FC2ブログ

にゃごにゃ小学校

本家(HP)作製のネタ、あるいは記事にするには寸足らずな話を日記兼用でアップします。

 アルコール依存症は、例えば晩酌でアルコールを飲まないと落ち着かないとか眠れないとか、そういった状態で、(慢性)アルコール中毒の予備軍です、なあんて説明をどっかで読んだことがあって、そうなんだと思っていましたが、どーも最近では違うようです。

続きを読む>>

 いくつかの新聞でも報道されたのでご存知の方も多いと思いますが、ロシアでは、工業用アルコールなど毒性のある成分の入ったウォッカが大量に出回り、多くの被害が出ているとのことです。しかし、その数字が半端じゃない。昨年は3万5900人、一昨年は4万2715人が有害ウォッカで死亡、ということです。

続きを読む>>

 ずいぶん前に、ダイエットの記事をいくつかか書きました。

続きを読む>>

 ということで、行ってきました、最後のビア・ガーデン。

続きを読む>>

 心配された台風12号は、やや勢力を弱め、進路も大きく北寄りとなって、日本からは逸れる見込みとなりました。なによりです。

続きを読む>>

 ダイエットをしていると、いろいろ気づくことがあって面白いのですが、先日、意外な(もしかしたら本来、当然の)発見がありました。

続きを読む>>

 ずっとダイエットを続けているわけですが、今日は昼のおにぎりを作ってもらえなかったので、久しぶりにほか弁のチキン南蛮を注文しました。

続きを読む>>

 ちょうど、ダイエット兼用のランニングを終え、シャワーを浴びたところです。

続きを読む>>

 今日はいつもの「ダイエット用おにぎり一個」がお休みだったので、ほっかほか亭に注文しました。たまに頼むメニューの中でも、量の少ない『鶏マヨ丼』。

続きを読む>>

ダイエット開始
 3週間前からダイエットしています。理由は簡単、かつては想像すらしなかった75キロを遂に突破、かつ、さらにその上を着実に窺う体重変動を明確に自覚したから。となると、悪夢をさらに超える、80キロとて視界に入って来る。「まさかね」という気持ちはいまでもありますが、しかし、現に75を超過する体重計の表示は、もはやその『非現実』までにいくらも余地がないことをなによりも雄弁に物語っているのです。

続きを読む>>

 だいたいはうちから弁当を持ってきますが、週に1度くらいはないときがあります。

続きを読む>>

 明日は早朝から出張なのに、ついつい飲み過ぎて、このままでは間違いなくひどい二日酔い、というような状況になってしまったとき、効果的な二日酔い防止策を御存じですか。

 もしかしたら、そんなことは常識だよ、と言われるかも知れませんが、私の知るかぎり、もっとも有効なのは、大量に水を飲んでおくこと。具体的には、コップで最低5~6杯、水を飲んでおきます。
 飲み過ぎると、夜中に喉が乾いてくることはだれしも経験するところで、その酔い覚めの水のうまさは格別、というのも事実ですが、要は脱水症状であり、二日酔いするほどに飲んでしまっていたら、その時点ですでに手遅れです。

 飲み過ぎ食べ過ぎの後なので、それだけ大量の水を飲むのは確かにとても辛いのですが、そこは辛抱のしどころ。翌日、一日中二日酔いに苦しむ辛さからすれば、ほんの数分のがまんです。
 私の場合、なにもしなければ二日酔いの頭痛と、胃腸の不調の両方に呻吟しなければならないところが、その両方に有効で、ちょっと朝、下し気味だったり頭が重かったり、という程度のことはあっても、それですんでしまいます。
 あと、もし夜中にさらに水がほしいと思えば、そこで横着せずに起き出して、また何杯か飲むようにします。

 ただし、人によっては、あまり大量の水を飲むと、内臓に負担がかかったり体液が薄まり過ぎたりして、なにか問題が起こることがあるかも知れません。これは一応、健康な人、ということで考えて下さい。自信のない人は、お医者さんなんかに確認しておくといいと思います。
 それと、私は経験がないですが、あんまり飲みすぎの度が過ぎていると、それだけの水を飲んだ結果当然もよおす尿意を感じられなくなって、おねしょしてしまう、というようなこともあるかもしれません(ないかもしれませんが)。そのあたりは、夜中にちゃんと起きられる自分なのかどうか、よく吟味した方がいいかも知れません。

 そもそもそんなに飲み過ぎないことが一番なのは言うまでもないことです。だけどこれは、もしかしたら急性アルコール中毒になりそうな同僚や後輩にも有効かも知れません。

 ちなみに、こうした飲みすぎ(特に泥酔。急性アルコール中毒の手前など)のときの水分摂取は、スポーツドリンクのような電解質を多く含むものは避けなければならないそうです。あくまで、水、です。