリート集団の彼らは、飛行機が落ちるということ自体許せないらしくて、もし落とすなら一切協力しないし映像ライブラリーも出せないと脅迫したそうだよ。
 ちょっと待てよ、怪獣映画だよ、作ろうとしているのは。

 それで、パート1ではギャオスが超音波メスで戦闘機を撃墜するシーンはカットされたし、パート3にいたっては、イリスにあれだけ触覚攻撃されても、F15にはかすりもしない。そんなのあり得ないって。

 一方陸自はどうか。現実の陸上自衛隊は、これも伊藤和典が述べている通り、「よっしゃよっしゃ」でなんでもあり。部隊が吹きとぼうが全滅しようがそんなこと気にしない。
 実際、レギオンには戦車大隊が文字どおりふっ飛ばされるし、イリスには一個小隊が全滅させられた。ULTRAMANでもさんざん痛い目にあってますよね。でも、そんな汚れ役、気にもしないでOK。それでいい映画になるのなら。

 どうです、これでどちらが千両で大根か、一目瞭然でしょう。
 まあULTRAMANでは、空自もほんとに全面協力だったし、真木のF15はULTRAMANと衝突して墜落してますよね。その意味では、がんばったと言えなくもない(とはいえ、F15が墜落しなかったら話が成立しないけど^^;;)。
 にしても、ちょっとあんまりわけのわからんエリート意識というのもほどほどにしてほしいもんです。日本映画の将来のためにも。



 大河ドラマの滝沢クンはなかなか義経役がよく似合っています。ただ、義経が美男子ではなかったであろうことは、半ば定説のようになっていますね。滝沢クンのルックスが、当時の美男子の基準に適合するかどうかは別にして、残っている肖像画を見ても、本物の義経が現代の基準で美男子でなかった可能性は高そうです。

 さて、美男子かどうかはいったん置くとして、私は前々から、義経のイメージにかなり重なる人として、阪神の赤星を思い浮かべています。あの、小柄なところ、大変なすばしっこさに脚の速さ、そしてあの顔。
 実際の義経というのは、あんな感じだったのではないかと思うのですがどうでしょうか。
 案外、彼を主役に義経のドラマを作ると、はまるかも、とも思っています。




コメント



はじめまして♪ (ちこりん)
2005-04-14 09:45:05

はじめまして♪TBさせていただきました♪御参考になれば幸いです♪
よろしくお願いします♪



すごい充実ぶり (にゃごにゃ)
2005-04-14 12:52:47

ちこりんさん、TBとコメントありがとうございました。
ちこりんさんのブログの情報量にびっくり。すごいですね。
私も「義経」はハイビジョンで楽しみに観ています(もちろん衛星受信料を払ってます^^;;)ので、これからじっくり読ませていただきますね。



トラックバック

●源頼朝●~鎌倉の主~ (源氏の歴史<NHK大河ドラマ「義経」をもっと面白く見るために>)
11 月17日、頼朝は鎌倉に帰りました。そして、翌月の12月12日に大倉の新邸が竣工し、盛大な移徙(わたまし)の儀式を行いました。『吾妻鏡』は「推シテ鎌倉の主トス」とこれを表現しています。つまり、官職も位階も持たないが東国の実力的支配者が、この鎌倉に居を定めた、と…

 今日は阪神電車の開業100周年だそうで。だから今日甲子園で行われる巨人戦はぜったい勝たねばならない、とか。
 天気、あんまりよくないです、こっちは。昨日の予報よりかなり悪くて、雨量もけっこういってます。まあ甲子園は水捌けいいけど。

 どうでもいいけど、今日中止なら、井川は出さないでほしいなあ。わざわざ四苦八苦している今の巨人に白星献上しなくてもいいでしょう。



コメント



勝ちましたね (おかやま)
2005-04-12 21:27:08

実はこれ書いてる時点では9回残ってるんで勝ってないんですけど、フジの中継が終わってしまったので仕方なく(笑

や、でも勝ちましたね。
しかも圧倒的に。
完璧な勝利ですよ。バンザーイ。



100周年、70周年 (にゃごにゃ)
2005-04-13 09:10:42

やっぱり、阪神電鉄100周年、球団創設70周年の今年は優勝、そして日本一になってほしいですね。
ところで、入場者が今年から実数発表になっていますが、ここでも巨人より阪神が上回ってますね。
実は、去年も、ヤクルトと横浜の主催試合では、巨人戦より阪神戦の方がよく入ってて、営業の話では巨人戦の落ち込みを阪神戦で取り戻していた状態らしいです。でも、首都圏の主催試合で、しかも去年は阪神Bクラス、巨人Aクラスですよ。ちょっと真剣に巨人が心配です。いや、最下位にいてくれてていいんですけどね(笑)。

 っていい方、もう古いんですか?いや、古いのはいいんだけど、すたれてしまってます?うちのがそう言うんですが。だれか教えてください。

 それと、もしそうなら、ではなんという言い方がナウい(←こらこら^^;;)のか、知ってる人教えてください。

 わりと好きなんだけどなあ、らぶらぶという言い方(カタカナで書くとちょっといやらしい)。



コメント



ラブラブは (小夏)
2005-04-13 23:08:10

もはや「死語」です!(キッパリ)
一般的に、繰り返し系は死語になっているようですね。
例えば、「ラブラブ」「メロメロ」「ルンルン」などw
とは言え、「ナウい(^^;」言い方もよくわかりません。
結局は、「ラブラブ(←死語)」とか言いながら使ってるケースが多いのでは?
私は敢えて死語を多用していますけど(笑)。

P.S. メール無事届きました。今度お邪魔しますw



が~ん (にゃごにゃ)
2005-04-14 08:53:56

>> もはや「死語」です!(キッパリ)
シ、ショック…
>>一般的に、繰り返し系は死語になっているようですね。
もう、近所をぶらぶら散歩する、という表現も使えないのですね(;_;)
>>P.S. メール無事届きました。今度お邪魔しますw
お待ちしてます!!

 ここんとこ、gooのブログがすこぶる調子悪いですね。前もビジーとなることはあっても、とりあえず編集画面の記事一覧くらいは正しく動いていたけれども、今はそれもおかしくて、投稿した記事が表示されていないのに、実はアップされていたりします。これでは、二重投稿がこわくて、安易にアップし直しもできません。
 ちなみに、現在のトップページはこんな感じ。

記事 左膝(新)20050410S 記事 Circle of Life 2005-04-11 12:44
記事 2005/04/11 記事 桃色遊戯場 2005-04-11 12:43
記事 寝言。。。こわw 記事 My Dear.... 2005-04-11 12:43
記事 (無題) 記事 AH! 人生 2005-04-11 12:41
記事 水仙 記事 我庭育草日記 2005-04-11 12:41
記事 蒲田 大 ラーメン+焼豚(670) 記事 今日の食事もラーメン? 2005-04-11 12:41
記事 重ね着 記事 ごん 2005-04-11 12:41
記事 今日からまた?新入社員です☆ 記事 なりたて社会人☆ 2005-04-11 12:41
記事 リセットぢゃぃ 記事 *t0mmy*DIARY 2005-04-11 12:40
記事 もういいかぁい 記事 andare a piedi 2005-04-11 12:40
記事 レッズ1-1ガンバ 記事 むむスポ 2005-04-11 12:39
記事 桜の季節は… 記事 TORIAEZ 2005-04-11 12:38
記事 ベースボールドッグ 記事 Home Steal 2005-04-11 12:38
記事 車をこすった 記事 あしげぇ 2005-04-11 12:38
記事 「R25」 記事 TV局員の独り言・・・ 2005-04-11 12:37

 時間に注目していただきたいのですが、たった15件の記事の更新表示が、12:37~12:44と、7分にもわたっています。実際にはこの間、数百の記事がアップされているでしょうから、ほとんど機能してないことになります。
 この件に限らず、環境が妙に整って来ていて、予定通り半年でブログ終わりにしたら、とやんわりと言われている気分。外濠を埋められつつある感じすらします。

 昨日は、風が強かった。比叡山の屋外に午後、いたので、予報に反して天気がもってくれたのはとても助かりましたが。
 帰宅後は、まだ陽があったのでなんとかランニング。しかし向かい風のきついこと。身体が重いのをむりやり動かしました。あまりに風が強く、民家のトタンやプラスチックの波板屋根があおられて波打っていたので、なにかモノが飛んで来ないかと正直、こわかったです。健康のためのランニングでケガをしてはばからしいですもんね。

 先週は、暖かくて身体が軽かったのですが、昨日は風のせいばかりでなく、とても走るのが辛かった。思うに、季節の変わり目で、けっこう身体がコンディションを崩しているようです。
 おかげで、昨日はまだ早い時間から、ちょっと横になったら爆睡してしまい、朝までぐっすり。起きてもまだ寝たい感じで、しかも身体中が痛いのです。でも、そういう負荷を与えるのは、きっと今の時期、いいことだと思います。なんのかんのいって、挫折せずに毎週走ることができているのはとてもありがたいです。

 たしか、イコカ(ICOCA)やピタパ(Pitapa)などのICカード改札システムは、ずっと以前は『鞄から出さずに』通れるというウリだったように思うが、実際はそうはならず、財布や定期入れに入れたまま、改札にタッチすればOK、程度に留まっている。しかも、JRのICOCAと阪急など私鉄のPitapaの両方が財布に入っていると、エラーになるというのだから始末に悪い。

 また、阪急・能勢電の改札は、まだ一部がPitapa対応しているに留まっているので、このカードで通るときはその改札を通る必要がある。一方、Pitapa対応の改札は従来改札の上位互換なので、Pitapa以外の客はどちらでも通ることができる。
 ちょうどETCの逆で、わざわざ列の長い方に並ばないと使えない、といった状況が頻発している。
 従来の定期やスルッとKANSAIより分厚いし、スルッとKANSAIが大半の私鉄・市交通局対応なのに、Pitapaはまだ阪急・能勢電だけで不便だし、経済的だといわれる定期・一般利用自動切替えも月初め起点の上、回数券には負けるし、しばらくは乗り換える必要を感じない。

 ただし、Pitapa対応改札は、2枚投入が可能で、おかげで乗り越しのとき精算機に列を作らなくてすむようになり、こちらはとても便利。ただし、結果的にPitapa利用者はなおのこと、長い列の改札機に並ばなくてはならないようになっている。

 昨夜、ふと思いついて妻に話しかけた。
私「3時間の長編大作映画、『ロッテンマイヤーさん』というのがあったら、観たいと思う?」
 もちろん、そんなもの観たくもない、という反応を期待してのことだ。
 ぬはははは、と笑った後、妻は言った。
妻「『ハイジ』の外伝?」
 う~ん、そう言われると、なんか多少おもしろそうに聞こえてしまう。
私「いや、ロッテンマイヤーさんの半生をたどる映画。子供のときからの」
妻「どんな家系・家庭環境に生まれ、どんな少女時代があの性格を作っていったのか…か。そして女学生時代、さらにゼーゼマン家とのかかわり・・・。うん観たい観たい!」
 う、予想もしない展開。いかに観たくもない題材で映画を作るか、ということをジョークのネタにしたかった私の目論見は完全に外れ、つまらなくしようと内容を引っ張ってみたらなおのこと面白そうになってしまった。
 しかも、妻の話を聞いているうちに、私まで観たくなって来た。

 なんかとても面白そう。だれか、長編大作映画、『ロッテンマイヤーさん』作ってくれませんか。

 海外のサイトを回っているとき、ある四コマ漫画を見つけた。そこには、女の子をデートに誘おうとしている男が、You're smashing.とささやきかけているシーンが載っている。

 SMASHING?と思い、辞書を引く。口語で、「すばらしい」という意味らしい。しかし、なぜか四コマ漫画のオチは理解できない。

 あとで、コーヒーを入れるついでに、インターン生のドナルド君(仮名)にきいてみた。彼曰く、「第一次大戦以前なら、使えたかも知れません」
 それで納得。道理で口説かれている女の子が振り向くなり彼に、「あなた、ほんとうに私のおばあちゃんと知り合いではないの?」と聞くわけだ。日本語でいえば、「君ってイカスよ」というノリを、もっとうんと時代遅れにした感じなんだろうなあ、たぶん。

 それにしても、辞書も辞書だ。せめて(廃)とか(古)とか、そういう趣旨の説明があったっていいと思う。これじゃあ日常会話にも使えない。

 前に当ブログで書いたように、昨年マンションにK-Opti.comの光ファイバ導入を図りましたが、直後に台風被害が出、マンション理事会はそれどころではなくなって、いったんキャンセルにしてもらいました。
 その後、半年ぶりに「何か変わったことはないかなあ」とK-Opti.comのHPをのぞいてみたところ、ありました。当時、一戸建てむけの場合のみに可能だった、番号ポータルのIP電話が、なぜかマンションコースにも適用可能となっているのです。そのときの説明では、マンションの場合、法人扱いになるので、個人のように安価で提供できない、ということで、それはそうなのかな、と思ったのですが、その後、規制緩和かルール変更でもあったのでしょうか。

 ともあれ、この光IP電話も併せて導入すると、光ネットと光電話セットの価格で3,954円と4,000円を切り、しかもNTTを解約して基本料を払わなくて良くなるのです。
 これなら、マンション自治会も前向きに取り組んでくれる可能性が大です。NTT+Yahoo!BBより安く、しかも速いのですから。

 関西圏以外に転勤の多い人には不向きでしょうが、そうでない場合は、とても魅力的だといえます。

 これだけはおそろしくて耐えられない、というものがたいていの人にはあると思います。よく聞くのが蛇。写真をみるのも怖いという人がけっこういますよね。
 私も好きではないですが、子供の頃、大きなシマヘビを首に巻いて遊んでいたくらいだから、そんなにおそろしくてたまらないということはないです。相手がハブやコブラなら別ですが。
 こういう子供は、(たぶん)それほど珍しくなくて、同僚の玉ちゃんも、子供の頃、蛇をムチにして、近所の子供と対決していたそうです。私はどちらかというと蛇にはおもいやりがありましたから、そんな残酷な仕打はしたことはありませんが。

 とはいえ、中学のとき、朝礼が終わってみんなが中庭を歩いて教室に向かっているとき、ものすごく立派なシマヘビがでてきて、生徒たちがパニックになったことがありました。すぐ私が出ていってつかまえて、あんまり立派なので職員室にいる理科の先生のところにいって、「標本にしましょう」といったことがあります。そうすると、先生たちが今度はパニックになって、「すぐ逃してやりなさい」といわれ、ちょっとがっかりした記憶があります。
 やっぱり私は、少しだけへんなやつです。

 で、昨夜、たまたまBSデジタルで「ドグマ」という破戒映画(笑)をやっていました。これは前にもみたんですが、あらためてみてみると、堕天使の二人はベン・アフレックとマット・デイモンなんですね。おもしろいけどB級、という印象でしたが、なかなかの大物を使ってたんですねえ。
 それで、その中で、糞の悪魔が出てくるんです。それはまあそれで耐え難い存在ですが、私はそいつが、水洗便所の便器が溢れて出てくるのを見て、ゾッとしました。
 そう、私にとっては水洗便所が溢れて逆流するというシチュエーションは、考えるのも恐ろしい場面なのです。ふだん別にそんなこと意識しているわけではないですが、昨日の映画を見て、そのことは認識せざるを得ませんでした。ううう~~、おそろしい。

 ブラウザからそのまま使えるので、結構多用しているが、オンラインの辞書というのはかなりアホだということを感じさせられることが、わりと多い。タダで使ってるんだからあまり文句はいいたくないが。

 具体的には、gooの提供している辞書
 例えば、coincidenceという単語がある。これは、「一致」という意味だが、たしか「偶然の」みたいなニュアンスもあったはず、と確認のため引いてみる。すると、coincideの名詞形、としかない。で、coincideを引いてみると、一致する、符合する、同時に起こる、という説明。これでは偶然の、というニュアンスは取れない。

 手元のリーダーズ英和辞典(これはかなりいい部類だと思う)では、
【coincidence】
  (偶然の)一致,暗合;符合;事が同時に起こること;同時発生[暗合]事件

とある。えらい違いだ。

 便利は便利だが、あまり信用しない方がいいよ、というのが正直なところ。とくに微妙なニュアンスや、やや特殊な意味合いについては、上記の例をみて明らかなように、欠落している部分が非常に大きいと考えておかないと、痛い目に遭う可能性がある。



コメント



辞書 (俺オレ辞書)
2005-07-11 09:49:32

http://www.yakugo.com



逆引き機能がすごい (にゃごにゃ)
2005-07-12 11:19:36

この辞書、結果表示の単語にマウスを持っていったときの逆引き機能がすごいですね。ウェブブラウザでここまでできるとは。

 春だなあ、と思う。ランニングしてて、体がこわばってないというか、非常にコンディションがいい。われながら、えっ!?というくらいスピードが乗る。

 と思って調子に乗ってたら、走り終えてしばらくして、肺が苦しくなった。飛ばし過ぎて呼吸器に負担をかけたようだ。

 たぶん、若くない人がたまに運動して、無理して急死してしまうのも、普段使わない器官に急に負担をかけてしまうからだというケースは多いのではないかと思う。いくら毎週走っているとはいえ、呼吸器に大きな負担をかけるほどのペースでは走ってなかったらしい。
 いつものペースを変える場合は、それなりの注意が必要だと再認識した。

 ちなみに、肺の痛みは、酒をたくさん食らったら治りました。これってもしかしてよくないこと?(^^;;)。



 新車で購入して、4年と5ヵ月ほどで到達。
 通勤に使っているわけでもないのに、日割にすると、1日平均48km強。文字どおり足となってくれています。まだまだ、777777めざしてがんばってもらいたいものです。



コメント



おおお!! (かおる)
2005-04-02 16:56:04

すごーい!よく撮れましたね!( ゚Д゚)ヒョエー



あやうく (にゃごにゃ)
2005-04-02 17:50:39

>> すごーい!よく撮れましたね!( ゚Д゚)ヒョエー
正直、危機一髪でした。

75000あたりから、77777は撮らなきゃ、と思ってたんですが、家内が乗ることも多いし、自分が運転してたらしてたで用事やら運転やらに気を取られて、気づいたら過ぎてた、ってなる可能性も高いし、よほど気を引き締めないと、と思ってました。
んで、今日は、いよいよあと60キロくらい、というところで、比叡山の方に用事で出かけることになったので、途中で達成間違いなし、でした。

んで、目的地についたときは実は忘れてて、あ゛ーっ過ぎたかな!?と見ると、77771でした。なんと危機一髪。

で、あとの6kmは、万一停車できないようなところで到達してはならないので、交通量の少ない広い道をいきつもどりつして消化しました(^^;;)。
やれやれです。

 夢には色がないという人が多いが、私の場合、ときどきしっかり色つきの夢を見る。

 色がないと言っても、別に白黒というわけではないと思う。白黒だって色だし、要するに、色を意識していないということだろう。脳は取捨選択がうまいから、夢に色の要素が必要ないときは除外してしまうに違いない。

 私が、色つきだと言うのには、けっこうしっかりした根拠がある。単に、「色がついていたのではないかなあ」というレベルではない。
 一番最初に色つきの夢を見たのを記憶しているのは、小学校低学年のとき。当時、まだうちのテレビは白黒で、カラーテレビがほしくてしかたなったのだが、あるとき夢の中で、どうしたことかその白黒テレビの画像に色がついていて、大喜びしていた。鮮やかな赤や青の色がついていたのを覚えている。

 その後、中学か高校のとき、家のカラーテレビのブラウン管が寿命で、非常に暗く色も汚くなって来たので、両親にお金をもらい、メーカーの修理センターでブラウン管を購入し、自分で交換した。その後、色の微調整やら周辺部に発生する色ずれの補正やらを何日もかけてやっているうちに、夢の中にもそのカラー画像が出てきた。

 おそらく、画家とかグラフィックデザイナーとか、あるいは映像関係の人などは、同様に夢の中にまで色が出てくることはあると思う。
 私は光ものに弱いので、やはり色にも心理的にこだわりがつよく、今でも時々色つきの夢を見るのである。

 ただし、ヨン様の夢を見たことはない。



コメント



ん? (小夏)
2005-04-01 22:35:24

なんとな~く。( ̄‐ ̄*)ジィー……
いや、気のせいと言うことにしておきませう(笑)。
でもあれから妙な親近感を感じるようになったことも事実ですわね、ふふふ(謎)。

>夢
最近焦ってる夢ばかりです。
時間に遅れる、追いかけられる、でも足が思うように動かない……。
「あ~こりゃ絶対夢だ~!」と認識して目が覚めますが、かなり寝覚めが悪いです。



夢 (にゃごにゃ)
2005-04-02 15:53:36

>> でもあれから妙な親近感を感じるようになったことも事実ですわね、ふふふ(謎)
夢を与えてくれるスター、というのはこういうのをいうのかな。違う!?
>> 「あ~こりゃ絶対夢だ~!」と認識して目が覚めます
うちの家内もよくそういいますねえ。私は夢のなかで夢だと認識することはめったにないですね。余裕がないのかな。



え?? (らく)
2005-04-05 14:46:14

私の夢は毎回オールカラーですよ

普通だと思ってたけど違うの?

基本的に現実とそんなにかわらない感覚ですが



違うようです(^^;;) (にゃごにゃ)
2005-04-05 16:05:43

>> 私の夢は毎回オールカラーですよ
>> 普通だと思ってたけど違うの?

どうも違うようです。私のように、まれにそういう夢を見るというだけでも、一般的には珍しがられますよ。
周りの人たちに聞いてみられると分かると思いますが…。

しかし、kaierさんといい、やはり世の中広いですね。



そうなんだ・・・ (らく)
2005-04-11 15:30:44

>どうも違うようです。
>私のように、まれにそういう夢を見るというだけでも、
>一般的には珍しがられますよ。

そうなんだ…
私は軽い痛みもあるんですよね…
寝返りして壁とかにぶつけたりしてるんじゃないかと思ってるんですが



伝統的手法が (にゃごにゃ)
2005-04-11 15:50:25

>> 私は軽い痛みもあるんですよね…
夢かと疑うときはほっぺをつねってみるという伝統的手法にも背を向けているわけですね(笑)。

といいつつも、私も夢の中で痛いことはありますね。つねってみて、痛いから夢じゃない、と夢で思ったこともあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。